彼女の話

彼女の恥

投稿日:

彼女はどうやら「ものすごく恥ずかしいこと」をしてしまったようだ。
ある人と話しているうちに頭にきて派手に口喧嘩をかましたらしい。


そんなことはなんの恥でもない、生きていればそんな経験の一度や二度はあるはずだと思われるかもしれないが、
これは彼女にとっては死にたくなるような事態に違いないのだ。
ついに彼女の仮面の一部がいやその大部分が剥がれてしまったのだから。


言いたいことをもうボロクソにぶちまけて来たようで、
話を聞いているうちに彼女が人前でそんなに感情を爆発させることができたのか、と驚いた。
死にたくなっている彼女には申し訳ないが、おめでとうと言いたいくらいだ。

彼女は自分は今まできちんと人と接して来なかったから
いい歳してあんなことになってしまったんだ、と言うが
別に社交的で友人や知り合いがたくさんいる人だって、年とっていたって
感情に任せてモノを言うことはあるのである。


彼女が今恥だと思っているものは、間違いなく彼女自身の情動でありその解放だ。


僕は何が彼女をそうさせたのか、よく聞いて考えてみた。
ここではあまり分析などしないつもりだったが、ここでは大事なことなのである。

ひとつは、
そのとき飲んでいた、ということ。
酒を飲んでいてもそこに他人がいれば彼女はいつだって理性的だが、
やはり少し緩みがでる、ということか。

ふたつめに、
相手だ。
相手がどんな人物だったのか。
彼女はあまり人に興味を持たない。
「どうでもいい」と思っているところがある。
だから今まで感情を出すまでもなく、どんな時でもただ眺めていたはずだ。
今回彼女はこの相手にそれがたとえ『怒り』であっても、
それを出さずにはいられなかったのだ。

一体どんな相手だったのだろう。


僕は彼女にとりあえず大丈夫だ、と言い聞かせたが、
彼女は怒ったような困ったようなほっとしたような、ぽかんとした顔で僕をみている。



彼女の恥

-彼女の話

執筆者:

関連記事

渇き

渇き

また新しい年が明けた。 平成が終わる。 平成最後の。 時代が変わる。 あらゆるメディアがうるさいほどに謳う。 彼女にはなんの関係もないことだ。 その日彼女は脱水症状でぶっ倒れていた。 年が明けたばかり …

ナンバーワン

ナンバーワン

あなたは誰かのナンバーワンだろうか。 またはあなたにとってナンバーワンだと思える人はいるだろうか。 彼女はそんな誰かを失った。 友人Nは彼女にとってナンバーワンだった。 ナンバーワンはオンリーワンだ。 …

noimage

冬の彼女

ハッキリ言って冬の彼女はまるで役に立たない。 朝はますます起きなくなり、ぎりぎりまでコタツに居座り、外に出たくないとばかり考えていた挙句仕事に行くのに仕事着を忘れ、遅刻寸前に出社、帰ればエアコンとコタ …

noimage

燻る-くすぶる

彼女はある夜自分の中が激しく噴火したがっているのを感じた。 くやしい くやしいくやしいくやしい!! 怒りのような欲求不満のようなハラワタがとび出てきそうな そんな不快感。 そして熱。 食いしばった歯の …

白糸

白糸

ふと気付くと彼女の左手首に新しい傷があった。 熱したフライパンの淵があたり火傷したそうだ。 その火傷は細く長く茶色くなっていて、 今となっては白糸のようになった他の無数の傷跡たちを 否応なしに目立たせ …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ