彼女の話

彼女の恥

投稿日:

彼女はどうやら「ものすごく恥ずかしいこと」をしてしまったようだ。
ある人と話しているうちに頭にきて派手に口喧嘩をかましたらしい。


そんなことはなんの恥でもない、生きていればそんな経験の一度や二度はあるはずだと思われるかもしれないが、
これは彼女にとっては死にたくなるような事態に違いないのだ。
ついに彼女の仮面の一部がいやその大部分が剥がれてしまったのだから。


言いたいことをもうボロクソにぶちまけて来たようで、
話を聞いているうちに彼女が人前でそんなに感情を爆発させることができたのか、と驚いた。
死にたくなっている彼女には申し訳ないが、おめでとうと言いたいくらいだ。

彼女は自分は今まできちんと人と接して来なかったから
いい歳してあんなことになってしまったんだ、と言うが
別に社交的で友人や知り合いがたくさんいる人だって、年とっていたって
感情に任せてモノを言うことはあるのである。


彼女が今恥だと思っているものは、間違いなく彼女自身の情動でありその解放だ。


僕は何が彼女をそうさせたのか、よく聞いて考えてみた。
ここではあまり分析などしないつもりだったが、ここでは大事なことなのである。

ひとつは、
そのとき飲んでいた、ということ。
酒を飲んでいてもそこに他人がいれば彼女はいつだって理性的だが、
やはり少し緩みがでる、ということか。

ふたつめに、
相手だ。
相手がどんな人物だったのか。
彼女はあまり人に興味を持たない。
「どうでもいい」と思っているところがある。
だから今まで感情を出すまでもなく、どんな時でもただ眺めていたはずだ。
今回彼女はこの相手にそれがたとえ『怒り』であっても、
それを出さずにはいられなかったのだ。

一体どんな相手だったのだろう。


僕は彼女にとりあえず大丈夫だ、と言い聞かせたが、
彼女は怒ったような困ったようなほっとしたような、ぽかんとした顔で僕をみている。



彼女の恥

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

プラグマティックシャッター

だから彼女はだれとも親しくならない。 少しよく話すようになった人がいても、どこかのある一線の手前で 意図的にまたは恣意的にまたは無意識に突き放す一言を発する。 そして相手は”こんな人だったのか”と思っ …

noimage

ライフ

映画『LIFE!/ライフ(The Secret Life of Walter Mitty、2013)』の冒頭では HSPにはかなり耳障りな時計の秒針音がつづく。 最初の3分間にも満たないわずかな時間の …

noimage

アンビバレンス3

僕は彼女に何か言うということはほとんどないのだが、 この日はなんとなく口にしてしまった。 君が時々行っちゃうあっちの世界だけど、別に完全にさよならすることはないんじゃないの。 彼女は相変わらずの寝ぼけ …

noimage

偏愛

彼女は好き嫌いが激しい。 嫌いなものは我慢ができないくらい嫌いだし、 好きなものはなんだかもうどうしようもないくらいに好きになってしまう。 とてもいい音楽を見つけてしまったときはそれから数か月は同じア …

noimage

海底の木箱

彼女の海底には木箱が沈んでいる。 木箱は古い鉄の錠がついていて、鎖が巻かれている。 これは彼女が以前に医者に言われて沈めたものだ。 木箱の様子はときどき変わる。 太陽の光が差し込んでゆらゆらと明るく見 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ