彼女の話

彼女の恥

投稿日:

彼女はどうやら「ものすごく恥ずかしいこと」をしてしまったようだ。
ある人と話しているうちに頭にきて派手に口喧嘩をかましたらしい。


そんなことはなんの恥でもない、生きていればそんな経験の一度や二度はあるはずだと思われるかもしれないが、
これは彼女にとっては死にたくなるような事態に違いないのだ。
ついに彼女の仮面の一部がいやその大部分が剥がれてしまったのだから。


言いたいことをもうボロクソにぶちまけて来たようで、
話を聞いているうちに彼女が人前でそんなに感情を爆発させることができたのか、と驚いた。
死にたくなっている彼女には申し訳ないが、おめでとうと言いたいくらいだ。

彼女は自分は今まできちんと人と接して来なかったから
いい歳してあんなことになってしまったんだ、と言うが
別に社交的で友人や知り合いがたくさんいる人だって、年とっていたって
感情に任せてモノを言うことはあるのである。


彼女が今恥だと思っているものは、間違いなく彼女自身の情動でありその解放だ。


僕は何が彼女をそうさせたのか、よく聞いて考えてみた。
ここではあまり分析などしないつもりだったが、ここでは大事なことなのである。

ひとつは、
そのとき飲んでいた、ということ。
酒を飲んでいてもそこに他人がいれば彼女はいつだって理性的だが、
やはり少し緩みがでる、ということか。

ふたつめに、
相手だ。
相手がどんな人物だったのか。
彼女はあまり人に興味を持たない。
「どうでもいい」と思っているところがある。
だから今まで感情を出すまでもなく、どんな時でもただ眺めていたはずだ。
今回彼女はこの相手にそれがたとえ『怒り』であっても、
それを出さずにはいられなかったのだ。

一体どんな相手だったのだろう。


僕は彼女にとりあえず大丈夫だ、と言い聞かせたが、
彼女は怒ったような困ったようなほっとしたような、ぽかんとした顔で僕をみている。



彼女の恥

-彼女の話

執筆者:

関連記事

花がら

アンビバレンス2 ー花がら

HSPはとかく外界からの刺激に対する敏感さを挙げられることが多いが、 自分の内界からの刺激にもそれは同じである。 自分が作り上げた妄想世界を自分自身で衝撃的に拒否してしまったあとも、 彼女が完全にその …

ランドリー・ニューヨーク

ランドリー・ニューヨーク

彼女はこたつ布団をようやく剥がした。 寒がりの彼女にようやく春がやってきたというわけだ。 ある夜こたつ布団を持ってコインランドリーへ向かった。 車が使えないので、イケアの大きな青い袋に入れ自転車のカゴ …

彼女と酒

彼女と酒

彼女は酒が好きだ。 飲み会は嫌いだが、ひとりで飲むのはとても好きだ。 昔は平日も仕事の後の楽しみに発泡酒を1本飲んでいたが、 知り合いにノンアルコールをすすめられて以来、平日はALL FREEで事足り …

noimage

彼女が人を殺した朝

彼女はひどく青白い顔をして落ち着かない様子で言った。 「人を殺した」 僕は何をバカなことを、と一蹴しかけたのだが、 彼女のあまりにおびえた様子に少し動揺してしまった。 とにかく 彼女は人を殺したと言っ …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕

最近まで僕は”彼女のHSPあるある”というページを設置していた。 彼女のことをメインにつづるこのブログの中で唯一他のHSPに向けたページだった。 何か彼女に共感しやすい接点を他のHSP達が見つけやすい …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ