彼女の話

夢の話3

投稿日:

彼女はドラえもんやのび太たちが住んでるような
平たい街にすんでいるようだった。
高い建物がなく、一軒家がただ立ち並ぶ住宅街。

あの塀に囲まれた、車一台と人がやっと通れるような
薄いグレイの道を彼女は誰かと歩いていた。
二次元の電柱を通り過ぎたあたりで、彼女は自分たちがこの街でだれかが首つり自殺を図ったらしいことを話していた。
自分たちが歩いている近くであることは知っていたので、
彼女はあまり周りに視線をやらないよう歩いた。
うっかりでも見たいものではないと思ったからだ。


それなのに彼女は見てしまった。
その体はアパート2階の天井からぶら下がっていた。
周りから隠されることもなく、道沿いからきれいにその姿形が見えてしまったのである。

彼女は急いで目をそらした。
女性だったと認識した。
ベランダも開け放たれていて、彼女はなんであんなに見やすくしてあるのかといぶかった。


動揺しながら歩いた先には立派な日本家屋があった。
塀の上にも瓦が乗ってるような大豪邸の前に来たところで彼女は目を醒ました。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

have a good day

HAVE A GOOD DAY!

  「朝だれも言ってくれないからお皿に言ってもらう」そうだ。   彼女は、ささやかなことで人よりも深く考え人より深く傷つく。 それは損をしているようにも見えるし、とても疲れる。 彼 …

彼女に触れるもの

彼女に触れるもの

彼女はピッタリ肌にはりつくような服は嫌いだ。 窮屈で身に着けたがらない。 ダボっとしたのやふわふわした服をよく来ている。 ワンピースは好きだ。 もちろんチクチクする化学繊維のニットやマフラーなんかもよ …

noimage

彼女のカトラリー

彼女のカトラリーはほとんどが木製だ。 ステンレスなど金属のものは調理用に使うことはあっても口はつけない。 いつの頃からそうなったのかは分からないが、木のカトラリーを使いだして久しい。 子供のころから彼 …

noimage

彼女と絵 :柴田鋭一『せっけんのせ』

彼女は今年”Art Calendar by Three Artist 2017”というタイトルのカレンダーを貼っている。 タイトル通り、3人のアーティストの作品が月替わりで印刷されている。 その中に柴 …

noimage

くろくなる光

「白いキャンパスに光を描こうとするとくろくなる」 彼女は自分が塗り上げたその黒さに絶望する。 久しぶりに会った彼女はひどく痩せていた。 まるで地球上の重力すべて集めましたといった重さの鉄板によって き …

怒りと光り

2019/07/07

怒りと光り

noimage

2019/06/26

吐き出される夢

noimage

2019/06/23

6月

記事内の彼女の絵や写真。
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ