彼女の話

彼女の絵

投稿日:2016年11月19日 更新日:

彼女は昔はわりと見やすい、というか「理解しやすい」点描画をよく描いていた。

白黒の世界をとても愛し、白い紙に黒い点々を延々と描いていた。

花とか赤ん坊の顔とか自分の手とか壁にかかった白いシャツとか。

 

白黒の世界が好きなのは今も変わらないが、

今はもっと、なんていうか、手が動くままに描くようになった。

以前のように点描画用のペンだけじゃなく、

ボールペンとかサインペンとか鉛筆とか黒いものならなんでも使う。

紙も画用紙がなければコピー用紙でもチラシの裏でも。

描きたいとき描けるものがあれば大丈夫になった。

 

点だけじゃなくて線も描くようになった。

あまり融通を利かすことができない彼女からすると少し自由度が増した。

 

職場で裏紙に描かれた彼女の絵を見て、彼女の同僚は

「精神異常の人が描いた絵みたいだ」

と冗談交じりに不気味がった。

「こわいから描くのをやめて」

 

それからはすぐにポケットに隠せるキッチンペーパーに描くようになった。

この世界では自分の自由度が増すと社会での自由度は失われる。の、かも。

白か黒か、みたいな。

 

キッチンペーパーに描いた絵を彼女はゴミと一緒に捨てている。

 
彼女の絵

-彼女の話

執筆者:

関連記事

もの・もの・もの・

もの・もの・もの・

彼女はなるべくものを持ちたくないと思っている。 それにも関わらず、昨年末の大掃除で彼女は自分の持っているものの多さに仰天した。 「いつの間にこんなに増殖したのか」 彼女は数年の外国での暮らしから帰国し …

noimage

彼女のじんましん2

その後も彼女は突拍子もない痒みと肌のツッパリと腫れに襲われた。 時には顔だけでなく、首や鎖骨辺りまで赤くなることがあった。 ほとんどは夜だったが、出勤まえに起こるとすごく焦った。 彼女はキノコが大好き …

優しい時間

優しい時間

彼女はここひと月ほどとっても長い夢を毎晩みている。 朝意識が起きると、何か6時間ほどの長い長い映画をみたような それでいて自分が異世界にいたかのような見事な浮遊感をもって目を覚ます。 目覚めたときの気 …

noimage

彼女と声

誰にでも何人かはいると思うが、 彼女にも別に悪い人ではないのだろうができれば避けたい人たちがいる。 彼女にとっては特異な声や話し方の持ち主たちだ。 ひとつはとても声が大きい人。 それから声が高い人。 …

彼女が失うもの

彼女が失うもの

彼女は、こういう自分が失うものは何だろうと考える。 人と距離をあけすぎる自分。みんなができることができない自分。嫌なことにはどうしても我慢ができない自分。そしてそれらすべての自分から逃げている自分。 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ