彼女の話

彼女の絵

投稿日:2016年11月19日 更新日:

彼女は昔はわりと見やすい、というか「理解しやすい」点描画をよく描いていた。

白黒の世界をとても愛し、白い紙に黒い点々を延々と描いていた。

花とか赤ん坊の顔とか自分の手とか壁にかかった白いシャツとか。

 

白黒の世界が好きなのは今も変わらないが、

今はもっと、なんていうか、手が動くままに描くようになった。

以前のように点描画用のペンだけじゃなく、

ボールペンとかサインペンとか鉛筆とか黒いものならなんでも使う。

紙も画用紙がなければコピー用紙でもチラシの裏でも。

描きたいとき描けるものがあれば大丈夫になった。

 

点だけじゃなくて線も描くようになった。

あまり融通を利かすことができない彼女からすると少し自由度が増した。

 

職場で裏紙に描かれた彼女の絵を見て、彼女の同僚は

「精神異常の人が描いた絵みたいだ」

と冗談交じりに不気味がった。

「こわいから描くのをやめて」

 

それからはすぐにポケットに隠せるキッチンペーパーに描くようになった。

この世界では自分の自由度が増すと社会での自由度は失われる。の、かも。

白か黒か、みたいな。

 

キッチンペーパーに描いた絵を彼女はゴミと一緒に捨てている。

 
彼女の絵

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女が人を殺した朝

彼女はひどく青白い顔をして落ち着かない様子で言った。 「人を殺した」 僕は何をバカなことを、と一蹴しかけたのだが、 彼女のあまりにおびえた様子に少し動揺してしまった。 とにかく 彼女は人を殺したと言っ …

noimage

不幸自慢

彼女は前向きな人間だ。 僕が書いている彼女は人にどう映るだろう。 不幸だろうか。 ネチズンは彼女をメンヘラ認定するかもしれない。 彼女が精神をやられて不幸自慢していると。 実際最近の世の中は不幸自慢が …

noimage

彼女の最大の矛盾2

彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほうに帰結していくのだから 基本的に人生は楽しいことしかない、と思っている。 彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自 …

noimage

「おんがくをきこう」

「お腹がすかない だれかいっしょにたべてほしい 会話がおわった 今回はわたしのせいじゃないとおもう 急にあたまがとまる 喉のおくからうまれでそう お腹がおもい そこに何かひっかかってるはれてる つばが …

noimage

(no title)

いつの頃からか眠りに落ちる間際に 時折ふぅっと決まったシーンが彼女のどこかをよぎるようになった。 それはこころかもしれないし、頭の中にかもしれない。 そこは真っ暗だ。 真っ暗な中に白い直方体がぼんわり …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ