彼女の話

彼女の絵

投稿日:2016年11月19日 更新日:

彼女は昔はわりと見やすい、というか「理解しやすい」点描画をよく描いていた。

白黒の世界をとても愛し、白い紙に黒い点々を延々と描いていた。

花とか赤ん坊の顔とか自分の手とか壁にかかった白いシャツとか。

 

白黒の世界が好きなのは今も変わらないが、

今はもっと、なんていうか、手が動くままに描くようになった。

以前のように点描画用のペンだけじゃなく、

ボールペンとかサインペンとか鉛筆とか黒いものならなんでも使う。

紙も画用紙がなければコピー用紙でもチラシの裏でも。

描きたいとき描けるものがあれば大丈夫になった。

 

点だけじゃなくて線も描くようになった。

あまり融通を利かすことができない彼女からすると少し自由度が増した。

 

職場で裏紙に描かれた彼女の絵を見て、彼女の同僚は

「精神異常の人が描いた絵みたいだ」

と冗談交じりに不気味がった。

「こわいから描くのをやめて」

 

それからはすぐにポケットに隠せるキッチンペーパーに描くようになった。

この世界では自分の自由度が増すと社会での自由度は失われる。の、かも。

白か黒か、みたいな。

 

キッチンペーパーに描いた絵を彼女はゴミと一緒に捨てている。

 
彼女の絵

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の最大の矛盾1

彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自分が生まれて来ないことになったとしてもそれでよかったのに、と思っている。 彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほう …

noimage

友人N

彼女を語るうえで絶対に外すことができない存在が彼女の友人Nである。 Nなくして今の彼女はいないのである。 Nは「一番親しく古い友人であり、姉であり妹であり、遠くにいても近いひと」である。 Nは彼女の人 …

彼女の洞窟リテラシー

彼女の洞窟リテラシー

彼女は本当はずっと小さな頃からずっとずっと感じていたのだ。 自分は何か違うということを。 どんなに自己主張が強くてもちっとも伝わらないことはどこかで分かっていた。 むしろあの頃の方が自分の中の宇宙に気 …

noimage

怒った顔

彼女にはおかしなクセがあって 男を見るといつもその人が怒った顔を想像してしまう。 相手がとても親切な人で、どんなににこやかに話していても 彼女はふうっと 「この人は怒ったらどんな顔になるんだろう」とそ …

noimage

彼女と陰口

職場というのは時に陰口の宝庫となりうる。 彼女の職場も残念ながら例外ではない。 彼女は陰口というのは色んな人の分かりやすい価値観の集まりであるな、とつくづく思う。 「それは本当におもしろくて、いいかげ …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ