彼女の話

ダウンタイム

投稿日:

彼女には最近生活の変化があって、あまり仕事をしていない。
もちろん収入は減るが彼女はときどき食べるために働くことをやめて
心や体をリセットでもさせるようにダウンタイムを人生の端々で設けている。

出勤した日にひき籠るために必要なものは買いそろえてくる。
だから突然用が湧き出てこない限り外に出ない。


仕事はしていなくてもやることは実は多くある。
勉強とか半端になっている読書とか、日頃仕事をしていると溜っていってしまうコザコザとか。
でも下手に時間がたくさんあるため、いつでもなんだってできると大きな気分になってしまい、
どうでもいいようなことばかりが楽しくなってしまう。
ダウンタイムなのでそれでいいような気もするが、「人間はどこまでもダレていく生き物」。


自分のぐうたら具合に不安を抱いた彼女は
最近1日1つTodoリストをこなすように努めている。
月初めにいつもリストを手帳に書きこめど、大体3分の2は翌月に持ち越される。
なのでこのダウンタイムを利用して一掃を目指している。
心も体もやることリストもリセット。


しかし1日1つ以上しないのが彼女なのである。
衣替えなんていう大仕事をこなした日もあれば、
封書を一通出すだけでその日のノルマは終わりにしてしまうこともある。
面倒くさいのだ。


そしてこれは今回のダウンタイムで初めて感じたことだが、
3日半丸々出勤しなかった時、彼女は誰かと話したい、とふと思った。
普段そんなことをしないので、急に誰かと話したいと思っても
誰にも会えないし電話も出来ない。
彼女はふってわいた自分の人恋しさに驚いた。

仕事は人と話をしないといけないからあまり好きではなかった。
どんな仕事でもそうだった。
でも今は一人でいる時間が長いと仕事に行きたいような気がしてくる。
彼女は今回のダウンタイムは少し短めに切り上げようと思っている。


やっぱり彼女の中で何かが少しずつ変わり始めているのだ。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

(no title4)

「美しいものだけをみていたいって思うのよ」 「たとえかなわなくっても」 関連

純音の朝

純音の朝

いつまでこんな夜を いつまでこんな朝を 一体いつまで、続けるのだろう。 どうしてこうなってしまったんだろう。 どうしてこんなにもひとりになってしまったんだろう。 毎朝聴くあの無機質な音。 彼女自身が作 …

noimage

いちねんせいのかのじょ2

彼女はそもそも学校を思い出すのも苦手だ。 小学校も中学校も高校も大嫌いだった。 小学校に入学してから数ヶ月間、彼女は教室へ行けなかった。 いつもお腹を痛がって保健室で過ごしていた。 仮病だと言われたり …

noimage

どんよりからの突破口

彼女は人に何かしてもらうのが苦手だ。 何かをもらう、とか手伝ってもらう、とか。 それはよくあるように人の手を煩わせるのは申し訳ないと思うから、というわけではなく、 できればそういったことはしてほしくな …

noimage

彼女の影

最近ある人が鼻について小さなイライラになっている。 でもイライラしているのはその人にではなく自分自身にだと彼女は毎晩気づく。 職場で会うMはどうも要領が悪い。 その上機敏にも動けず、気が利かない。 声 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ