彼女の話

ダウンタイム

投稿日:

彼女には最近生活の変化があって、あまり仕事をしていない。
もちろん収入は減るが彼女はときどき食べるために働くことをやめて
心や体をリセットでもさせるようにダウンタイムを人生の端々で設けている。

出勤した日にひき籠るために必要なものは買いそろえてくる。
だから突然用が湧き出てこない限り外に出ない。


仕事はしていなくてもやることは実は多くある。
勉強とか半端になっている読書とか、日頃仕事をしていると溜っていってしまうコザコザとか。
でも下手に時間がたくさんあるため、いつでもなんだってできると大きな気分になってしまい、
どうでもいいようなことばかりが楽しくなってしまう。
ダウンタイムなのでそれでいいような気もするが、「人間はどこまでもダレていく生き物」。


自分のぐうたら具合に不安を抱いた彼女は
最近1日1つTodoリストをこなすように努めている。
月初めにいつもリストを手帳に書きこめど、大体3分の2は翌月に持ち越される。
なのでこのダウンタイムを利用して一掃を目指している。
心も体もやることリストもリセット。


しかし1日1つ以上しないのが彼女なのである。
衣替えなんていう大仕事をこなした日もあれば、
封書を一通出すだけでその日のノルマは終わりにしてしまうこともある。
面倒くさいのだ。


そしてこれは今回のダウンタイムで初めて感じたことだが、
3日半丸々出勤しなかった時、彼女は誰かと話したい、とふと思った。
普段そんなことをしないので、急に誰かと話したいと思っても
誰にも会えないし電話も出来ない。
彼女はふってわいた自分の人恋しさに驚いた。

仕事は人と話をしないといけないからあまり好きではなかった。
どんな仕事でもそうだった。
でも今は一人でいる時間が長いと仕事に行きたいような気がしてくる。
彼女は今回のダウンタイムは少し短めに切り上げようと思っている。


やっぱり彼女の中で何かが少しずつ変わり始めているのだ。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

雪の夜

雪の夜

夜道を歩く彼女の前にひとつの雪の塊りが降りてきた。 降ってきたのはたったひとつで、見上げてもそれに続くものはないかに見えた。 たったひとつで降りてきて、寂しかったろうなと思ったものの 宙を舞う小さなゴ …

彼女の恥

彼女の恥

彼女はどうやら「ものすごく恥ずかしいこと」をしてしまったようだ。 ある人と話しているうちに頭にきて派手に口喧嘩をかましたらしい。 そんなことはなんの恥でもない、生きていればそんな経験の一度や二度はある …

noimage

彼女の年賀状

世の中はクリスマスが迫り、年の瀬が近づき、なんとなく気ぜわしい時節だ。 彼女にはクリスマス一緒に過ごす人もいないし、正月に帰る家もないので この時期も格別予定を考えたりすることもなく、毎年いつもの日々 …

そのおびただしい全存在

そのおびただしい全存在

彼女はそれを見たとき自分のそれが本当に白糸であると思った。 彼女はナイアガラの滝をみたのだ。 その腕はもう入れるところがない、と言うほどに白い切り傷でいっぱいだった。 上腕にも太く白いあとがいくつか残 …

恋判定

判定

その人について考えが止まらない間、他のことが完全に飛んでしまう。 そしてそれは彼女が彼女であるという自信を喪失させ、 自分が自分ではなく、誰かに乗っ取られてしまったかのような不安が押し寄せてくる。 そ …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ