彼女の話

ダウンタイム

投稿日:

彼女には最近生活の変化があって、あまり仕事をしていない。
もちろん収入は減るが彼女はときどき食べるために働くことをやめて
心や体をリセットでもさせるようにダウンタイムを人生の端々で設けている。

出勤した日にひき籠るために必要なものは買いそろえてくる。
だから突然用が湧き出てこない限り外に出ない。


仕事はしていなくてもやることは実は多くある。
勉強とか半端になっている読書とか、日頃仕事をしていると溜っていってしまうコザコザとか。
でも下手に時間がたくさんあるため、いつでもなんだってできると大きな気分になってしまい、
どうでもいいようなことばかりが楽しくなってしまう。
ダウンタイムなのでそれでいいような気もするが、「人間はどこまでもダレていく生き物」。


自分のぐうたら具合に不安を抱いた彼女は
最近1日1つTodoリストをこなすように努めている。
月初めにいつもリストを手帳に書きこめど、大体3分の2は翌月に持ち越される。
なのでこのダウンタイムを利用して一掃を目指している。
心も体もやることリストもリセット。


しかし1日1つ以上しないのが彼女なのである。
衣替えなんていう大仕事をこなした日もあれば、
封書を一通出すだけでその日のノルマは終わりにしてしまうこともある。
面倒くさいのだ。


そしてこれは今回のダウンタイムで初めて感じたことだが、
3日半丸々出勤しなかった時、彼女は誰かと話したい、とふと思った。
普段そんなことをしないので、急に誰かと話したいと思っても
誰にも会えないし電話も出来ない。
彼女はふってわいた自分の人恋しさに驚いた。

仕事は人と話をしないといけないからあまり好きではなかった。
どんな仕事でもそうだった。
でも今は一人でいる時間が長いと仕事に行きたいような気がしてくる。
彼女は今回のダウンタイムは少し短めに切り上げようと思っている。


やっぱり彼女の中で何かが少しずつ変わり始めているのだ。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の正月

休みの前の彼女は完全に引きこもれるだけの食料と本とレンタルDVDなどを調達する。 ただし今回の連休はそれに加えて、きちんと年末の大掃除を済ませ、 年越しと新年の準備も欠かさなかった。 ひとりで新年を迎 …

noimage

忘れていく彼女 -感情

前回と前々回のつづき 彼女にはときどき顔を合わせるおばあさんがいる。 顔を合わせても話すときもあるし、話さないときもある、 それくらいほんの少しの時間一緒にいるおばあさんだ。 そんなおばあさんが小学生 …

だれかのことを思うとき

だれかのことを思うとき

今朝彼女の家には佐川急便やら郵便やらが入れ替わりたち替わりやってきて 大中小の箱をそれぞれ置いていった。 12月25日の朝、誰かから彼女へのクリスマスプレゼントだ。 彼女はみんなきちんとパーフェクトな …

noimage

彼女の年賀状

世の中はクリスマスが迫り、年の瀬が近づき、なんとなく気ぜわしい時節だ。 彼女にはクリスマス一緒に過ごす人もいないし、正月に帰る家もないので この時期も格別予定を考えたりすることもなく、毎年いつもの日々 …

noimage

彼女の最大の矛盾2

彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほうに帰結していくのだから 基本的に人生は楽しいことしかない、と思っている。 彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ