彼女の話

好きなことを憂違う

投稿日:2017年1月31日 更新日:

彼女は絵を描くのが好きだ。
本を読むのも好きだ。
音楽を聴くのも好きだし、興味のあることを勉強するのも好きだ。
でもそれらのひとつも出来ない時がある。

彼女は人より少し疲れやすい。
一日中あらゆる刺激が彼女を四六時中まとわりついてなかなか離れることがない。
玄関先でジャケットについたほこりや花粉を払い落とすようにすべてを振り切ることができない。
日によっては特に誰かの情動が彼女の頭と心を支配して、それにムリヤリ乗っかるように自分の考えや感情を確かめようと思いをはせる。
どんな刺激を聴いても触れても目にしても、一番彼女を疲れさせるのはもう自動的に行ってしまうこの作業だ。
そしてこれはとても労力がいる。


そのつい果てにぐったりした彼女はもうその日絵を描けない。
描きたいのに描けない。
そんなフラストレーションの中で彼女は瞼を閉じるしかない。


本当に好きなことをやっている人は寝る間も食べる間も惜しんでひたすらそれに没頭するという。
彼女はそれができない.
自分は好きだ、と思っているだけで本当はそうでもないのかもしれない、と寂しくて涙が出る。
「これが、自分が好きだ、と言えるものなのだ」
それを自分自身が否定しているような気がしてくる。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の右後ろと左斜め前

彼女はいつの頃からか死をごく親しみのある近しい存在に感じるようになっている。 いつ、どうしてそうなったのかは分からないが、 彼女は”それ”が”そこ”にある、ということを感じるのだ。 ちなみに”そこ”と …

noimage

彼女の最大の矛盾2

彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほうに帰結していくのだから 基本的に人生は楽しいことしかない、と思っている。 彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自 …

彼女と酒

彼女と酒

彼女は酒が好きだ。 飲み会は嫌いだが、ひとりで飲むのはとても好きだ。 昔は平日も仕事の後の楽しみに発泡酒を1本飲んでいたが、 知り合いにノンアルコールをすすめられて以来、平日はALL FREEで事足り …

noimage

彼女と税金

彼女は別に貧乏ではないがお金持ちでもない。 大体は根っからの倹約家であるため、ムダにお金を使うこともないが、 かといってその時に必要だと思えば大枚をはたくこともあまりいとわない。 この間のように2か月 …

noimage

彼女と時計

彼女の城には時計がない。 もう何年も置かない。 とにかく彼女はあの秒針のカチコチ音が大嫌いだ。 他の空間で寝なければならない時などはどこかに隠してしまうが、 そうできるときとできない時がもちろんある。 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ