彼女の話

好きなことを憂違う

投稿日:2017年1月31日 更新日:

彼女は絵を描くのが好きだ。
本を読むのも好きだ。
音楽を聴くのも好きだし、興味のあることを勉強するのも好きだ。
でもそれらのひとつも出来ない時がある。

彼女は人より少し疲れやすい。
一日中あらゆる刺激が彼女を四六時中まとわりついてなかなか離れることがない。
玄関先でジャケットについたほこりや花粉を払い落とすようにすべてを振り切ることができない。
日によっては特に誰かの情動が彼女の頭と心を支配して、それにムリヤリ乗っかるように自分の考えや感情を確かめようと思いをはせる。
どんな刺激を聴いても触れても目にしても、一番彼女を疲れさせるのはもう自動的に行ってしまうこの作業だ。
そしてこれはとても労力がいる。


そのつい果てにぐったりした彼女はもうその日絵を描けない。
描きたいのに描けない。
そんなフラストレーションの中で彼女は瞼を閉じるしかない。


本当に好きなことをやっている人は寝る間も食べる間も惜しんでひたすらそれに没頭するという。
彼女はそれができない.
自分は好きだ、と思っているだけで本当はそうでもないのかもしれない、と寂しくて涙が出る。
「これが、自分が好きだ、と言えるものなのだ」
それを自分自身が否定しているような気がしてくる。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

嫌い

好き嫌いが激しい彼女の、今日は嫌う話だ。 誰でもときどーき会うことになる”どうも合わない”と困ってしまう人というのがいる。 生理的に受け付けない、というやつだ。 試しに今”生理的”を辞書でくってみたの …

noimage

(no title3)

「おいてく気持ちもおいてかれる気持ちもしってるよ。 そこからはじまったものもそこからつづいてったものも、あったよね。 確実にいえるただひとつのことは、それが今もそこにあるってこと。 それはとてもせつな …

彼女の世界の胚胎

彼女の世界の胚胎

彼女は自分のそんな世界に気付いてから、少しずつ幸せになれるような気がしている。 「これだから自分は自分の人生を認められない」と思っていた頃に比べれば 今は食事を作った時にいつまでもキッチンに残る生姜の …

彼女の洞窟リテラシー

彼女の洞窟リテラシー

彼女は本当はずっと小さな頃からずっとずっと感じていたのだ。 自分は何か違うということを。 どんなに自己主張が強くてもちっとも伝わらないことはどこかで分かっていた。 むしろあの頃の方が自分の中の宇宙に気 …

彼女のカーテン

彼女のカーテン

彼女の部屋のカーテンは大体いつも閉じられている。   彼女の瞳の色は普通のひとより真っ黒だ。 髪の色も真っ黒だが、たぶん瞳はもっと黒い。 でも彼女は眩しく明るい場所が好きじゃない。 年を経て …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ