彼女の話

消えた野良犬たち

投稿日:

彼女は『平成狸合戦ぽんぽこ』が大好きで何度も観ている。


ある人と地域猫の話をしている時、彼女はふと
そういえば最近野良犬を全く見ない、と気付いた。
地域犬というのは聞きませんね、と言うと
その人は『犬は保健所に連れていかれるからね』と教えてくれた。
危険だとか汚いだとか子供が心配だからとかいう理由で通報され、
野良犬たちは保護捕獲されていくのだという。

「人間はホームレスがいるのに、犬は野良でいることさえできないんだ」
彼女は思った。

ホームレスだって望んでなった人もいれば、
そうとは意図せずそこに辿り着いてしまった人もいるだろう。
そこまでの過程に関わらず、ホームレスであることしかできなくても
ホームレスとして今この瞬間存在することをある意味許されている。

そこから例えば救いの手が差し伸べらたとして、
よし社会復帰のためにもう一度頑張ろうとする人もいるだろうし、
いや、自分はホームレスのままで気楽なんだ、ありがたいけど遠慮しとくよという人もいるだろう。
人間は”選択”することができる。

野良犬は野の良い犬って書く。必ずしも悪さをするわけではない、
好きに生きてるんだ、ほっといてくれ。
通報の理由だって人間のエゴだ、なんもされなけりゃなんもしないよ、
勝手に連れて行って、行き(生き)場所を決められて、さもなけりゃ殺されるだなんて冗談だろ。

彼女は頭の中でだんだんと『ぽんぽこ』の狸たちと野良犬たちが重なるような気がしてきた。
悲痛、と浮かんで胸がきゅうんとした。
以前は当たり前にいた彼らがそんなことになっていたなんて、
自分はどうして今まで気づかなかったんだろうとぞっとした。
こんな風に知らない、というだけで駆逐されている存在が
世の中にはどれほどあるのだろうか。
いつの間にか消えていた、という存在が。


その人の知り合いのおばさんは山に8匹ほどの野良犬たちが集まっているのをある時見つけ、
それから毎朝バイクを走らせて餌を運んでいたという。
どれほど続けたのかはわからないが毎日8匹分のエサは大変な量だったに違いない。
万福寺のまわりに二本足で歩きながらおばさんが運んでくる食事を待つ彼らの姿を想像した。
彼女は少し悲しい笑顔を見せて黙った。




<補足>
野良犬対応については自治体によっても違うようですし、
彼女の聞いた話もすべてが正しいものとは限りません。
保護されて幸せに暮らしている元野良たちもきっといると思います。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

ベストアルバム for her

「ベタか笑」 Ben Folds Rockin’ the suburbs 関連

noimage

愛する自信・愛される自信

僕は待つつもりだったのだが、思いがけず彼女が口を開いた。 それは彼女がコラージュをしているときだった。 「私は頭がおかしいんじゃない。 愛する自信も愛される自信もないだけなのだ」 それはとてもネガティ …

noimage

彼女とゴミ

彼女は意外とエコな人だ。 彼女自身は貧乏性からくるものだと思っているようだが、結構地球に優しいのである。 (寒いというだけで心まで死んでしまう人なので、 冬は暖房がつけっぱなしになってしまうことを除け …

noimage

(no title3)

「おいてく気持ちもおいてかれる気持ちもしってるよ。 そこからはじまったものもそこからつづいてったものも、あったよね。 確実にいえるただひとつのことは、それが今もそこにあるってこと。 それはとてもせつな …

noimage

おばあちゃんズ

彼女は人の話を聞くのが好きだ。 それも自分と全く関係のない人たちの話を聞くのがいい。 彼女がバス停へ向かうとおばあちゃんAが座ってバスを待っていた。 少し離れたところに彼女も腰を下ろした。 その後もう …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ