彼女の話

消えた野良犬たち

投稿日:

彼女は『平成狸合戦ぽんぽこ』が大好きで何度も観ている。


ある人と地域猫の話をしている時、彼女はふと
そういえば最近野良犬を全く見ない、と気付いた。
地域犬というのは聞きませんね、と言うと
その人は『犬は保健所に連れていかれるからね』と教えてくれた。
危険だとか汚いだとか子供が心配だからとかいう理由で通報され、
野良犬たちは保護捕獲されていくのだという。

「人間はホームレスがいるのに、犬は野良でいることさえできないんだ」
彼女は思った。

ホームレスだって望んでなった人もいれば、
そうとは意図せずそこに辿り着いてしまった人もいるだろう。
そこまでの過程に関わらず、ホームレスであることしかできなくても
ホームレスとして今この瞬間存在することをある意味許されている。

そこから例えば救いの手が差し伸べらたとして、
よし社会復帰のためにもう一度頑張ろうとする人もいるだろうし、
いや、自分はホームレスのままで気楽なんだ、ありがたいけど遠慮しとくよという人もいるだろう。
人間は”選択”することができる。

野良犬は野の良い犬って書く。必ずしも悪さをするわけではない、
好きに生きてるんだ、ほっといてくれ。
通報の理由だって人間のエゴだ、なんもされなけりゃなんもしないよ、
勝手に連れて行って、行き(生き)場所を決められて、さもなけりゃ殺されるだなんて冗談だろ。

彼女は頭の中でだんだんと『ぽんぽこ』の狸たちと野良犬たちが重なるような気がしてきた。
悲痛、と浮かんで胸がきゅうんとした。
以前は当たり前にいた彼らがそんなことになっていたなんて、
自分はどうして今まで気づかなかったんだろうとぞっとした。
こんな風に知らない、というだけで駆逐されている存在が
世の中にはどれほどあるのだろうか。
いつの間にか消えていた、という存在が。


その人の知り合いのおばさんは山に8匹ほどの野良犬たちが集まっているのをある時見つけ、
それから毎朝バイクを走らせて餌を運んでいたという。
どれほど続けたのかはわからないが毎日8匹分のエサは大変な量だったに違いない。
万福寺のまわりに二本足で歩きながらおばさんが運んでくる食事を待つ彼らの姿を想像した。
彼女は少し悲しい笑顔を見せて黙った。




<補足>
野良犬対応については自治体によっても違うようですし、
彼女の聞いた話もすべてが正しいものとは限りません。
保護されて幸せに暮らしている元野良たちもきっといると思います。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

恋判定

判定

その人について考えが止まらない間、他のことが完全に飛んでしまう。 そしてそれは彼女が彼女であるという自信を喪失させ、 自分が自分ではなく、誰かに乗っ取られてしまったかのような不安が押し寄せてくる。 そ …

noimage

随時更新予定

欲求 回避依存 快晴 不信 恋 強くない体 良心 人 HSP 感情 ペルソナ LINE 信頼 疑問 頭痛 彼女を孤独にさせるもの。 彼女を彼女たらしめているもの。 随時更新予定。 関連

noimage

エビ反りする彼女

前回に引き続いて、次に訪ねたときは変わらず同じ背格好で彼女は横たわっていた。 もしやあの日僕が去ったあとからずっとそのまま一つの身動きもしなかったのではと 少し背筋が寒くなった。 確かに彼女は静かに横 …

noimage

友人N

彼女を語るうえで絶対に外すことができない存在が彼女の友人Nである。 Nなくして今の彼女はいないのである。 Nは「一番親しく古い友人であり、姉であり妹であり、遠くにいても近いひと」である。 Nは彼女の人 …

noimage

・線アフォーダンス

腱鞘炎が未だ治まらず点をあまり打たなくなった彼女は以前より線を多く引くようになった。 線を描いているときの彼女はすごく伸び伸びしているように見える。 なんというかもう少し大きなスケッチブックに描いたら …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ