彼女の話

消えた野良犬たち

投稿日:

彼女は『平成狸合戦ぽんぽこ』が大好きで何度も観ている。


ある人と地域猫の話をしている時、彼女はふと
そういえば最近野良犬を全く見ない、と気付いた。
地域犬というのは聞きませんね、と言うと
その人は『犬は保健所に連れていかれるからね』と教えてくれた。
危険だとか汚いだとか子供が心配だからとかいう理由で通報され、
野良犬たちは保護捕獲されていくのだという。

「人間はホームレスがいるのに、犬は野良でいることさえできないんだ」
彼女は思った。

ホームレスだって望んでなった人もいれば、
そうとは意図せずそこに辿り着いてしまった人もいるだろう。
そこまでの過程に関わらず、ホームレスであることしかできなくても
ホームレスとして今この瞬間存在することをある意味許されている。

そこから例えば救いの手が差し伸べらたとして、
よし社会復帰のためにもう一度頑張ろうとする人もいるだろうし、
いや、自分はホームレスのままで気楽なんだ、ありがたいけど遠慮しとくよという人もいるだろう。
人間は”選択”することができる。

野良犬は野の良い犬って書く。必ずしも悪さをするわけではない、
好きに生きてるんだ、ほっといてくれ。
通報の理由だって人間のエゴだ、なんもされなけりゃなんもしないよ、
勝手に連れて行って、行き(生き)場所を決められて、さもなけりゃ殺されるだなんて冗談だろ。

彼女は頭の中でだんだんと『ぽんぽこ』の狸たちと野良犬たちが重なるような気がしてきた。
悲痛、と浮かんで胸がきゅうんとした。
以前は当たり前にいた彼らがそんなことになっていたなんて、
自分はどうして今まで気づかなかったんだろうとぞっとした。
こんな風に知らない、というだけで駆逐されている存在が
世の中にはどれほどあるのだろうか。
いつの間にか消えていた、という存在が。


その人の知り合いのおばさんは山に8匹ほどの野良犬たちが集まっているのをある時見つけ、
それから毎朝バイクを走らせて餌を運んでいたという。
どれほど続けたのかはわからないが毎日8匹分のエサは大変な量だったに違いない。
万福寺のまわりに二本足で歩きながらおばさんが運んでくる食事を待つ彼らの姿を想像した。
彼女は少し悲しい笑顔を見せて黙った。




<補足>
野良犬対応については自治体によっても違うようですし、
彼女の聞いた話もすべてが正しいものとは限りません。
保護されて幸せに暮らしている元野良たちもきっといると思います。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女を掴んで離さない幸せなもの

冬の寒い日のこたつほど彼女を掴んで離さないものはないし、 これほど彼女に幸せをもたらすものもなかなかない。 こたつにかかる電気代は機種にもよるが1日つけっぱなしにしていても 「50円くらいで済む」らし …

”変わる”ということは何かを”失くす”ということ

”変わる”ということは何かを”失くす”ということ。

”変わる”ということは何か”失くす”ということだ。 ある人たちにとっては当然かもしれないその事実に彼女はようやく気付きかけている。 彼女は変わるということについてほとんど意識すらしていなかった。 ただ …

noimage

好きなことを憂違う

彼女は絵を描くのが好きだ。 本を読むのも好きだ。 音楽を聴くのも好きだし、興味のあることを勉強するのも好きだ。 でもそれらのひとつも出来ない時がある。 彼女は人より少し疲れやすい。 一日中あらゆる刺激 …

noimage

たくさんの話から

彼女の上司は大変いい人である。 色んな事を知っていて好奇心旺盛な人であり、腰が低く人脈が広い。 感性も鋭くよく気が利き、ユーモアに富み周りへの気遣いや配慮に溢れた人だ。 彼はおそらくHSPであるようで …

知ること

知ること

彼女はいつも何かを考えている。 「考える」とは一見思慮深く大切なことのように思えるがなにごともやりすぎはよくない。 彼女は考えることを止めることができない。 ひとは脳で「考える」。 「考える」と感情が …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ