彼女の話

距離

投稿日:2017年2月19日 更新日:

「なぜ自分のものさしだけで私との距離を測るのか」
「ズカズカ入ってこようとするな、理解しようとなんてするな」
「気を遣ったようなフリをして、私のことを分かったような物言いはやめろ」


距離がとりにくい人というのはいる。
こんな人にあったとき、彼女は困ったような顔の仮面の裏で震えるほどの怒りを感じる。

「うっとうしんだ、消えてくれ」


彼女としばらく付き合っていれば自然と感じる、彼女がひいた境界線。
「ここから先は入ってくるな」
必要に応じて言葉に出して言うときもある。
大抵はその必要がないように、最初から人間関係は可能な限り削ぎ落す。


相手がいくら彼女のことを思っていたって、好きでいてくれたって、
ハッキリ言ってそんなことは関係ないのである。
彼女にとっては押し付けでしかない。
こちらの返答も待たず、こちらの考えを聞いてもいないくせに一方的に「正しそうなこと」を話す。
彼女にとってはそれがたとえ正しくたってあるべき姿だってそんなことは「どうでもいい」のだ。


彼女の問題はその距離感が自分と相手とでかなりの差異が生じてしまった場合、
恐ろしいほどの面倒くささでより一層、必要な人間関係をも閉じさせる原因となってしまう、ということなのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

数字と中学生と彼女

数字と中学生と彼女

彼女は数字が大嫌いだ。 彼女は最近期末テストを間近に控えた中学生と話すことがあった。 この中学生の直近の問題は試験初日の数学だそうで彼女は気の毒で仕方がなかった。 聞けばこの子はもう数学教師がもはや日 …

noimage

青りんごの彼女

彼女は自分のことを話すのがあまり得意ではない。 そのせいで言葉足らずになって誤解を受けることも多い。 彼女はそれをものすごく気にする。 人は自分のイメージで話をすることが多い。 自分が青リンゴとして話 …

noimage

「おんがくをきこう」

「お腹がすかない だれかいっしょにたべてほしい 会話がおわった 今回はわたしのせいじゃないとおもう 急にあたまがとまる 喉のおくからうまれでそう お腹がおもい そこに何かひっかかってるはれてる つばが …

noimage

彼女は昼寝をする。 あまり長くはしない。   誰でも昼間いくらぎゅっと目をつむっても光を感じるものだ。 彼女は少しの刺激にも反応してしまうので光にも敏感であり、 視界が明るく感じると眠ること …

noimage

夢の話3

彼女はドラえもんやのび太たちが住んでるような 平たい街にすんでいるようだった。 高い建物がなく、一軒家がただ立ち並ぶ住宅街。 あの塀に囲まれた、車一台と人がやっと通れるような 薄いグレイの道を彼女は誰 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ