彼女の話

距離

投稿日:2017年2月19日 更新日:

「なぜ自分のものさしだけで私との距離を測るのか」
「ズカズカ入ってこようとするな、理解しようとなんてするな」
「気を遣ったようなフリをして、私のことを分かったような物言いはやめろ」


距離がとりにくい人というのはいる。
こんな人にあったとき、彼女は困ったような顔の仮面の裏で震えるほどの怒りを感じる。

「うっとうしんだ、消えてくれ」


彼女としばらく付き合っていれば自然と感じる、彼女がひいた境界線。
「ここから先は入ってくるな」
必要に応じて言葉に出して言うときもある。
大抵はその必要がないように、最初から人間関係は可能な限り削ぎ落す。


相手がいくら彼女のことを思っていたって、好きでいてくれたって、
ハッキリ言ってそんなことは関係ないのである。
彼女にとっては押し付けでしかない。
こちらの返答も待たず、こちらの考えを聞いてもいないくせに一方的に「正しそうなこと」を話す。
彼女にとってはそれがたとえ正しくたってあるべき姿だってそんなことは「どうでもいい」のだ。


彼女の問題はその距離感が自分と相手とでかなりの差異が生じてしまった場合、
恐ろしいほどの面倒くささでより一層、必要な人間関係をも閉じさせる原因となってしまう、ということなのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女の恥

彼女の恥

彼女はどうやら「ものすごく恥ずかしいこと」をしてしまったようだ。 ある人と話しているうちに頭にきて派手に口喧嘩をかましたらしい。 そんなことはなんの恥でもない、生きていればそんな経験の一度や二度はある …

noimage

いちねんせいのかのじょ3

小学校に入学してからというもの、 一年生にお決まりの黄色い帽子を彼女はいつも引き出しの中にしまっていた。 おかげで彼女は毎日毎日毎日黄色い帽子をかぶり忘れ、 結局数回しか被らず、きれいなままでその帽子 …

noimage

破れ仮面

彼女はそんなに簡単に仮面をつけることはできない。 自分の城、という自分だけの個室の空間にいていきなり”自分”以外にはなれないのである。 彼女がLINEを使わず、電話番号もごく一部の人にしか知らせないの …

彼女に触れるもの

彼女に触れるもの

彼女はピッタリ肌にはりつくような服は嫌いだ。 窮屈で身に着けたがらない。 ダボっとしたのやふわふわした服をよく来ている。 ワンピースは好きだ。 もちろんチクチクする化学繊維のニットやマフラーなんかもよ …

noimage

彼女の正月

休みの前の彼女は完全に引きこもれるだけの食料と本とレンタルDVDなどを調達する。 ただし今回の連休はそれに加えて、きちんと年末の大掃除を済ませ、 年越しと新年の準備も欠かさなかった。 ひとりで新年を迎 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ