彼女の話

距離

投稿日:2017年2月19日 更新日:

「なぜ自分のものさしだけで私との距離を測るのか」
「ズカズカ入ってこようとするな、理解しようとなんてするな」
「気を遣ったようなフリをして、私のことを分かったような物言いはやめろ」


距離がとりにくい人というのはいる。
こんな人にあったとき、彼女は困ったような顔の仮面の裏で震えるほどの怒りを感じる。

「うっとうしんだ、消えてくれ」


彼女としばらく付き合っていれば自然と感じる、彼女がひいた境界線。
「ここから先は入ってくるな」
必要に応じて言葉に出して言うときもある。
大抵はその必要がないように、最初から人間関係は可能な限り削ぎ落す。


相手がいくら彼女のことを思っていたって、好きでいてくれたって、
ハッキリ言ってそんなことは関係ないのである。
彼女にとっては押し付けでしかない。
こちらの返答も待たず、こちらの考えを聞いてもいないくせに一方的に「正しそうなこと」を話す。
彼女にとってはそれがたとえ正しくたってあるべき姿だってそんなことは「どうでもいい」のだ。


彼女の問題はその距離感が自分と相手とでかなりの差異が生じてしまった場合、
恐ろしいほどの面倒くささでより一層、必要な人間関係をも閉じさせる原因となってしまう、ということなのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の頭の中のいちばん外側

彼女はいつも自分は結局一体なんなのだろう、と考える。 自分の行動を振り返る。 その時にそれは一般的な行動であったのか、 それとも自分の本来の性格によるものだったのか、 そして、それとも自分のその気質の …

たそがれ

たそがれ

彼女が一日の中で一番すきな時間はたそがれ時だ。 早朝の「キリっとパリッとした空気」も好きだが(彼女は早起きが苦手だし)、 その日一日あつく熱された世界を静かに穏やかに落ち着かせようとするあの時間には変 …

彼女に触れるもの

彼女に触れるもの

彼女はピッタリ肌にはりつくような服は嫌いだ。 窮屈で身に着けたがらない。 ダボっとしたのやふわふわした服をよく来ている。 ワンピースは好きだ。 もちろんチクチクする化学繊維のニットやマフラーなんかもよ …

noimage

彼女の正月

休みの前の彼女は完全に引きこもれるだけの食料と本とレンタルDVDなどを調達する。 ただし今回の連休はそれに加えて、きちんと年末の大掃除を済ませ、 年越しと新年の準備も欠かさなかった。 ひとりで新年を迎 …

noimage

『鑑定士と顔のない依頼人』

『鑑定士と顔のない依頼人』(The Best Offer、2013) ネタバレ注意 この間彼女は放心したような興奮したような様子で観た映画のエンディングについて話し出した。 とてもとても美しいラストシ …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ