彼女の話

嫌い

投稿日:2017年2月3日 更新日:

好き嫌いが激しい彼女の、今日は嫌う話だ。

誰でもときどーき会うことになる”どうも合わない”と困ってしまう人というのがいる。
生理的に受け付けない、というやつだ。

試しに今”生理的”を辞書でくってみたのだが、生理的とはこうだ。

3感覚的。本能的。肉体的。「-嫌悪」
引用:広辞苑第五版 岩波書店

これはもうどうしようもないじゃないか。
(ちなみに他にも二つほど他の意味が載っていたが、ここでピッタリくるのはこの意味だろう。)

彼女の職場に新しい人がやってきたのだが、彼女は最近この人に困っている。
どうも、だめなのだ。

これまで彼女が共通して”生理的に受け付けなかった人”には男女ともにある程度の共通点がある。
「よくしゃべる人」だ。
でも言ってみたらNもかなりよくしゃべるのである。
もっと言えば彼女も決して寡黙な方ではない。気が置けない相手ならよくしゃべる。

何が違うのか、話し方なのか話す内容なのかとにかく分からないが、
とりあえず、今回彼女が困っている人は「こちらが1話すと5も10も返してくる人」なのである。
彼女はその人が一方的に大量に一生懸命まき散らす迫力だか感情だかについていけない。
ものすごく疲れてしまって、その話し方も内容ももうすべてどうだってよくなってしまうのである。

その人がやってきて数か月がたとうとしている。
ハッキリ言って別にこの人は悪いひとではないのだそうだ。
むしろいい人のようにも見えるし、うまくやっている同僚もいる。
とにかく関わらないわけにはいかないので、彼女はなんとか仮面をたくさん用意して向き会おうとする。
大人って面倒だな、と思う。

そうして必死に接していたとき、その人は無邪気に”いやぁ、あなたには嫌われているのかと思っていました!”と言い放たれた。
ガーン!!と頭をカチ割られたような衝撃でもって
「嫌っていないとも言っていませんけど・・・」
と口から出そうになるのを必死でこらえて、自分の仮面のかぶり方はまだまだ甘いのだろうか、いや、この場合はむしろボロが出た方が楽なのだろうか、と混乱させられるこの種の人たちにまた一段と警戒心を抱かざるをえない彼女なのである。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女のじんましん2

その後も彼女は突拍子もない痒みと肌のツッパリと腫れに襲われた。 時には顔だけでなく、首や鎖骨辺りまで赤くなることがあった。 ほとんどは夜だったが、出勤まえに起こるとすごく焦った。 彼女はキノコが大好き …

noimage

彼女の右後ろと左斜め前

彼女はいつの頃からか死をごく親しみのある近しい存在に感じるようになっている。 いつ、どうしてそうなったのかは分からないが、 彼女は”それ”が”そこ”にある、ということを感じるのだ。 ちなみに”そこ”と …

noimage

彼女と箱の世界のフラクタル

彼女がはじめて自分の気質について知ったとき、 結果的にそうか、そういうところに入るんですね、ということで落ち着いた。 人は誰でも何かしら生きづらくなる何かをもっている。 それは自分の変えようのない体に …

noimage

ミルクと牛乳

余談だが、ここで彼女になぜミルクなのかと尋ねられた。 牛乳ではいけないのか、というのだ。 僕はそこはそんなに重要ではないと話した。 彼女は眉をひそめた。 言葉を使うのにシャレづくなというのである。 ハ …

それ以来の戸惑いと逡巡と躊躇の葛藤のゆらゆら

それ以来の戸惑いと逡巡と躊躇の葛藤のゆらゆら

それ以来、彼女は自分の中に葛藤が生まれたことに気付いた。 そもそもトラブルが起こりうるような人間関係(親密になるなど)を作らないのが彼女だ。 これまでの彼女は万が一誰か何かとトラブルが起これば、 その …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ