彼女の話

良き不幸

投稿日:2017年5月31日 更新日:

彼女のダウンタイムは今日で終わるらしい。
彼女もまた本格的に復帰し、朝から晩まで箱の中、
様々な人たちに囲まれて仕事をすることになる。


この約2ヶ月のダウンタイム中、彼女は比較的穏やかだった。
彼女を乱す多くの原因は人との接触から生まれる。
外界を自ら遮蔽し、人とできるだけ関わらずにいることで
彼女は心中穏やかでいられた。


ただし、彼女はダウンタイムの終りになるといつも思うことがある。
こうやって凪の中にずっと漂っていたら自分はいつか自分ではなくなって
気がついたらはるか沖の海の一部に溶けてしまうのではないだろうか、と。
凪は気持ちがいい、しかしそこからは何も生まれて来ない。

彼女はそれが一体誰だったのかもう忘れてしまったのだが、
「不幸になりたい」と願った文豪の気持ちが今は分かるという。
文豪は当時としては大変恵まれた環境で育ち、何不自由ない生活を送っていた。
しかしある程度の才能を認められながらも自分にとっての究極の作品がかけないのは
ひとえにそれは自分が幸福であるからだ、と恵まれた自分の境遇を嘆いたそうである。


このダウンタイム中、彼女はあまり絵を描かなかった。
描けなかったのか描かなかったのか分からないが、
とにかく彼女は時間があるにも関わらずスケッチブックから遠ざかっていたのである。
全く描かなかったわけではないが、いつものようにはできなかった。

それから彼女はいつものように意味不明な言葉で僕に語りかけてくることがなかった。
非常に理性的というか意識的というか、『まともで、うまくやれている』人間みたいだった。

僕も彼女自身も別に彼女が前述の文豪と同じ才ある人間だとか言いたいわけではない。
でもこの期間中に僕は彼女の中に何か空っぽになったような部分を見たような気がしたのだ。
凪の中からは何も生まれて来ない、と言った彼女は、
穏やかであるはずなのに不安そうだった。


彼女は単純に自分は楽なところにいると、
なんの創造性も生産性ももたなくなってしまうのではないか、と思っているのだ。
彼女も幸せになりたいとは願ってはいるはずだが、
そうすると自分のスケッチブックは、今までにあった感情は、
一体どこでどうなってしまうのだろうか。
「幸せになったらあの子たちは消えてしまうの・・・?」


おかしな矛盾というか齟齬をきたす話だが、
彼女は明らかに「あの子たち」と離れたくないのだ。
彼女を悩ます色々な鬱屈もあって彼女なのである。
そこから何かが生まれるというのならそれはそれで悪くないのかもしれない。
それをとってしまったら確かに彼女は彼女でなくなるような気もするし。
でもそれでは幸せにはなれないかもしれない。
しかし「あの子たち」と一緒なら彼女らしくもあり・・・

ほんとに幸せってなんだろう・・・



良き不幸

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女はまだ

彼女はまだ自分の気質についてよく知らない。 彼女はまだ自分の気質についてはじめて書かれた本を一度も読み終えていない。   これまでに3回読もうとしたが、果たさなかった。   1回目 …

彼女と花

彼女と花

彼女は花が好きじゃない。 唯一心を許せるのはかすみ草だと思われるが、実はそれもあまりよく接したことはない。 彼女は自分の城のベランダにプランターをいくつか置いていて、 ハーブの花が咲いたときはああ、咲 …

なんという赤!

なんという赤!

無理して笑ってるでしょ 男は目の前にいたのだが、彼女は こいつ後ろから私を見ている、と悟った。 私のななめ後ろにいて、仮面と顔の境目にできた影を見てる、と思った。 はっと気づいた時、男はさらに畳みかけ …

惜しい音

惜しい音

彼女にしか聴こえない音がある。 ごく小さいころから聴こえていたので、それがどうも他の人には聴こえていないようだ、と気付いた時はかなり仰天した。 一番最初に気付いた音は太鼓の音だった。 夏だったので近所 …

彼女と酒

彼女と酒

彼女は酒が好きだ。 飲み会は嫌いだが、ひとりで飲むのはとても好きだ。 昔は平日も仕事の後の楽しみに発泡酒を1本飲んでいたが、 知り合いにノンアルコールをすすめられて以来、平日はALL FREEで事足り …

PREV
回避依存
NEXT
優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ