彼女の話

デジャヴ

投稿日:

彼女のデジャヴはすべて「確かに夢でみたもの」だそうで
彼女はそれがいつ頃みた夢であったかも憶えている。
デジャヴとなった夢の中では感情はなく「何を考えても思っても感じてもいない」。
さらには「どうしてあんなところにいたんだろう」とか
「なんの意味もないようなつまらないドキュメンタリーみたいな夢だったな」などと
その夢を見た後目覚めた際にぼんやりと思った具体的な気持ちもデジャヴと一緒に沸き起こるという。

逆に夢ではなく、以前確かにここにきたことがある、といったような既視感を覚えたことはまったくない。
「来たことがあるよう気がする」と思ったときには大体小さなころ確かに来た、という”記憶”となって想起され、
それはデジャヴとは異なる。


彼女は今住んでいる城に越してきてから既視感が増えた。
それは例えば玄関からキッチンを通り部屋に入るまでの、
そこ20秒ほどの間に数シーンが切れ切れにデジャヴとなって湧き上がる、といった風に。

  • 電気のスイッチに置いた自分の手とそばの壁に掛けた帆船のバナーの一端
  • 冷蔵庫のそばにおいた買い物袋
  • 昨夜からシンクに置いたままになっている、一つの空き缶と一つのカップ一つのスプーン
  • 床に落ちたエプロンとペダル式のごみ箱


  • ちなみに帆船のバナーは彼女が海外から持ち帰ったもので1年ほど前に思い出して壁にかけている。
    冷蔵庫は彼女が5か月ほど前にウォールステッカーで自分でデコレートしており、同じものは二つとない。


    それは断続的にパッパッパッパッと既視世界となり、
    そのたびに彼女は「お」「あ」「っ」「・・・」と反応する。
    そして最後の瞬間のあと、彼女は直前の20秒をもう一度見ようとおもむろにぼんやりと後ろを振り返る。
    「また・・・」


    デジャヴの研究や解明はほとんどなされていないようだが、
    彼女はそんな自分の度重なる経験から彼女にとってデジャヴとは予知夢的な位置におかれている。
    彼女はKiroroの『未来へ』を大変嫌っているのだが、
    それは『あれがあなたの未来』という歌詞が気に入らないからだ。
    耳にするたびに「私の未来を誰かに指し示されてたまるかい」という
    捻くれた気持ちが起こって嫌なのだそうだ。
    そんな彼女がことデジャヴに関しては悩ましく、
    「これは私のレールだか運命だかはあるのかもしれないなぁ」と
    半ばあきらめ気味なのである。

    「あの夢をみたときには、あんな所に自分がいるはずもないのにと鼻で笑ったところに実際今いたりするのだ」


    のちにデジャヴとなって思い出されるそれらの夢は
    それまで自分の頭の中にあったことさえ知らなかったものであるはずなのに
    突如鮮明なシーンとなって飛び出てくる。
    不思議で気味が悪く良いことも害もなくただ一瞬の感興を引っ張り出して
    またただ忘れていくのだ。
    その背後に意味とかメッセージがあったとしても、ほとんど気づかれないままで。



    デジャヴ

    -彼女の話

    執筆者:

    関連記事

    彼女が死ぬとき

    彼女が死ぬとき

    彼女は願っている。 自分が死ぬとき それは誰かが生き延びるとき。 彼女は死をとても恐れている。 死ぬときのことを思うと怖くて怖くてたまらない。 死ななければならないのに、どうして生まれてきてしまったの …

    3月9日

    3月9日

    今日は3月9日だ。 3月9日と言えばレミオロメンだ。 最近では卒業ソングの定番らしい。 彼女は卒業式に特になんの思い入れも思い出もないが、 高校の卒業式だけは死ぬほどうれしかったのを覚えている。 10 …

    彼女のおでかけー駅

    彼女のおでかけー駅

    彼女が駅をつかうようになったのはごくごく最近のことだ。 彼女が生まれ育った場所には駅はなくほとんど小説の中の想像上の場所だった。 ラピュタみたいなものだった。 今彼女が住む町には駅がある。 ベッドタウ …

    noimage

    『鑑定士と顔のない依頼人』

    『鑑定士と顔のない依頼人』(The Best Offer、2013) ネタバレ注意 この間彼女は放心したような興奮したような様子で観た映画のエンディングについて話し出した。 とてもとても美しいラストシ …

    知ること

    知ること

    彼女はいつも何かを考えている。 「考える」とは一見思慮深く大切なことのように思えるがなにごともやりすぎはよくない。 彼女は考えることを止めることができない。 ひとは脳で「考える」。 「考える」と感情が …

    PREV
    カラフル
    NEXT
    痛み
    優しい時間

    2018/10/19

    優しい時間

    noimage

    2018/09/18

    アンビバレンス3

    棚

    2018/08/29

    記事内の彼女の絵や写真。
    2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ