彼女の話

彼女のカトラリー

投稿日:

彼女のカトラリーはほとんどが木製だ。
ステンレスなど金属のものは調理用に使うことはあっても口はつけない。


いつの頃からそうなったのかは分からないが、木のカトラリーを使いだして久しい。
子供のころから彼女はあの固い金属が自分の唇や舌や歯に当たるのが不快だった。
しかも冷たい食べ物はひどく冷たく、
熱い食べ物は唇を近づけるだけでそのステンレスにこもった熱が感じられて口が当てられなかった。
(ちなみに彼女は猫舌だ。)
彼女が小さな頃から食べるのが遅かったのにはいろいろと理由があるが、
食器もそのひとつだった。


その点、木製のものはいつだって優しく柔らかく温かい。
だから口当たりがよく安心して食べ物を口の中へ持っていける。
手に持った時も軽くてとてもしっくり手になじむ。
スープスプーンやレンゲはどうしても分厚いものが多いから、
あまり大きく口を開けられない彼女には少し大変だが、それでも金属製よりずっといいのだ。


彼女は食器もすべて木製に変えてしまおうかと考えたりもした。
今でも時々お店やネットで目につけば吟味してしまう。
ただ木製というのはケアに手がかかるのだ。

普通の食器のように水につけておくということはできない。
ヒビ割れやカビの原因になるし長持ちしない。
スープや油っぽいものがついた時は先にペーパー類できれいに拭きとらなければならない。
それから手洗いする。
ひどい汚れでない限りできるだけ食器用洗剤やスポンジも使わない方がいい。
もちろんすすいだ後は並べてきれいに乾燥させる。
それから定期的にオリーブオイルなんかの植物油を少量なじませて乾かす作業も必要だ。

これをすべての食器でやろうとすると広げて乾かせるような大きいキッチンもなければ時間もない。
せめて口をつけるカップだけでも変えようかとは思っているようだが今のところ購入には至っていない。



彼らは繊細だ。
いくら天然木であっても加工された後は土に根を下ろしていた頃のようにもう強くない。
彼女は木のカトラリーに油を塗り込みながら面倒だな、と思いながらどこか自分と重ねている。
無理なく上手に付き合っていかなければならないと。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の正月

休みの前の彼女は完全に引きこもれるだけの食料と本とレンタルDVDなどを調達する。 ただし今回の連休はそれに加えて、きちんと年末の大掃除を済ませ、 年越しと新年の準備も欠かさなかった。 ひとりで新年を迎 …

noimage

好きなことを憂違う

彼女は絵を描くのが好きだ。 本を読むのも好きだ。 音楽を聴くのも好きだし、興味のあることを勉強するのも好きだ。 でもそれらのひとつも出来ない時がある。 彼女は人より少し疲れやすい。 一日中あらゆる刺激 …

noimage

みんなと同じ彼女

彼女はときどき突っ走ってしまう。 そして突然傀儡が人の手を離れて首をうなだれるようにぱったりと動かなくなってしまう。 しなければいけないことがあるとき、したいことがあるとき、彼女はもう半分自分を捨てる …

noimage

たくさんの話から

彼女の上司は大変いい人である。 色んな事を知っていて好奇心旺盛な人であり、腰が低く人脈が広い。 感性も鋭くよく気が利き、ユーモアに富み周りへの気遣いや配慮に溢れた人だ。 彼はおそらくHSPであるようで …

noimage

怒った顔

彼女にはおかしなクセがあって 男を見るといつもその人が怒った顔を想像してしまう。 相手がとても親切な人で、どんなににこやかに話していても 彼女はふうっと 「この人は怒ったらどんな顔になるんだろう」とそ …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ