彼女の話

彼女のカトラリー

投稿日:

彼女のカトラリーはほとんどが木製だ。
ステンレスなど金属のものは調理用に使うことはあっても口はつけない。


いつの頃からそうなったのかは分からないが、木のカトラリーを使いだして久しい。
子供のころから彼女はあの固い金属が自分の唇や舌や歯に当たるのが不快だった。
しかも冷たい食べ物はひどく冷たく、
熱い食べ物は唇を近づけるだけでそのステンレスにこもった熱が感じられて口が当てられなかった。
(ちなみに彼女は猫舌だ。)
彼女が小さな頃から食べるのが遅かったのにはいろいろと理由があるが、
食器もそのひとつだった。


その点、木製のものはいつだって優しく柔らかく温かい。
だから口当たりがよく安心して食べ物を口の中へ持っていける。
手に持った時も軽くてとてもしっくり手になじむ。
スープスプーンやレンゲはどうしても分厚いものが多いから、
あまり大きく口を開けられない彼女には少し大変だが、それでも金属製よりずっといいのだ。


彼女は食器もすべて木製に変えてしまおうかと考えたりもした。
今でも時々お店やネットで目につけば吟味してしまう。
ただ木製というのはケアに手がかかるのだ。

普通の食器のように水につけておくということはできない。
ヒビ割れやカビの原因になるし長持ちしない。
スープや油っぽいものがついた時は先にペーパー類できれいに拭きとらなければならない。
それから手洗いする。
ひどい汚れでない限りできるだけ食器用洗剤やスポンジも使わない方がいい。
もちろんすすいだ後は並べてきれいに乾燥させる。
それから定期的にオリーブオイルなんかの植物油を少量なじませて乾かす作業も必要だ。

これをすべての食器でやろうとすると広げて乾かせるような大きいキッチンもなければ時間もない。
せめて口をつけるカップだけでも変えようかとは思っているようだが今のところ購入には至っていない。



彼らは繊細だ。
いくら天然木であっても加工された後は土に根を下ろしていた頃のようにもう強くない。
彼女は木のカトラリーに油を塗り込みながら面倒だな、と思いながらどこか自分と重ねている。
無理なく上手に付き合っていかなければならないと。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

泥の中に手を

彼女はある夏の日のことを後悔している。 その時彼女はひとりで7時間行程の山登りをした。 山登りといっても山登りとハイキングの間みたいなものだった。 彼女はときどきこうやってひとりで人のいないところへ行 …

彼女とテレビ

彼女とテレビ

彼女はほとんどテレビを観ない。 唯一続けて毎週観ているのはイッテQで、出演者はみんな好きだが、 特に「イモトとオカリナと出川(親しみ込めて敬称略)」がとても好きだ。   ときどき気になるドラ …

彼女と精油

彼女と精油

彼女は精油が好きでたくさんもっている。 高価なものなので、少しずつ少しずつ集めてきた。 中でもフランキンセンスが一番のお気に入りで欠かさない。 初めて精油の匂いをかいだとき、彼女はどれをとってもとにか …

noimage

おでこのこり

最近とても気になっていることがある。 それは彼女のおでこのコリだ。 彼女は考えているときや本を読んでいるとき、人ごみにもまれたときなど いつの間にか眉間に力が入ってしまう。 しわができない代わりにずっ …

noimage

彼女はまだ

彼女はまだ自分の気質についてよく知らない。 彼女はまだ自分の気質についてはじめて書かれた本を一度も読み終えていない。   これまでに3回読もうとしたが、果たさなかった。   1回目 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ