彼女の話

彼女のカーテン

投稿日:2016年11月19日 更新日:

彼女の部屋のカーテンは大体いつも閉じられている。

 

彼女の瞳の色は普通のひとより真っ黒だ。

髪の色も真っ黒だが、たぶん瞳はもっと黒い。

でも彼女は眩しく明るい場所が好きじゃない。

年を経てかけられるようになったサングラスは

冬以外はできることならずっとはめていたいと思っている。

パソコンやスマホの明るさもかなり低く設定されている。

 

明度の高い対象を見たり、そういう場所にいるときの彼女の目はほとんど開いていない。

ときどきうっすらと開けてその瞼の間から行く先を覗いている。

 

長い時間その中にいると瞼が痛み頭痛がしてくる。

 

カーテンを全部開放するのは雨の日。

だから彼女は雨の日をきらいになれない。

雨が降っていても彼女の部屋は晴れた日より明るく広くオープンだ。

しくしく地面に落ちるその音も心地いい。

だから彼女はいつも休みの日はできるだけ晴れていないければいいと願っている。

 

彼女のカーテン

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

箱の中の

彼女はKと箱の中に居るときいつも不思議に眠くなるという。 そして何も感じなくなるのだと。 Kは彼女が唯一長い間接触している心理士だ。 Kは心理士としては時として少ししゃべりすぎるというきらいはあるよう …

noimage

嫌い

好き嫌いが激しい彼女の、今日は嫌う話だ。 誰でもときどーき会うことになる”どうも合わない”と困ってしまう人というのがいる。 生理的に受け付けない、というやつだ。 試しに今”生理的”を辞書でくってみたの …

noimage

(確固)

彼女は自分がどうしてこんなにもゆらゆらしているのかずっと気になっていた。 最近『民衆の敵』というドラマをみてそれがなんなのか少し分かった気がした。 彼女には確固がないのである。 『民衆の敵』には様々な …

noimage

彼女の秘密

彼女はついに絵も描かなくなってしまった。 動悸もするし、ひどく憂鬱そうにしている。 呼吸がしにくいせいで酸素が脳や体内に行きわたっていないのか、 四六時中眠気と闘っている。 だからといって横になっても …

noimage

彼女と自転車

彼女は車の免許をもっていないので、 必然的に移動は徒歩か電車やバス、そして自転車となる。 中でも自転車は彼女にとってとても愛着のある存在である。 エコで経済的で健康的、そして大体いつどこに行くにも一緒 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ