彼女の話

消えた『群集の中の孤独』

投稿日:2017年4月28日 更新日:

彼女は最近彼女にしては頻繁に人ごみの中へ出かけている。
用があって出ているのだが、久しぶりに雑踏の中へ出かけて新鮮味があるようだ。


彼女は萩原朔太郎の『群集の中に居て』という詩がとても好きだ。
都会へ出かけて人々の波にもまれていると時折辛くなるが、
この詩を思い出すと少しずつ楽しめてくるのだという。

この詩の中で朔太郎はひとり喫茶店にいる。
または公園のベンチに座っている。
そして多くの人々の中にいながら周りとは何の関係も持たず、
ただ各々の会話に没頭している人々の様を見て楽しんでいる。

彼女も都会へ出て行くと時々カフェに入り、
彼の真似をしてカクテルパーティ実験の被験者のごとく、
最初は右側の女性陣の会話に耳を澄ませ、
今度は左側に座る若い一家のほほえましい会話をきいたりする。

盗み聞きと言われるとぐうの根も出ないが、
彼女はただ人々がどんなことを話題にどんなことを考えているのか、
それを楽しんでいる。


しかし今回状況は少し違った。
人ごみの中を歩き疲れた彼女はあるカフェに入ったのだが、
そこはとても静かだった。
誰の会話も聞こえてこない。
人はいるのに誰も話していないという少し奇妙な雰囲気に彼女は少し不安になった。

注文を終え落ち着いてから周りを見回すと、なるほど、
そこには彼女と同じように一人で入ってきた客ばかりだったのだ。
そして彼らは全員スマホを片手にカップやストローに口をつけている。
そこには彼女の知っている群集はなかった。
「孤独の中の孤独・・・」と心の中で呟いて彼女は少し笑った。


恐らく彼らの持つスマホを通して群集は存在するし、
(”孤独の中の群集”と称するべきか・・・?)
みんながひとりでいたってカフェにいる人たちでも群集は構成されている。
朔太郎の言うようにお互いに無関心でお互いに自由であることに変わりはない。

しかし彼女は意想外のアイロニックな空間になんだか落ち着かなくなった。
この時流が生み出した異空間を朔太郎が見たらなんと形容するだろうと思い、
都会を歩きながらも彼女を落ち着かせてくれる薬代わりのあの詩が
いつか効能を失ってしまうのやも?と少しだけ不安になったりした。


消えた『群集の中の孤独』

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女とLINE

彼女はLINEをやっていない。 できるだけ多くの人とつながらないようにしているのだから当然といえば当然だが、 まあ大体人はそれを聞いただけで彼女を少し変わった人だ、と思うだろう。   LIN …

noimage

みんなと同じ彼女

彼女はときどき突っ走ってしまう。 そして突然傀儡が人の手を離れて首をうなだれるようにぱったりと動かなくなってしまう。 しなければいけないことがあるとき、したいことがあるとき、彼女はもう半分自分を捨てる …

空腹の彼女

空腹の彼女

彼女の体は燃費が悪い。 普段から少ししか食べない。 その分しか胃のキャパがないのか、食べるとすぐにお腹がいっぱいになってしまう。 もしくは食べた、という事実で満腹になったような気になって食事は終わる。 …

noimage

彼女の頭の中のいちばん外側

彼女はいつも自分は結局一体なんなのだろう、と考える。 自分の行動を振り返る。 その時にそれは一般的な行動であったのか、 それとも自分の本来の性格によるものだったのか、 そして、それとも自分のその気質の …

noimage

人が好き至上主義者と彼女

彼女には劣等感がある。 幼いころは大きくなれば他の人と同じように周りとうまく付き合っていけるだろうと思っていた。 今自分がそうできないのは、まだ小さいからだと。 今は算数ができないけれど、大人になれば …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ