彼女の話

抑圧と創造

投稿日:2016年12月21日 更新日:

彼女にはしばらく絵を描かない時期があった。
描けなかったのか、描こうとしなかったのか、なんとなく理由をつけて描かなかったのか、わからない。

また描き始めたとき、
彼女は以前ももしかしたら描いているようでいなかったのかもしれない、という気がしてきた。
「一体何を描こうとしていたのだろう」
彼女はなにかいいものを描こうとしていた。
自分の中の何かが出てこないようにおしこめておしこめて、
絶対に出てこないようにおしこめて。


今は前より描くのが楽になったような気がしている。
なにかことあるごとにふわふわと手が動く。
彼女は絵を勉強したわけはないので、別にうまくはない。
ただ思いついたところに点を打つ。
画用紙に点を打つごとに描いた点の周りにかすかにインクが染みていくのを確かめる。
ひとつの小さな点が静かに何かの意味を帯びてはじけていく。
それはとても不思議な感覚で彼女を包み込む。


すべてをはきだすために彼女はまだ抱えている。
彼女は慎重で正しくあろうとしている。
まだたくさんのボタンがきちんとかけられているのに彼女は気づいたばかりだ。






-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女の隣人

彼女の隣人

彼女の城の隣では最近何か変化が起きたようだ。 時々宅配のおにいさんがピンポンを鳴らしたりしていたから 誰か住んでいるのは確かなようだった。 2,3ヶ月前まで隣人はおそらくほとんど帰っていないか、 もし …

noimage

満たされないのは

「どこにいても 何をしていても だれと話しても 満たされないのは 自分のことばかり かんがえているから」 関連

noimage

彼女の一番古い記憶

-覚えている限りの一番古い記憶がわかるか。 「わかる」   -何歳頃だったと思うか。 「3歳から5歳…たぶん、3歳か4歳だと思う。」   -思い出した記憶には色がついているか。 「 …

彼女の絵

彼女の絵

彼女は昔はわりと見やすい、というか「理解しやすい」点描画をよく描いていた。 白黒の世界をとても愛し、白い紙に黒い点々を延々と描いていた。 花とか赤ん坊の顔とか自分の手とか壁にかかった白いシャツとか。 …

noimage

抗えないもの

彼女は自分の体の異変を認めざるを得なくなってきた。 頭痛に悩まされているのは以前からだが、それ以上におかしいのだと呟いた。 少し不安気だった。 朝目が覚めたとき、脳がとけてスライムになったようにドロリ …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ