彼女の話

抑圧と創造

投稿日:2016年12月21日 更新日:

彼女にはしばらく絵を描かない時期があった。
描けなかったのか、描こうとしなかったのか、なんとなく理由をつけて描かなかったのか、わからない。

また描き始めたとき、
彼女は以前ももしかしたら描いているようでいなかったのかもしれない、という気がしてきた。
「一体何を描こうとしていたのだろう」
彼女はなにかいいものを描こうとしていた。
自分の中の何かが出てこないようにおしこめておしこめて、
絶対に出てこないようにおしこめて。


今は前より描くのが楽になったような気がしている。
なにかことあるごとにふわふわと手が動く。
彼女は絵を勉強したわけはないので、別にうまくはない。
ただ思いついたところに点を打つ。
画用紙に点を打つごとに描いた点の周りにかすかにインクが染みていくのを確かめる。
ひとつの小さな点が静かに何かの意味を帯びてはじけていく。
それはとても不思議な感覚で彼女を包み込む。


すべてをはきだすために彼女はまだ抱えている。
彼女は慎重で正しくあろうとしている。
まだたくさんのボタンがきちんとかけられているのに彼女は気づいたばかりだ。






-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の年賀状

世の中はクリスマスが迫り、年の瀬が近づき、なんとなく気ぜわしい時節だ。 彼女にはクリスマス一緒に過ごす人もいないし、正月に帰る家もないので この時期も格別予定を考えたりすることもなく、毎年いつもの日々 …

noimage

彼女の右後ろと左斜め前

彼女はいつの頃からか死をごく親しみのある近しい存在に感じるようになっている。 いつ、どうしてそうなったのかは分からないが、 彼女は”それ”が”そこ”にある、ということを感じるのだ。 ちなみに”そこ”と …

noimage

1000の中の彼女

彼女は最近大変忙しい女性と会う機会があった。 この女性は母であり妻でありPTA役員であり地域の行事係でもあるような とてもとても忙しい人なのである。 彼女はこの人に決して複雑とは言えない かなり明快な …

noimage

彼女と迷子の落ち葉

ここ1か月くらい彼女の部屋の床には落ち葉が散らばっている。 まとめて置いておいたのだが、エアコンの風に吹き飛ばされたり、うっかり蹴とばしてしまったりして、 まただんだんと色んな所へ広がりをみせている。 …

noimage

彼女の影

最近ある人が鼻について小さなイライラになっている。 でもイライラしているのはその人にではなく自分自身にだと彼女は毎晩気づく。 職場で会うMはどうも要領が悪い。 その上機敏にも動けず、気が利かない。 声 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ