彼女の話

愛する自信・愛される自信

投稿日:2017年4月1日 更新日:

僕は待つつもりだったのだが、思いがけず彼女が口を開いた。
それは彼女がコラージュをしているときだった。

「私は頭がおかしいんじゃない。
愛する自信も愛される自信もないだけなのだ」
それはとてもネガティブでポジティブな二言だった。


彼女が寝た男、の付き合っている女性のことを彼女は嫌っていた。
どんなに猫を仮面をかぶっていても彼女は心の奥底では嫌っていたのだ。
それと同時に彼女がその男のことが気になっていたのは間違いない。
自分が気になっている男が嫌っている女と付き合っている。

でも彼女はこの男と寝たときは確かにこの男が欲しいと思ったのだが、
後にはそれは愛にも嫉妬にも依るものではない、と気付いた。


「みんな単純ね」と彼女は言う。
男と女が複数いたときに起こるトラブルはすべて愛だの恋だの嫉妬だの、って。
彼女も自分自身のことを「危うく」そうなのだと思いかけた。
そんなものに翻弄されそうになって、
そしてそれを認められない自分は頭がおかしいんだと思っていた。
しかし彼女にとってはそんな「単純」な話ではない。


じゃあどんな話なのかというと、それは
好きとか悔しいとか以前の問題なのだという。
そういうもの以前に彼女は人を信用できない。
だから誰かを愛したり愛されたり、その方法もやり方も分からない。
でもそれを他の誰かが簡単に素直に間近で通過しているのをみて、
彼女はそれを妬んだのだ。
これが長いこと沈黙の雨にさらされた彼女が見出した答えのひとつのようだ。


今はそれしか分からないが、
それは大きな一歩で答えで何かのスタートでもあるような気がしてならない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

「嘘ってなんだろう」 彼女は嘘についてよく考える。 昔彼女は嘘は2種類あると思っていた。 黒い嘘と白い嘘ってやつだ。 「大人」になって、もう一つそのどちらにも分類できない 自分を守るための嘘があること …

デジャヴ

デジャヴ

彼女のデジャヴはすべて「確かに夢でみたもの」だそうで 彼女はそれがいつ頃みた夢であったかも憶えている。 デジャヴとなった夢の中では感情はなく「何を考えても思っても感じてもいない」。 さらには「どうして …

3月9日

3月9日

今日は3月9日だ。 3月9日と言えばレミオロメンだ。 最近では卒業ソングの定番らしい。 彼女は卒業式に特になんの思い入れも思い出もないが、 高校の卒業式だけは死ぬほどうれしかったのを覚えている。 10 …

noimage

彼女と鉛筆

彼女は鉛筆がめちゃくちゃ好きだ。 それから鉛筆をカッターで削るのが更に好きだ。 彼女は鉛筆のあの柔らかさが好きだ。 いわゆるシャーペンは紙を傷つけながらかいている感があるのだという。 かいたあとに紙を …

空腹の彼女

空腹の彼女

彼女の体は燃費が悪い。 普段から少ししか食べない。 その分しか胃のキャパがないのか、食べるとすぐにお腹がいっぱいになってしまう。 もしくは食べた、という事実で満腹になったような気になって食事は終わる。 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ