彼女の話

カラフル

投稿日:2017年2月22日 更新日:

彼女は白と黒の世界しか描かない。
写真に関しては自分で色を選ぶわけではないので今はあまり抵抗はないようだが、
昔は写真もモノクロばかり撮っていた。
そうやっていつの間にか白と黒の世界に入り込んでいたので、そこが落ち着くし好きだ。

でも実はカラフルなものも人よりずっと好きなのである。
ヒマがあるとGoogleで『カラフル』とか『colourful』とか『colorful』とか
ワードを替えながら画像を延々とみて「ほぉおおおお、おお、おぉ」とか言いながらニヤニヤしているのである。
どうもそれは別に『アーティスチック!!!』と思えるものである必要はないようで、
ただただ色が溢れていればいいようなのだ。


その中でも最近気になっているものは、小学生の群れだ。
彼女は下校中の小学生の行列に会うことがあるのだが、これがまあ色んな意味で賑やかなのである。
一体何の大事件が起こったのかというほどに各々が大声で各々の話を一生懸命に喋っているのである。
そしてそんな彼らが身に着けているもののひとつひとつがいちいち鮮やかな色ばかりでカラフルなのだそうだ。

小さい子というのは、大人にはなかなかできないファッションコーディネートを親に施されていて
見ていると彼女はとても幸せになる。
子供らしいパステルカラーもかわいいが、ビビットな色を子供が大人みたいに来ているのもほほえましい。
冬はいろんな色のジャンパーのファーもどきをフワフワ揺らしながら歩いていく。
その多色の波にとどめのアクセントを添えるのが
あのランドセルに被せられた黄色い交通安全カバーで
唯一全員が共通してもっている色なのである。


彼女は彼らとすれ違うたびに、
「お、今日の群れはいいな」とか「今日の色はちょっと暗めだった・・・」などと
勝手に評定して楽しんでいるのである。
いつも写真が撮れたらなぁと思っているのだが、大人が付き添っていることもあるし
カメラを向けるのはなかなか難しそうだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女の時計

彼女の時計

残念ながら先日電池を交換した彼女の腕時計の針は 再び散漫な仕事を繰り返すようになってしまった。 修理査定に出そうと考えた彼女はまず時計屋の少なさに驚いた。 文明の利器スマホを頼っても彼女の住む周辺には …

noimage

彼女が人を殺した朝

彼女はひどく青白い顔をして落ち着かない様子で言った。 「人を殺した」 僕は何をバカなことを、と一蹴しかけたのだが、 彼女のあまりにおびえた様子に少し動揺してしまった。 とにかく 彼女は人を殺したと言っ …

noimage

1000の中の彼女

彼女は最近大変忙しい女性と会う機会があった。 この女性は母であり妻でありPTA役員であり地域の行事係でもあるような とてもとても忙しい人なのである。 彼女はこの人に決して複雑とは言えない かなり明快な …

彼女の洞窟リテラシー

彼女の洞窟リテラシー

彼女は本当はずっと小さな頃からずっとずっと感じていたのだ。 自分は何か違うということを。 どんなに自己主張が強くてもちっとも伝わらないことはどこかで分かっていた。 むしろあの頃の方が自分の中の宇宙に気 …

noimage

女の価値観

彼女はいわゆるなんでも一人で自分でやってしまう人で、 いわゆる男性が守ってやりたくなるような「か弱い」女性ではない。 それどころかそういう「女」を嫌っている。 たとえば届かないところにあるものを、取っ …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ