彼女の話

カラフル

投稿日:2017年2月22日 更新日:

彼女は白と黒の世界しか描かない。
写真に関しては自分で色を選ぶわけではないので今はあまり抵抗はないようだが、
昔は写真もモノクロばかり撮っていた。
そうやっていつの間にか白と黒の世界に入り込んでいたので、そこが落ち着くし好きだ。

でも実はカラフルなものも人よりずっと好きなのである。
ヒマがあるとGoogleで『カラフル』とか『colourful』とか『colorful』とか
ワードを替えながら画像を延々とみて「ほぉおおおお、おお、おぉ」とか言いながらニヤニヤしているのである。
どうもそれは別に『アーティスチック!!!』と思えるものである必要はないようで、
ただただ色が溢れていればいいようなのだ。


その中でも最近気になっているものは、小学生の群れだ。
彼女は下校中の小学生の行列に会うことがあるのだが、これがまあ色んな意味で賑やかなのである。
一体何の大事件が起こったのかというほどに各々が大声で各々の話を一生懸命に喋っているのである。
そしてそんな彼らが身に着けているもののひとつひとつがいちいち鮮やかな色ばかりでカラフルなのだそうだ。

小さい子というのは、大人にはなかなかできないファッションコーディネートを親に施されていて
見ていると彼女はとても幸せになる。
子供らしいパステルカラーもかわいいが、ビビットな色を子供が大人みたいに来ているのもほほえましい。
冬はいろんな色のジャンパーのファーもどきをフワフワ揺らしながら歩いていく。
その多色の波にとどめのアクセントを添えるのが
あのランドセルに被せられた黄色い交通安全カバーで
唯一全員が共通してもっている色なのである。


彼女は彼らとすれ違うたびに、
「お、今日の群れはいいな」とか「今日の色はちょっと暗めだった・・・」などと
勝手に評定して楽しんでいるのである。
いつも写真が撮れたらなぁと思っているのだが、大人が付き添っていることもあるし
カメラを向けるのはなかなか難しそうだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と少女のコスモロジー

『内なるものへの適切な態度』 彼女ははっとした。 いつも彼女は遥か上空のようなところから白い箱と少女を眺めていた。 絵本に出てくるような神様や天国にいる人たちは下界をこんな風に見下ろしているのかもな、 …

noimage

嫌い

好き嫌いが激しい彼女の、今日は嫌う話だ。 誰でもときどーき会うことになる”どうも合わない”と困ってしまう人というのがいる。 生理的に受け付けない、というやつだ。 試しに今”生理的”を辞書でくってみたの …

noimage

箱の中の

彼女はKと箱の中に居るときいつも不思議に眠くなるという。 そして何も感じなくなるのだと。 Kは彼女が唯一長い間接触している心理士だ。 Kは心理士としては時として少ししゃべりすぎるというきらいはあるよう …

noimage

(no title4)

「美しいものだけをみていたいって思うのよ」 「たとえかなわなくっても」 関連

たそがれ

たそがれ

彼女が一日の中で一番すきな時間はたそがれ時だ。 早朝の「キリっとパリッとした空気」も好きだが(彼女は早起きが苦手だし)、 その日一日あつく熱された世界を静かに穏やかに落ち着かせようとするあの時間には変 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ