彼女の話

コラージュ惹起

投稿日:

コラージュとはチラシとか雑誌とか新聞とかの切り抜きや、
麻布とか糸とか針金とかを紙やキャンパスに貼り付けられてできる作品たちのことだ。
誰でも一回くらいはみたことがあると思うのだが、
自分の好きなものを選んで切って貼り付ける。
アート作品もあるし、心理療法として採用されることもある。


彼女は手帳をもう何年もつけているのだが、
いわゆる”手帳”を買うのではなく、罫線が入っただけの、または白紙の小さなノートを買う。
それに自分で線や年月日を毎月書き足していく。
それとは違う色で予定ややることを書きこんでいるのだ。
10代の頃は手帳を買っていたが、どうもどれも使いにくく、
結局は自分で好きなように使えるようただのノートを買うようになった。
(彼女は文や絵を唐突にかきだすので)
彼女の手帳は1冊が数年数ヶ月に渡っている。


彼女の手帳はどこに何をしてもいいので、コラージュも多くされている。
最初は余白がやたらと多いページが気になったり、
気に入ってとっておいた切り抜きの保管場所に困ったりしてとりあえず手帳に貼りだしだ。
このコラージュのおかげで彼女の手帳はかなり分厚くなっている。
パッと見、すごく忙しい人の手帳みたいになっているが、中身は絵や写真なのである。


コラージュといっても手帳に適当に貼られているものだから、
彼女の好きな写真や絵がべたべたと貼られたその隙間に
「ガス屋にTEL」とか「ニーチェの言葉」とか唐突に唐突な言葉が並んでいる。


いろんな素材を切り貼りしている彼女はとても幸せそうだ。
どれもこれも彼女が好きなものなのだから当然だが、
そんな「好き」を重ねているうちに彼女はふと気づくことがある。

それは身の内に巣くう問題であったり感情であったりする。
そしてそれは時によって彼女の頭の中の深い霧を晴らすような情動であったり気づきであったりする。
気付きたくもなかったような事実であったり、嘘であったりする。
他人のものであったり自分のものであったりする。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

白糸

白糸

ふと気付くと彼女の左手首に新しい傷があった。 熱したフライパンの淵があたり火傷したそうだ。 その火傷は細く長く茶色くなっていて、 今となっては白糸のようになった他の無数の傷跡たちを 否応なしに目立たせ …

アンビバレンス

アンビバレンス

「もういいから!!出てこないで!もう必要ないからもう行って!!!」 朝4時前だった。 彼女はずっと眠れずにいて、数時間眠っていたかと思うとまた目が覚めを繰り返し、 この時は起き上がってベッドに腰かけ文 …

失い

失い

彼女はテレビをみない。 ニュースを見ていても、次々と流れてくる憂鬱な事件の連続に だんだん生気を奪われていくような心持がしてくる。 汚職、強盗、放火、飲酒運転、詐欺、暴行・・・ もしかしたらニュースは …

消えた『群集の中の孤独』

消えた『群集の中の孤独』

彼女は最近彼女にしては頻繁に人ごみの中へ出かけている。 用があって出ているのだが、久しぶりに雑踏の中へ出かけて新鮮味があるようだ。 彼女は萩原朔太郎の『群集の中に居て』という詩がとても好きだ。 都会へ …

彼女と精油

彼女と精油

彼女は精油が好きでたくさんもっている。 高価なものなので、少しずつ少しずつ集めてきた。 中でもフランキンセンスが一番のお気に入りで欠かさない。 初めて精油の匂いをかいだとき、彼女はどれをとってもとにか …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ