彼女の話

冬の彼女

投稿日:2017年1月14日 更新日:

ハッキリ言って冬の彼女はまるで役に立たない。

朝はますます起きなくなり、ぎりぎりまでコタツに居座り、外に出たくないとばかり考えていた挙句仕事に行くのに仕事着を忘れ、遅刻寸前に出社、帰ればエアコンとコタツの電源を真っ先に入れ、温まるまで寒いという理由で熱いお湯を浴びにバスルームへ行く。それから運よくキッチンに向かう気になれば夕食をコタツへ運ぶが、それに耐えきれない寒さ(もうエアコンも効いているのだから大したことはないのだ!)だとコタツへ直行し、空腹をガマンしてでもコタツに居座る。たまたまその辺にお菓子でも転がっていれば食べることもあるが、本を読み始めたり絵を描いたりパソコンに向かえば気も紛れるので空腹はあまり気にならない。

とにかく彼女は寒いのがとても!キライなのだ。
しつこくて申し訳ないが、彼女は寒さほど自分を不幸にするものはないのではないかと思っている。
彼女は真夏の40度近い暑さを経験しても、真冬よりはマシだと思っていた。

冬の彼女は部屋がどれだけ散らかっていこうと、冷蔵庫にモノがなくなろうと、たとえ何かに遅刻することになったとしてもずっとずっとずっと温かい空間にいることだけを目指している。
だから冬の彼女はますます外に出なくなってしまうのだが、
やむなく出かけなければならなくなった北風強く雪が散らんばかりのある夜、
彼女はもうどうして今こんな時に自分は外にいなければならないのかといい歳してぽろぽろ泣き出してしまった。

なんとも打たれ弱いだけ、運動でもしろ、と言ってしまえばそれまでなのだが、
僕はときどき寒さに異常に震える彼女をみて、
ひょっとしたらそれが彼女をいつか殺しうるような、そんな怯えにもみえてしまうことがある。

彼女は引っ越しをするとき、その空間のすべてが即効で暖かくなるようなこじんまりとした城をいつも選ぶ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

好きなことを憂違う

彼女は絵を描くのが好きだ。 本を読むのも好きだ。 音楽を聴くのも好きだし、興味のあることを勉強するのも好きだ。 でもそれらのひとつも出来ない時がある。 彼女は人より少し疲れやすい。 一日中あらゆる刺激 …

noimage

「おんがくをきこう」

「お腹がすかない だれかいっしょにたべてほしい 会話がおわった 今回はわたしのせいじゃないとおもう 急にあたまがとまる 喉のおくからうまれでそう お腹がおもい そこに何かひっかかってるはれてる つばが …

忘れていく彼女

忘れていく彼女

彼女はあまり記憶力がよくない。 まるでわざとそうしているようかのように、これまでのことをどんどん忘れて行ってしまう。 彼女は特にそういったハンディキャップや疾患があるわけではない。 なのでつい最近のこ …

noimage

認められるということ

認める、というのは人が成す行為だ。 彼女は認められたいと思っている。 彼女は”人”が彼女を『認める』ことを望んでいるということだ。 彼女は「たぶん絵を認めてほしい」と思っている。 絵はただの絵だ。 彼 …

noimage

エビ反りする彼女

前回に引き続いて、次に訪ねたときは変わらず同じ背格好で彼女は横たわっていた。 もしやあの日僕が去ったあとからずっとそのまま一つの身動きもしなかったのではと 少し背筋が寒くなった。 確かに彼女は静かに横 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ