彼女の話

冬の彼女

投稿日:2017年1月14日 更新日:

ハッキリ言って冬の彼女はまるで役に立たない。

朝はますます起きなくなり、ぎりぎりまでコタツに居座り、外に出たくないとばかり考えていた挙句仕事に行くのに仕事着を忘れ、遅刻寸前に出社、帰ればエアコンとコタツの電源を真っ先に入れ、温まるまで寒いという理由で熱いお湯を浴びにバスルームへ行く。それから運よくキッチンに向かう気になれば夕食をコタツへ運ぶが、それに耐えきれない寒さ(もうエアコンも効いているのだから大したことはないのだ!)だとコタツへ直行し、空腹をガマンしてでもコタツに居座る。たまたまその辺にお菓子でも転がっていれば食べることもあるが、本を読み始めたり絵を描いたりパソコンに向かえば気も紛れるので空腹はあまり気にならない。

とにかく彼女は寒いのがとても!キライなのだ。
しつこくて申し訳ないが、彼女は寒さほど自分を不幸にするものはないのではないかと思っている。
彼女は真夏の40度近い暑さを経験しても、真冬よりはマシだと思っていた。

冬の彼女は部屋がどれだけ散らかっていこうと、冷蔵庫にモノがなくなろうと、たとえ何かに遅刻することになったとしてもずっとずっとずっと温かい空間にいることだけを目指している。
だから冬の彼女はますます外に出なくなってしまうのだが、
やむなく出かけなければならなくなった北風強く雪が散らんばかりのある夜、
彼女はもうどうして今こんな時に自分は外にいなければならないのかといい歳してぽろぽろ泣き出してしまった。

なんとも打たれ弱いだけ、運動でもしろ、と言ってしまえばそれまでなのだが、
僕はときどき寒さに異常に震える彼女をみて、
ひょっとしたらそれが彼女をいつか殺しうるような、そんな怯えにもみえてしまうことがある。

彼女は引っ越しをするとき、その空間のすべてが即効で暖かくなるようなこじんまりとした城をいつも選ぶ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

そのおびただしい全存在

そのおびただしい全存在

彼女はそれを見たとき自分のそれが本当に白糸であると思った。 彼女はナイアガラの滝をみたのだ。 その腕はもう入れるところがない、と言うほどに白い切り傷でいっぱいだった。 上腕にも太く白いあとがいくつか残 …

noimage

夢の話3

彼女はドラえもんやのび太たちが住んでるような 平たい街にすんでいるようだった。 高い建物がなく、一軒家がただ立ち並ぶ住宅街。 あの塀に囲まれた、車一台と人がやっと通れるような 薄いグレイの道を彼女は誰 …

彼女の隣人

彼女の隣人

彼女の城の隣では最近何か変化が起きたようだ。 時々宅配のおにいさんがピンポンを鳴らしたりしていたから 誰か住んでいるのは確かなようだった。 2,3ヶ月前まで隣人はおそらくほとんど帰っていないか、 もし …

noimage

強烈ノスタルジー

今年彼女は強烈なノスタルジーを感じる存在に出会った。 その存在をみたりきいたりしているとこころがぎゅいんとしたりほわんとしたりする。 その存在についてもっと知ろうと思えば知ることはできるのだが、 彼女 …

彼女とテレビ

彼女とテレビ

彼女はほとんどテレビを観ない。 唯一続けて毎週観ているのはイッテQで、出演者はみんな好きだが、 特に「イモトとオカリナと出川(親しみ込めて敬称略)」がとても好きだ。   ときどき気になるドラ …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ