彼女の話

彼女と時計

投稿日:

彼女の城には時計がない。
もう何年も置かない。

とにかく彼女はあの秒針のカチコチ音が大嫌いだ。
他の空間で寝なければならない時などはどこかに隠してしまうが、
そうできるときとできない時がもちろんある。
(ちなみに友人Nの家に泊まるときはこの秒針音に加えて、
コードレス掃除機の充電ランプがピカピカ光るという苦痛が加わる。
自分の掃除機を買った際はこの点も考慮した。
黙って充電できないのかとNに抗議するもNはまったく気に留めなかった。)
 
最近はスイープセコンド時計と言って、滑るように秒針が進み音が鳴らないものもあるのだが、
実はこれも構造上うっすらとごく小さく小さくではあるが音がなってしまう。
彼女は店で無意識にこのタイプの時計にも耳を当ててしまったばっかりに
この知らなければ気づかなかったかもしれない音に気づいてしまい、
このタイプの購入もやめてしまった。
 
もう一つは設定した時間になると秒針が止まる、という時計が最近あるようで
にわかに気になってはいる。
 
なぜ時計の話かというと彼女がもう10年以上使っている腕時計の電池が
また切れたからである。
時計のない空間で仕事にも行かなければならない彼女にとって
スマホはよくバッテリーが切れているか行方が分からなくなり、
パソコンもテレビもついていないことが多いので、
いつも腕時計で時間を確認することになる。
腕時計も外出時以外はつけないが、
彼女にとっては必須のものなのでいつも居場所が明らかだ。
 
電池が切れたことにきづいてこの1週間、彼女はかなりの不便を強いられた。
電池を買いに行けず、たかだが何時なのか知るのに
まずパソコンの電源を入れる、
またはテレビのリモコンを探す(あまりつけないのでぞんざいに本の中に紛れていたりする。)
もしくはスマホの充電をするといった手続きを踏まなければならなかった。
 
今日彼女はやっと手に入れた新しい小さな電池をそばに
腕時計の裏蓋をこじ開けながらやはり時計を買うべきか考えていた。
 
おそらくは次回またこの電池の寿命がやってくるまでこのテーマは忘れられることになるが。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

距離

「なぜ自分のものさしだけで私との距離を測るのか」 「ズカズカ入ってこようとするな、理解しようとなんてするな」 「気を遣ったようなフリをして、私のことを分かったような物言いはやめろ」 距離がとりにくい人 …

noimage

彼女は何の音もない世界にいるのが好きだ。 城の中は空気も動かないような静けさが横たわっている。 そんな時彼女は「ああ、なんて静かなんだろう」とその静謐に耳を傾ける。 嫌いな音が多い。 改造車やバイクの …

noimage

どんよりからの突破口

彼女は人に何かしてもらうのが苦手だ。 何かをもらう、とか手伝ってもらう、とか。 それはよくあるように人の手を煩わせるのは申し訳ないと思うから、というわけではなく、 できればそういったことはしてほしくな …

花がら

アンビバレンス2 ー花がら

HSPはとかく外界からの刺激に対する敏感さを挙げられることが多いが、 自分の内界からの刺激にもそれは同じである。 自分が作り上げた妄想世界を自分自身で衝撃的に拒否してしまったあとも、 彼女が完全にその …

彼女のおでかけー駅

彼女のおでかけー駅

彼女が駅をつかうようになったのはごくごく最近のことだ。 彼女が生まれ育った場所には駅はなくほとんど小説の中の想像上の場所だった。 ラピュタみたいなものだった。 今彼女が住む町には駅がある。 ベッドタウ …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ