彼女の話

咬みしめる彼女

投稿日:2017年2月1日 更新日:

先日歯医者に行って撮られた自分の歯を見た彼女は仰天した。
歯にヒビが入っていたのである。それも1本ではない。

彼女には咬みしめる癖がある。
歯医者によると、咬みしめの力は自分の体重ほどもある。
そのエネルギーはハンパない。


いつから咬みしめの癖がついてしまったのか分からないが、
寒さに耐えるとき、考え事をしているとき、集中しているとき、、、
気付けば下の歯と上の歯がしっかり仲良くくっついているのである。
人によっては1日1000回その負荷がかかる。

朝起きて頭痛がするときは間違いなく(?)夜通し食いしばったようなときで、
頭痛というより顔面痛なのだという。
そんな時は起きた瞬間から疲れていて、頬や目の下の筋肉や骨が痛いと訴える。


おかげで彼女の顎周りの筋肉はかなり発達してしまっているようで、
歯科で口を開けたときにも、そのつもりはなくても”もう少し力を抜いてリラックスしてください笑”と言われてどうしていいか困惑してしまう。

彼女は細身だが筋肉質だ。
僕も調べてみたら食いしばりは全身の筋肉に影響するようで、それを思えばなるほどという気もする。

彼女はとにかく自分の歯にヒビが入っているということにものすごくびっくりして、
今年こそどうにかしなければと危機感をもった。
歯医者が歯が砕ける人もいると脅すから。





参考ウェブサイト:歯とお口のことなら何でもわかるテーマパーク8020

※”脅す”と書きましたが、ほんとに噛みしめで歯が砕ける人もいるそうです。彼女の歯医者によると。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

「どうか 受け入れてほしい。 私がドアを開けたら 何も正さず 何も壊さず ただ ときどきでいいから 抱きしめてほしい。 」 関連

noimage

彼女のバイブル

彼女はすごくよく笑う人である。 微笑むとかではなく、声を上げてよく笑う。 とにかく何を言ってもよく笑うので、 人からお笑い偏差値が低すぎると言われたこともある。 これは彼女があまりテレビを観ないことに …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕4

ちなみにアメリカへお伺いをたてていた件だが、 もちろん返事はノーだった。 ドクターアーロンは出版社との契約によって厳しく制限を受けていて 文献からもウェブサイトからも引用は許可できない。 ドクターのア …

彼女の隣人

彼女の隣人

彼女の城の隣では最近何か変化が起きたようだ。 時々宅配のおにいさんがピンポンを鳴らしたりしていたから 誰か住んでいるのは確かなようだった。 2,3ヶ月前まで隣人はおそらくほとんど帰っていないか、 もし …

noimage

ミルクと牛乳

余談だが、ここで彼女になぜミルクなのかと尋ねられた。 牛乳ではいけないのか、というのだ。 僕はそこはそんなに重要ではないと話した。 彼女は眉をひそめた。 言葉を使うのにシャレづくなというのである。 ハ …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ