彼女の話

だれかのことを思うとき

投稿日:2016年12月25日 更新日:

今朝彼女の家には佐川急便やら郵便やらが入れ替わりたち替わりやってきて
大中小の箱をそれぞれ置いていった。
12月25日の朝、誰かから彼女へのクリスマスプレゼントだ。
彼女はみんなきちんとパーフェクトなタイミングで届けたものだと感心した。
(彼女は自分が贈ったものが果たして今日までに届いたか自信がない。)


彼女も昔はなんとなくクリスマスを冷めた目で眺めていたものだ。
商業的で大した信仰心もないのによくもまあ毎年毎年ここまでお祭り騒ぎができるものだ、と。
いつの頃か分からないが彼女があまりにも楽しそうな周囲をみて、ふと笑えてくるまで。


みんなだって別になんだっていいのである。
毎日が単調に過ぎていく中で、時々ゆっくりとしかし確実に近づいてくる何かの日。
バレンタインデーとか花火大会とか好きな映画の待ちに待った新作公開日とか。
わくわくできてささやかに日常を崩壊させるもの。


そしてそんな日に至るまで人は自分以外の誰かのことをよく思う。

最近何してんのかな
なんも言ってこないからまた忙しいかな
きっと変わらず本でも読んでるわね
誰かとどっか行くかな
引っ越すって言ってたけどどうなったんだろ
何贈ろうかな
好みが難しいんだよな


いつの頃からそれぞれのイベントの趣旨とか行事の意味とかはあまり重要ではないのだと気づいて、
彼女はなんとなくそわそわしてくる人たちを眺めながら年末を楽しめるようになった。


彼女が今日受け取った箱には新年から使える本革の財布(わお!)、大判のストール、靴下、大量のお菓子やカードがそれぞれ詰められていた。

「こんな自分のことを自分の知らない時に知らない場所で考えていた誰かがいた、という確実な事実が私のおなかをあたためる」

彼女は毎年そうしているようにプレゼントとカードを部屋の一番目につくところに並べた。



だれかのことを思うとき

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

「どうか 受け入れてほしい。 私がドアを開けたら 何も正さず 何も壊さず ただ ときどきでいいから 抱きしめてほしい。 」 関連

noimage

必然想起

ただだらりんと生活していてもふと必然に気づくことがある。 その度に僕らは意味のないことなんてないのかもと気付いたりする。 彼女には時折ぽん、と突拍子もなく思い出される記憶とか感覚とかいうものがあって、 …

noimage

どうにもならないやる気のなさ

彼女がどうにかなんとかできないものかと思っているのが この「どうにもならないやる気のなさ」である。 ときたま突然起こるようだが、一度この現象が起こってしまうと 彼女はもうその辺で転がっていることしかで …

noimage

友人N

彼女を語るうえで絶対に外すことができない存在が彼女の友人Nである。 Nなくして今の彼女はいないのである。 Nは「一番親しく古い友人であり、姉であり妹であり、遠くにいても近いひと」である。 Nは彼女の人 …

noimage

彼女を包む音

引越しをして彼女は色んな音に耳を傾けるようになった。 近くに川や木々が多くあることで、鳥が多い。 色んなさえずりが聞こえてくる。 時々は雨どいをトントン跳ねながらぴーちく言っている。 その足音はなんと …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ