彼女の話

だれかのことを思うとき

投稿日:2016年12月25日 更新日:

今朝彼女の家には佐川急便やら郵便やらが入れ替わりたち替わりやってきて
大中小の箱をそれぞれ置いていった。
12月25日の朝、誰かから彼女へのクリスマスプレゼントだ。
彼女はみんなきちんとパーフェクトなタイミングで届けたものだと感心した。
(彼女は自分が贈ったものが果たして今日までに届いたか自信がない。)


彼女も昔はなんとなくクリスマスを冷めた目で眺めていたものだ。
商業的で大した信仰心もないのによくもまあ毎年毎年ここまでお祭り騒ぎができるものだ、と。
いつの頃か分からないが彼女があまりにも楽しそうな周囲をみて、ふと笑えてくるまで。


みんなだって別になんだっていいのである。
毎日が単調に過ぎていく中で、時々ゆっくりとしかし確実に近づいてくる何かの日。
バレンタインデーとか花火大会とか好きな映画の待ちに待った新作公開日とか。
わくわくできてささやかに日常を崩壊させるもの。


そしてそんな日に至るまで人は自分以外の誰かのことをよく思う。

最近何してんのかな
なんも言ってこないからまた忙しいかな
きっと変わらず本でも読んでるわね
誰かとどっか行くかな
引っ越すって言ってたけどどうなったんだろ
何贈ろうかな
好みが難しいんだよな


いつの頃からそれぞれのイベントの趣旨とか行事の意味とかはあまり重要ではないのだと気づいて、
彼女はなんとなくそわそわしてくる人たちを眺めながら年末を楽しめるようになった。


彼女が今日受け取った箱には新年から使える本革の財布(わお!)、大判のストール、靴下、大量のお菓子やカードがそれぞれ詰められていた。

「こんな自分のことを自分の知らない時に知らない場所で考えていた誰かがいた、という確実な事実が私のおなかをあたためる」

彼女は毎年そうしているようにプレゼントとカードを部屋の一番目につくところに並べた。



だれかのことを思うとき

-彼女の話

執筆者:

関連記事

いちねんせいのかのじょ

いちねんせいのかのじょ1

ある晴れた朝、彼女はぼうっと城のベランダに腰かけて外をみていた。 ふと赤い生き物が視界の隅に入ってきて目を向けると、 それはランドセルを背負った小さな女の子だった。 まだ春休みのはずなのに、今日は登校 …

noimage

・線アフォーダンス

腱鞘炎が未だ治まらず点をあまり打たなくなった彼女は以前より線を多く引くようになった。 線を描いているときの彼女はすごく伸び伸びしているように見える。 なんというかもう少し大きなスケッチブックに描いたら …

noimage

好きなことを憂違う

彼女は絵を描くのが好きだ。 本を読むのも好きだ。 音楽を聴くのも好きだし、興味のあることを勉強するのも好きだ。 でもそれらのひとつも出来ない時がある。 彼女は人より少し疲れやすい。 一日中あらゆる刺激 …

朽ちかけの大木

彼女の写真: 朽ちかけの大木

彼女は写真を撮る。見るのも撮るのもマクロの写真が好きだ。 その中でも朽ちかけた木を特に愛する。 なぜかはよく分からない。   ちなみに彼女はカバやゾウも好きで、 朽ちかけた木の皮はそんな彼ら …

数字と中学生と彼女

数字と中学生と彼女

彼女は数字が大嫌いだ。 彼女は最近期末テストを間近に控えた中学生と話すことがあった。 この中学生の直近の問題は試験初日の数学だそうで彼女は気の毒で仕方がなかった。 聞けばこの子はもう数学教師がもはや日 …

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ