彼女の話

歯っ欠けの彼女

投稿日:

彼女の歯が砕けて欠けたらしい。
笑ってしまった。


幸い欠けた歯は前歯ではなく、それももともとしてあった詰め物が欠けたらしかった。
だから本物の歯が欠けたわけではないのだが、
彼女はついに恐れていたことが始まったのだとショックを受けた。
彼女には他にヒビが入っている本物の歯もある
今回は詰め物だったがこの次はホンモノが欠けるかもしれない。


詰め物詰め物と言ってはいるが、今回歯に穴が開いたのは事実なのである。
歯医者によると、咬みしめ癖がハンパないのでなるべくならセラミックを入れるよう勧められた。
ろくまんえん。
そこ5mmくらいの穴を埋めるのに6万かかるという。

というのも保険が適用されるプラスチックやいわゆる銀歯は
セラミックほどきれいには入らないし、
咬みしめ癖のある彼女には強度と耐久力もあるセラミックが理想的だという話なのだ。

彼女は「ろくまんえんかぁ」とぼんやり考えた。
彼女の口腔内には銀歯は1か所しかない。
歯医者もせっかくきれいなのだから銀歯もあまり薦めない、という。
彼女自身も銀歯はいやだな、と思った。
長い目で見れば6万円かけて今セラミックを入れておいた方がいいような気がしてきた。


と黙って考えていると、歯科医師は『どの点でお悩みですか?』と投げかけてきた。
その途端彼女はたった今までセラミックにしようかなと考えていたのに、
「6万円って高いですね」と呟いたのである。
彼女は自分でも少しびっくりした。
こういうことは時折あるのだが、
彼女は「歯科医師は『この人はきっと費用面で悩んでいるのだろう』と思っているだろうな。
だから決定的な一言を促すような質問をよこしたのだろうな」と即座に感じたのだ。
そして自分が直前まで考えていたことよりも先に、
この歯科医師が望んでいるだろう答えが口をついて出たのである。


結局彼女は保険内1400円ほどで済む白いプラスチックをはめ込んだ。
何もなければ2年くらいは大丈夫だろうと言われ彼女も納得してそうしたのだが、
自分の考えやら、それに反した言葉やら、この変わり身の早さといったら
自分でもなんだかおかしくなっちゃうなぁと苦笑する彼女であった。

それにしても彼女の咬みしめ癖は他の歯も砕くことになるのだろうか。
一体いくらかかるようになるのやら。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

スペクトルの中の零れる虚しさ

スペクトルの中に零れる虚しさ

どうしてこうなってしまったんだろう。 彼女は後ろを振り返ると、 嬉しかったことや楽しかったことをよく思い出す。 それなのになぜだか彼女は生まれて来なくてもよかった、と思っているのだ。 正確には彼女がハ …

noimage

咬みしめる彼女

先日歯医者に行って撮られた自分の歯を見た彼女は仰天した。 歯にヒビが入っていたのである。それも1本ではない。 彼女には咬みしめる癖がある。 歯医者によると、咬みしめの力は自分の体重ほどもある。 そのエ …

noimage

偏愛

彼女は好き嫌いが激しい。 嫌いなものは我慢ができないくらい嫌いだし、 好きなものはなんだかもうどうしようもないくらいに好きになってしまう。 とてもいい音楽を見つけてしまったときはそれから数か月は同じア …

noimage

涙の世界

彼女は目に涙をいっぱいに溜めていた。 僕は彼女が一体どこに視線を定めているのか分からなかった。 それはおそらく彼女から見えた世界も同じだったに違いない。 ちょうどプールで水面があなたの網膜を横切った時 …

noimage

彼女の年賀状

世の中はクリスマスが迫り、年の瀬が近づき、なんとなく気ぜわしい時節だ。 彼女にはクリスマス一緒に過ごす人もいないし、正月に帰る家もないので この時期も格別予定を考えたりすることもなく、毎年いつもの日々 …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ