彼女の話

検診

投稿日:

彼女は最近定期健診を受けた。
結果はおよそなんの病気にもなりそうにないカラダだということが分かった。
よかったよかった。


受けたのはエコーと心電図と血液検査だった。
エコーには相変わらず腫れた甲状腺といくつかの良性腫瘍が映っていた。
心電図では異常なく脈打っており、
採られた血液はいつもと同じようにどす黒かった。
彼女は自分の血を見るたびに血って黒いんだよな、と思う。


医師からは基準値よりも低血圧低血糖低脂質低たんぱく痩せすぎが伝えられたが、
彼女はそんなことよりも肝臓になんの異常もなく何よりだったと思った。
最近ダウンタイムのおかげで飲む時間まで増えているから少し恐れていた。


近頃の検査結果というのは大変分かりやすく絵やグラフ付きで書かれていて
素人でも自分の体について興味をもってよくよくみることができる。

それでも彼女はおびただしいカタカナやアルファベットや数字の羅列を眺めながら
体というのはよくできているのだなぁと自分の体を突然誇らしく思い、
頑張ってくれている体のためにお酒を少し控えることに思いを馳せ、
それから無性に赤い肉を食したくなったのだった。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女と花

彼女と花

彼女は花が好きじゃない。 唯一心を許せるのはかすみ草だと思われるが、実はそれもあまりよく接したことはない。 彼女は自分の城のベランダにプランターをいくつか置いていて、 ハーブの花が咲いたときはああ、咲 …

noimage

破れ仮面

彼女はそんなに簡単に仮面をつけることはできない。 自分の城、という自分だけの個室の空間にいていきなり”自分”以外にはなれないのである。 彼女がLINEを使わず、電話番号もごく一部の人にしか知らせないの …

noimage

彼女と自転車

彼女は車の免許をもっていないので、 必然的に移動は徒歩か電車やバス、そして自転車となる。 中でも自転車は彼女にとってとても愛着のある存在である。 エコで経済的で健康的、そして大体いつどこに行くにも一緒 …

noimage

愛する自信・愛される自信

僕は待つつもりだったのだが、思いがけず彼女が口を開いた。 それは彼女がコラージュをしているときだった。 「私は頭がおかしいんじゃない。 愛する自信も愛される自信もないだけなのだ」 それはとてもネガティ …

noimage

彼女の秘密

彼女はついに絵も描かなくなってしまった。 動悸もするし、ひどく憂鬱そうにしている。 呼吸がしにくいせいで酸素が脳や体内に行きわたっていないのか、 四六時中眠気と闘っている。 だからといって横になっても …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ