彼女の話

”変わる”ということは何かを”失くす”ということ。

投稿日:

”変わる”ということは何か”失くす”ということだ。


ある人たちにとっては当然かもしれないその事実に彼女はようやく気付きかけている。


彼女は変わるということについてほとんど意識すらしていなかった。
ただなんとなくそれは自分の中のいくつかを殺してしまうことだと思っていた。
普段はぐちゃぐちゃに絡まった糸に紛れて見えないだけで
変わるということと自分の内面の死が直結している、と感覚していたのである。


”あの公園の桜、今年は特にきれいですね”とか言ったりする人がいる。
でもその桜は毎年同じにきれいだった。
何か落ち込んでいた時、嬉しかったとき、心が動いていたその時、
見上げた先にあった桜が心に連動して”今年特にきれいに”見えた。
変化があったのは桜でなくてその人なのだ。


あなたにも経験がないだろうか。

今、この夕日を美しいと思っている自分は明日も同じに美しいと思うのだろうか。
今、目の前にいるこの人は明日も変わらず自分の前にいるのだろうか。
今、こんなにも胸を震わせるこの曲が明日も色あせずに響くだろうか。


今、と同じことを思えないとしたら
それは自分が変わってしまったから。
そう思えていた自分がいなくなってしまったから。
失くしてしまったから。
彼女はそう思っていた。
いや、今も思ってはいるだろう。


変わるということと自分の内面の死が直結している、という彼女の感覚はたぶん間違っていない。
今日見た夕日を美しいと思える自分が殺される瞬間はあるだろう。
時代も体も環境も変節の時には何かが確実に失われる。

しかし一つの時代が終わったとき、すっかり止まってしまった”時間”があっただろうか。
細胞のいくつかが失われたとき、あなたの体まで消滅するだろうか。
誰かとの別れがあったとき、あなたという人まで消えてしまっただろうか。


”変わる”ということは何かを”失くす”ということ。
そして”失くす”ということは必ずしも”終わり”ということではない。

構築と破壊、営為と解体、存在と不在、再生と死・・・
これらはずっと僕らの内面で繰り返されている。
彼女は構築し、営為をつづけ、存在までさせて動けなくなった。


彼女が行わないこの”失くす”仕事を今彼女の無意識が必死で代行している。
夜な夜なあらゆる死を見せつけ、どうかそれに気づいてほしいと。
苦しいのだと。



”変わる”ということは何かを”失くす”ということ

-彼女の話

執筆者:

関連記事

哲学の現代的意味

哲学の現代的意味

彼女は久しぶりに『ソフィーの世界』を開いていた。 読むでもなく、読まないでもなく、ページをパラパラめくっていた。 忘れかけていた疑問がいくつも蘇る。 そして思う。 「だれかわたしをわたしだと認めてはく …

noimage

彼女と夏

夏は子供のころから彼女に懐かしい何かを感じさせる。 自分に何か大きな転機が訪れるとするなら 冬でも春でもなくそれは夏だろうと今でもなぜか確信している。 このまとわりつくような暑さと、生の匂いのような緑 …

noimage

彼女のじんましん

ある夜、彼女は食事を作っていた。 冬の間は土鍋を好んで使う。 土鍋で作って食したものはどれも心身を熱くする。 土鍋の中に水を入れ、昆布を入れ、水でそそいだ茹でうどんを入れ、 卵を落として蓋をしたところ …

秋晴れ

秋晴れ

この日僕は彼女の城へ向かって川沿いを歩いていた。 今年の秋は本当によく晴れる。 彼女の城のすぐそばの芝生を抜けようとしたとき、 見慣れた後ろ姿に僕は足を止めた。 彼女が一人で背中を丸めて顎を空へ突き出 …

彼女と絵: 『私は絵の中で、音楽のように何か心慰めるものを表現したい(ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ)』

彼女が世界でいちばん好きな黄色はゴッホの『夜のカフェテラス』の黄色だ。 ゴッホが黄色を多用したのは有名な話だが、例によって彼女も世界中の多くの人たちと同じくあの黄色を愛している。 ゴッホは弟テオへ送っ …

noimage

2019/06/23

6月

noimage

2019/05/18

3月11日-ある春の日

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

記事内の彼女の絵や写真。
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ