彼女の話

”変わる”ということは何かを”失くす”ということ。

投稿日:

”変わる”ということは何か”失くす”ということだ。


ある人たちにとっては当然かもしれないその事実に彼女はようやく気付きかけている。


彼女は変わるということについてほとんど意識すらしていなかった。
ただなんとなくそれは自分の中のいくつかを殺してしまうことだと思っていた。
普段はぐちゃぐちゃに絡まった糸に紛れて見えないだけで
変わるということと自分の内面の死が直結している、と感覚していたのである。


”あの公園の桜、今年は特にきれいですね”とか言ったりする人がいる。
でもその桜は毎年同じにきれいだった。
何か落ち込んでいた時、嬉しかったとき、心が動いていたその時、
見上げた先にあった桜が心に連動して”今年特にきれいに”見えた。
変化があったのは桜でなくてその人なのだ。


あなたにも経験がないだろうか。

今、この夕日を美しいと思っている自分は明日も同じに美しいと思うのだろうか。
今、目の前にいるこの人は明日も変わらず自分の前にいるのだろうか。
今、こんなにも胸を震わせるこの曲が明日も色あせずに響くだろうか。


今、と同じことを思えないとしたら
それは自分が変わってしまったから。
そう思えていた自分がいなくなってしまったから。
失くしてしまったから。
彼女はそう思っていた。
いや、今も思ってはいるだろう。


変わるということと自分の内面の死が直結している、という彼女の感覚はたぶん間違っていない。
今日見た夕日を美しいと思える自分が殺される瞬間はあるだろう。
時代も体も環境も変節の時には何かが確実に失われる。

しかし一つの時代が終わったとき、すっかり止まってしまった”時間”があっただろうか。
細胞のいくつかが失われたとき、あなたの体まで消滅するだろうか。
誰かとの別れがあったとき、あなたという人まで消えてしまっただろうか。


”変わる”ということは何かを”失くす”ということ。
そして”失くす”ということは必ずしも”終わり”ということではない。

構築と破壊、営為と解体、存在と不在、再生と死・・・
これらはずっと僕らの内面で繰り返されている。
彼女は構築し、営為をつづけ、存在までさせて動けなくなった。


彼女が行わないこの”失くす”仕事を今彼女の無意識が必死で代行している。
夜な夜なあらゆる死を見せつけ、どうかそれに気づいてほしいと。
苦しいのだと。



”変わる”ということは何かを”失くす”ということ

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

どきどきする

彼女はときどき動悸がする。 甲状腺に軽い疾患があるためそのせいかもしれない。 一度始まると立ち上がるだけで息が上がるようになってしまうため できればおさまるまで深くゆっくり深呼吸しながら横になっている …

失い

失い

彼女はテレビをみない。 ニュースを見ていても、次々と流れてくる憂鬱な事件の連続に だんだん生気を奪われていくような心持がしてくる。 汚職、強盗、放火、飲酒運転、詐欺、暴行・・・ もしかしたらニュースは …

noimage

彼女の秘密

彼女はついに絵も描かなくなってしまった。 動悸もするし、ひどく憂鬱そうにしている。 呼吸がしにくいせいで酸素が脳や体内に行きわたっていないのか、 四六時中眠気と闘っている。 だからといって横になっても …

noimage

彼女と窮屈な箱

これも巨大物恐怖症と同じく彼女の弱点のひとつだが、 大きすぎるものと反対に彼女は狭い空間を嫌がる。 閉所恐怖症だ。 なぜこうなったかは分からないが、 とてもとても小さかったときの彼女はむしろそんな場所 …

noimage

抗えないもの

彼女は自分の体の異変を認めざるを得なくなってきた。 頭痛に悩まされているのは以前からだが、それ以上におかしいのだと呟いた。 少し不安気だった。 朝目が覚めたとき、脳がとけてスライムになったようにドロリ …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ