彼女の話

彼女と車

投稿日:2016年12月15日 更新日:

彼女は車の運転ができない。

免許を持っていないのだ。

今まで、ないならないでどうにかなるものでさして困ったことはなかったのだが

最近彼女はそろそろ免許をとろうか、と考えている。

 

運転しないせいかはわからないが、

彼女は物心ついたときから車に不思議な感覚を持ってしまうことがあった。

それはよく大きな通りを歩道橋や橋や高速道路から見下ろす、といった状況で起こるのだが、

規則正しく動くたくさんの車の中から突然ドライバーも同乗者もみんな消えてしまい、

車だけが勝手に動きだしてしまう、という感覚だ。

それはたとえば近未来の映画に出てくるような自動運転とか、

車体の底に強力なマグネットが取り付けられていて

それらをどこかで誰かが制御している、といったような類の感覚ではなく

車たちそれぞれが意思をもって走りまじめに止まりルールに従って右折している、といったものだ。

 

子供の頃はじめてその現象に出会ったときは、

それが現実ではなく自分の中だけで起こっているものだと認識できずひどく狼狽した。

こわいような気もしたし、アニメをみているみたいだ、とも思った。

 

彼女は今でもそんな風景にであえばしばらくぼんやりと眺めている。

彼らは彼らの自由意思でどこへ行くだろう。

そして自分が運転した時、

突如として消えてしまうドライバーとしての自分はどこへ行けるだろう。

それも少しこわいような気もするし、楽しみであるような気もしている。

 

 

彼女と車

-彼女の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

noimage

彼女と自転車

彼女は車の免許をもっていないので、 必然的に移動は徒歩か電車やバス、そして自転車となる。 中でも自転車は彼女にとってとても愛着のある存在である。 エコで経済的で健康的、そして大体いつどこに行くにも一緒 …

noimage

歯っ欠けの彼女

彼女の歯が砕けて欠けたらしい。 笑ってしまった。 幸い欠けた歯は前歯ではなく、それももともとしてあった詰め物が欠けたらしかった。 だから本物の歯が欠けたわけではないのだが、 彼女はついに恐れていたこと …

noimage

彼女とモネ

彼女はモネに対して少し複雑な感情を抱いている。   美術館で著名な画家の絵や有名な作品を見ると彼女はいつも同じことを思う。 全部ニセモノかもな・・・   フランスから初来日した絵だ …

noimage

彼女と絵: パウル・クレー

パウル・クレーは彼女が今のところ「いちばん好きだ」という画家だ。 (今のところ、というのは自分はまだ世界中のすべての絵を見たわけではないから、ということだ。)   彼の作品にはたくさんの色を …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕2

彼女はクソがつくほど真面目で正義感が強くルールや秩序を重んじる。 正しくあろうと誰よりも目指しながら、でも人は正しいばかりではいられないと苦しむ。 今回の件について彼女は少しも悪くない。 僕は”HSP …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ