彼女の話

彼女と車

投稿日:2016年12月15日 更新日:

彼女は車の運転ができない。

免許を持っていないのだ。

今まで、ないならないでどうにかなるものでさして困ったことはなかったのだが

最近彼女はそろそろ免許をとろうか、と考えている。

 

運転しないせいかはわからないが、

彼女は物心ついたときから車に不思議な感覚を持ってしまうことがあった。

それはよく大きな通りを歩道橋や橋や高速道路から見下ろす、といった状況で起こるのだが、

規則正しく動くたくさんの車の中から突然ドライバーも同乗者もみんな消えてしまい、

車だけが勝手に動きだしてしまう、という感覚だ。

それはたとえば近未来の映画に出てくるような自動運転とか、

車体の底に強力なマグネットが取り付けられていて

それらをどこかで誰かが制御している、といったような類の感覚ではなく

車たちそれぞれが意思をもって走りまじめに止まりルールに従って右折している、といったものだ。

 

子供の頃はじめてその現象に出会ったときは、

それが現実ではなく自分の中だけで起こっているものだと認識できずひどく狼狽した。

こわいような気もしたし、アニメをみているみたいだ、とも思った。

 

彼女は今でもそんな風景にであえばしばらくぼんやりと眺めている。

彼らは彼らの自由意思でどこへ行くだろう。

そして自分が運転した時、

突如として消えてしまうドライバーとしての自分はどこへ行けるだろう。

それも少しこわいような気もするし、楽しみであるような気もしている。

 

 

彼女と車

-彼女の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

noimage

何もない日

朝早く起きられたということ。 シンとした空気に触れられたこと。 本を読めたこと。 朝食をいつもより多く食べられたこと。 日焼け止めをきちんと塗って外出したこと。 通勤ラッシュの中知らない誰かが車を止め …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕3

こういう時僕はすごく思う。 少し知識のある人がこれまでの彼女の話を読んだならおそらく見当がついているだろう。 そう、おそらく彼女はHSSだ。 海外でフラフラ数年暮らし、 7、8時間のトレッキングもひと …

今ここ

今ここ

彼女が引越しをした。 久しぶりに行ってみたら人がいない物件にかけられる例の水道局の袋がドアノブにひっかかっていた。 水滴に目とか鼻とか乗っけてある、よくあるあのイラストがゆらゆら風に揺さぶられていた。 …

noimage

検診

彼女は最近定期健診を受けた。 結果はおよそなんの病気にもなりそうにないカラダだということが分かった。 よかったよかった。 受けたのはエコーと心電図と血液検査だった。 エコーには相変わらず腫れた甲状腺と …

noimage

暖房便座と彼女の熱量

彼女はフローリングの床の上に文字通り転がっていた。 「真冬の立体駐車場のコンクリートの上に転がっているみたいだ」と呟いた。 「今日はすごく寒いね」 真夏ほどではないにしても外気温はまだ30度近くある。 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ