彼女の話

彼女のカメラ

投稿日:2017年1月27日 更新日:

彼女はときどき写真を撮るが、そのカメラがハッキリ言ってくそだ。

学生時代彼女はコニカミノルタのものすごく古い一眼レフカメラを使って撮っていた。
その頃はもうデジカメもあったが、彼女はわざわざ白黒フィルムを買ってそのカメラにはめ込んでいた。
今そのカメラでそのフィルムで撮ったモノクロ写真を見ると、加工されたモノクロ写真との違いをハッキリ見てとれる。
もう30~40年もしくはそれ以上前に発売されたカメラではなかったか。

彼女がなぜそのカメラを使わなくなったかといえば、理由は単純、壊れたからである。
もらった当時でさえ、やっと撮影できる、という程のカビが生えていたり、
不調はしょっちゅうであったが、ついにある日シャッターが切れなくなった。
当時は修理する資金もなく、しばらく置いていたが引っ越しを繰り返すうちに気付いた時には撮られた大量の写真と共に行方が知れなくなってしまった。
彼女は今なら修理できるかもしれないのにな、とときどき思い出す。


しかしそれと同時に彼女は実は何で撮るかはあまりこだわっていない、ということにも気づく。
コニカミノルタのカメラは確かに好きだったが、その性能とかそれが生み出す情緒的な写真というよりも、
単に彼女は古いものが好きなのである。

こだわらない彼女は今何で撮っているかというと、
しょっちゅう電源が落ちるようになってしまった約10年前に買ったデジカメか、安いスマホのカメラだ。
彼女は通信手段としてしかスマホをみていないので、それに付随するカメラの性能などより本体価格重視で買っている。
それくらいカメラはどうでもいいようなのである。

僕はせめてiPhoneにすればいいのにと思うのだが、
撮りたいものが今もっているもので撮れなければ、それはそれでその刹那で終わるもの、それだけだという。



彼女のカメラ

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と税金

彼女は別に貧乏ではないがお金持ちでもない。 大体は根っからの倹約家であるため、ムダにお金を使うこともないが、 かといってその時に必要だと思えば大枚をはたくこともあまりいとわない。 この間のように2か月 …

彼女のおでかけ

彼女のおでかけ

彼女は実は結構服が好きだ。 あまり出かけることがないので持っていても出番はないだろう、と買わないことが多いのだが、 クローゼットにある服はどれも気に入っている。 ただし彼女の深く深く考える癖はこういう …

彼女の洞窟リテラシー

彼女の洞窟リテラシー

彼女は本当はずっと小さな頃からずっとずっと感じていたのだ。 自分は何か違うということを。 どんなに自己主張が強くてもちっとも伝わらないことはどこかで分かっていた。 むしろあの頃の方が自分の中の宇宙に気 …

アンビバレンス

アンビバレンス

「もういいから!!出てこないで!もう必要ないからもう行って!!!」 朝4時前だった。 彼女はずっと眠れずにいて、数時間眠っていたかと思うとまた目が覚めを繰り返し、 この時は起き上がってベッドに腰かけ文 …

noimage

彼女はそんなふうにできている

彼女は自分は風邪をひかないと思っている。 はっきり言って彼女がそう妄信する根拠は何もないのだが、 強いて言えば彼女の体温が高い、ということはあるかもしれない。 37度ある日もざらで、 検診などで毎度微 …

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ