彼女の話

彼女のカメラ

投稿日:2017年1月27日 更新日:

彼女はときどき写真を撮るが、そのカメラがハッキリ言ってくそだ。

学生時代彼女はコニカミノルタのものすごく古い一眼レフカメラを使って撮っていた。
その頃はもうデジカメもあったが、彼女はわざわざ白黒フィルムを買ってそのカメラにはめ込んでいた。
今そのカメラでそのフィルムで撮ったモノクロ写真を見ると、加工されたモノクロ写真との違いをハッキリ見てとれる。
もう30~40年もしくはそれ以上前に発売されたカメラではなかったか。

彼女がなぜそのカメラを使わなくなったかといえば、理由は単純、壊れたからである。
もらった当時でさえ、やっと撮影できる、という程のカビが生えていたり、
不調はしょっちゅうであったが、ついにある日シャッターが切れなくなった。
当時は修理する資金もなく、しばらく置いていたが引っ越しを繰り返すうちに気付いた時には撮られた大量の写真と共に行方が知れなくなってしまった。
彼女は今なら修理できるかもしれないのにな、とときどき思い出す。


しかしそれと同時に彼女は実は何で撮るかはあまりこだわっていない、ということにも気づく。
コニカミノルタのカメラは確かに好きだったが、その性能とかそれが生み出す情緒的な写真というよりも、
単に彼女は古いものが好きなのである。

こだわらない彼女は今何で撮っているかというと、
しょっちゅう電源が落ちるようになってしまった約10年前に買ったデジカメか、安いスマホのカメラだ。
彼女は通信手段としてしかスマホをみていないので、それに付随するカメラの性能などより本体価格重視で買っている。
それくらいカメラはどうでもいいようなのである。

僕はせめてiPhoneにすればいいのにと思うのだが、
撮りたいものが今もっているもので撮れなければ、それはそれでその刹那で終わるもの、それだけだという。



彼女のカメラ

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女はまた少し小さくなった

彼女はあまり大きくない。 考えることを止めることができないので、そのために四六時中神経をすり減らし、 結果食べても食べてもほとんど太ることができない。   最近彼女はまた少し痩せた。 手首を …

noimage

彼女と飲み会

昨夜は彼女の職場の飲み会があった。   彼女はいつだってできるだけ早く自分の城に帰りたいと思っているし、 何より人と長い時間接しているのが苦手だ。 彼女は飲み会が好きじゃない。 しかも一日中 …

noimage

腱鞘炎

彼女は最近線を描く。 あまりたくさんの点がかけなくなってしまったからだ。 会う医者や治療者によって腱鞘炎だと言われたり手根症候群だと言われたり色々だが、 とにかく昔から彼女は手をよくやられる。 腱鞘炎 …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕3

こういう時僕はすごく思う。 少し知識のある人がこれまでの彼女の話を読んだならおそらく見当がついているだろう。 そう、おそらく彼女はHSSだ。 海外でフラフラ数年暮らし、 7、8時間のトレッキングもひと …

彼女と酒

彼女と酒

彼女は酒が好きだ。 飲み会は嫌いだが、ひとりで飲むのはとても好きだ。 昔は平日も仕事の後の楽しみに発泡酒を1本飲んでいたが、 知り合いにノンアルコールをすすめられて以来、平日はALL FREEで事足り …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ