彼女の話

何もない日

投稿日:

朝早く起きられたということ。
シンとした空気に触れられたこと。
本を読めたこと。
朝食をいつもより多く食べられたこと。
日焼け止めをきちんと塗って外出したこと。

通勤ラッシュの中知らない誰かが車を止めて横断歩道を渡らせてくれたこと。
信号や踏切にあまりひっかからなかったこと。
小さな子どもがまだ短い足で一生懸命歩いていたこと。
母親がその幼い手を横で握っていたこと。

職場でたくさんの人が笑顔であいさつをしてくれたこと。
ささいなことで大笑いし合えたこと。
知りたいことがまだまだたくさんあること。
上司が時間きっかりに上がらせてくれたこと。

日が落ちて涼んだ風が気持ちよかったこと。
作り置きしていたおかずがおいしかったこと。
久しぶりに観た『紅の豚』がやっぱり最高だったこと。
きちんと洗濯を夜のうちに済ませられたこと。

とてもとても疲れてよく眠れそうだということ。


何ものにも心を乱暴に揺さぶれることも
激しく鼓動を打つような事態も、何もない日。
彼女はこんな小さなことをイチイチ記憶に留めて大切に思い返すことができる。
そしてそのことに感謝している。



-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

痛み

彼女は痛がりだ。 彼女はそんなことない、ほんとに痛いのだと神妙に言うのだが、 ちょっと大げさなような気もする、と時々思う。 たとえばマッサージに行ったとき、痛かったらいってくださいね、と言われたので …

noimage

いちねんせいのかのじょ2

彼女はそもそも学校を思い出すのも苦手だ。 小学校も中学校も高校も大嫌いだった。 小学校に入学してから数ヶ月間、彼女は教室へ行けなかった。 いつもお腹を痛がって保健室で過ごしていた。 仮病だと言われたり …

noimage

友人N

彼女を語るうえで絶対に外すことができない存在が彼女の友人Nである。 Nなくして今の彼女はいないのである。 Nは「一番親しく古い友人であり、姉であり妹であり、遠くにいても近いひと」である。 Nは彼女の人 …

肺

彼女は最近ある男性がぜんそくで亡くなったことを聞いた。 知り合いの知り合いの話で彼女は会ったこともない。 男性は若いころからハチャメチャの生活をしていて、 周りによく迷惑をかけてる生活を送っていたそう …

怒りと光り

怒りと光り

このタイトルを見て、僕は一体何を書こうとしていたのかまったく思い出せない。 下書きフォルダでほこりをかぶっていただけのタイトル。 だけどほうっておけないかもしれないこのときの出来事を 僕は世の中に上げ …

怒りと光り

2019/07/07

怒りと光り

noimage

2019/06/26

吐き出される夢

noimage

2019/06/23

6月

記事内の彼女の絵や写真。
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ