彼女の話

何もない日

投稿日:

朝早く起きられたということ。
シンとした空気に触れられたこと。
本を読めたこと。
朝食をいつもより多く食べられたこと。
日焼け止めをきちんと塗って外出したこと。

通勤ラッシュの中知らない誰かが車を止めて横断歩道を渡らせてくれたこと。
信号や踏切にあまりひっかからなかったこと。
小さな子どもがまだ短い足で一生懸命歩いていたこと。
母親がその幼い手を横で握っていたこと。

職場でたくさんの人が笑顔であいさつをしてくれたこと。
ささいなことで大笑いし合えたこと。
知りたいことがまだまだたくさんあること。
上司が時間きっかりに上がらせてくれたこと。

日が落ちて涼んだ風が気持ちよかったこと。
作り置きしていたおかずがおいしかったこと。
久しぶりに観た『紅の豚』がやっぱり最高だったこと。
きちんと洗濯を夜のうちに済ませられたこと。

とてもとても疲れてよく眠れそうだということ。


何ものにも心を乱暴に揺さぶれることも
激しく鼓動を打つような事態も、何もない日。
彼女はこんな小さなことをイチイチ記憶に留めて大切に思い返すことができる。
そしてそのことに感謝している。



-彼女の話

執筆者:

関連記事

純音の朝

純音の朝

いつまでこんな夜を いつまでこんな朝を 一体いつまで、続けるのだろう。 どうしてこうなってしまったんだろう。 どうしてこんなにもひとりになってしまったんだろう。 毎朝聴くあの無機質な音。 彼女自身が作 …

noimage

におい

彼女の鼻は大抵詰まっている。 なので匂いにはそんなに敏感ではないはずなのだが、 そんな時でもやたらと気になる匂いというのがいくつかある。 まず決して受けつけないのはタバコの臭いだ。 これはいついかなる …

彼女に触れるもの

彼女に触れるもの

彼女はピッタリ肌にはりつくような服は嫌いだ。 窮屈で身に着けたがらない。 ダボっとしたのやふわふわした服をよく来ている。 ワンピースは好きだ。 もちろんチクチクする化学繊維のニットやマフラーなんかもよ …

彼女が死ぬとき

彼女が死ぬとき

彼女は願っている。 自分が死ぬとき それは誰かが生き延びるとき。 彼女は死をとても恐れている。 死ぬときのことを思うと怖くて怖くてたまらない。 死ななければならないのに、どうして生まれてきてしまったの …

noimage

彼女はまた少し小さくなった

彼女はあまり大きくない。 考えることを止めることができないので、そのために四六時中神経をすり減らし、 結果食べても食べてもほとんど太ることができない。   最近彼女はまた少し痩せた。 手首を …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ