彼女の話

何もない日

投稿日:

朝早く起きられたということ。
シンとした空気に触れられたこと。
本を読めたこと。
朝食をいつもより多く食べられたこと。
日焼け止めをきちんと塗って外出したこと。

通勤ラッシュの中知らない誰かが車を止めて横断歩道を渡らせてくれたこと。
信号や踏切にあまりひっかからなかったこと。
小さな子どもがまだ短い足で一生懸命歩いていたこと。
母親がその幼い手を横で握っていたこと。

職場でたくさんの人が笑顔であいさつをしてくれたこと。
ささいなことで大笑いし合えたこと。
知りたいことがまだまだたくさんあること。
上司が時間きっかりに上がらせてくれたこと。

日が落ちて涼んだ風が気持ちよかったこと。
作り置きしていたおかずがおいしかったこと。
久しぶりに観た『紅の豚』がやっぱり最高だったこと。
きちんと洗濯を夜のうちに済ませられたこと。

とてもとても疲れてよく眠れそうだということ。


何ものにも心を乱暴に揺さぶれることも
激しく鼓動を打つような事態も、何もない日。
彼女はこんな小さなことをイチイチ記憶に留めて大切に思い返すことができる。
そしてそのことに感謝している。



-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

ふきとぜんまい

彼女は先日見知らぬ人からふきとぜんまいの煮びたしをもらった。 見知らぬ人と言っても、道で会った人ではなくて、 知り合いを通して知り合いの知り合いからもらったのだ。 (なんだか余計分かりにくいが。) ( …

noimage

彼女の頭の中のいちばん外側

彼女はいつも自分は結局一体なんなのだろう、と考える。 自分の行動を振り返る。 その時にそれは一般的な行動であったのか、 それとも自分の本来の性格によるものだったのか、 そして、それとも自分のその気質の …

彼女のおでかけー駅

彼女のおでかけー駅

彼女が駅をつかうようになったのはごくごく最近のことだ。 彼女が生まれ育った場所には駅はなくほとんど小説の中の想像上の場所だった。 ラピュタみたいなものだった。 今彼女が住む町には駅がある。 ベッドタウ …

noimage

水面に浮かび上がる絵

田植えの時期だ。 彼女は少しずつワクワクし始める。 今年の梅雨は降水量が少ないようだ。 梅雨に入ったとは言いながら日が差している日の方が多い。 彼女は少し知っているだけの農家のおじさんと顔を合わせるた …

スキン・ピッキング/Living

スキン・ピッキング/Living

彼女のスキン・ピッキングが始まったのは幼少期である。 彼女は保育園のお昼寝で使う布団の端から端まで血のドットを並べた。 血は皮をむしった彼女の唇からあふれ出たものだった。 こんなことをしたらおかしく思 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ