彼女の話

たくさんの話から

投稿日:2017年6月9日 更新日:

彼女の上司は大変いい人である。
色んな事を知っていて好奇心旺盛な人であり、腰が低く人脈が広い。
感性も鋭くよく気が利き、ユーモアに富み周りへの気遣いや配慮に溢れた人だ。
彼はおそらくHSPであるようで、どうもその気質については知らないようだ。
しかし彼女は何かの折、「それは俺らにしか分からない感覚だから、自信もって使った方がいい」
とふっと言われたことがある。
HSPについて知らずとも、彼女の存在が自分と何かが同じであると気づいているようだ。
さすがHSPといったところだろうか。

(彼女の話を聞いている限り、彼がHSPである可能性は限りなく高いが、
同じHSPで彼と彼女とこうも違うものかと僕は正直驚いている。
前述のとおり彼は彼女と比べるとかなり外向的で社交的だ。)


彼は彼女よりいくらか若いらしいのだが、自分でビジネスを展開している。
そこに行きつくまで彼はおそらく様々な経験と知識を得たのだろうが、
彼女は彼と話しているとその話題の豊富さと彼の感性が時々怖くなってくる。

彼女は一度にたくさんのことは受け入れられない。
他人のものでも自分のものでも音でも感情でも色でも風でも、
とにかくあまりに多くはだめなのである。

この上司はある程度自分はこう思う、という謙虚ながら確固たる意思を持っている人だ。
彼女はその強さに感心する一方で、
話題が移る度にそのあまりに玉虫色に変化する感性や思考に途中から頭がグラつくのを感じ始める。
ペルソナのおかげで表向きは楽しく会話するのだが、
漠然とした不安がその会話の所産だか残渣だかとなってふわっと暗闇に浮かび上がるのだという。
そして「この人に今後どんな言葉なら発していいのだろう」と思うのである。


要するに彼女はこの人にこんなことをいったらどんなことを思うのだろう、と
心配しているのかもしれない。
確かに、彼が彼女と同じ気質を持っているのだとしたら、
彼も彼女と同じように様々に思いを巡らせ、考えに考え抜き、
そして驚くような受け止め方をするかもしれない。
彼女としてはそれは不本意なのである。


でも彼は彼女じゃない。
前述したように彼と彼女では全然違う。
いつも人の話を聞いて驚くような受け止め方をするのは彼女自身なのである。
単純に自分もそうだから、人も同じようにするかもしれない、と思っているのである。
会話の中の彼のたくさんの言葉や気持ちがおそらくは彼女を混乱させた。
彼女の言葉について予測しないことを返す人だと認識されてしまえば
下手すると彼女はこの上司となるべく話さないようにしてしまうようになるかもしれない。

信じられないことだが、ほんとにそういうことを選択してしまうのが彼女なのである。



-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

青りんごの彼女

彼女は自分のことを話すのがあまり得意ではない。 そのせいで言葉足らずになって誤解を受けることも多い。 彼女はそれをものすごく気にする。 人は自分のイメージで話をすることが多い。 自分が青リンゴとして話 …

彼女の隣人

彼女の隣人

彼女の城の隣では最近何か変化が起きたようだ。 時々宅配のおにいさんがピンポンを鳴らしたりしていたから 誰か住んでいるのは確かなようだった。 2,3ヶ月前まで隣人はおそらくほとんど帰っていないか、 もし …

noimage

どんよりからの突破口

彼女は人に何かしてもらうのが苦手だ。 何かをもらう、とか手伝ってもらう、とか。 それはよくあるように人の手を煩わせるのは申し訳ないと思うから、というわけではなく、 できればそういったことはしてほしくな …

noimage

涙の世界

彼女は目に涙をいっぱいに溜めていた。 僕は彼女が一体どこに視線を定めているのか分からなかった。 それはおそらく彼女から見えた世界も同じだったに違いない。 ちょうどプールで水面があなたの網膜を横切った時 …

noimage

泥の中に手を

彼女はある夏の日のことを後悔している。 その時彼女はひとりで7時間行程の山登りをした。 山登りといっても山登りとハイキングの間みたいなものだった。 彼女はときどきこうやってひとりで人のいないところへ行 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ