彼女の話

たくさんの話から

投稿日:2017年6月9日 更新日:

彼女の上司は大変いい人である。
色んな事を知っていて好奇心旺盛な人であり、腰が低く人脈が広い。
感性も鋭くよく気が利き、ユーモアに富み周りへの気遣いや配慮に溢れた人だ。
彼はおそらくHSPであるようで、どうもその気質については知らないようだ。
しかし彼女は何かの折、「それは俺らにしか分からない感覚だから、自信もって使った方がいい」
とふっと言われたことがある。
HSPについて知らずとも、彼女の存在が自分と何かが同じであると気づいているようだ。
さすがHSPといったところだろうか。

(彼女の話を聞いている限り、彼がHSPである可能性は限りなく高いが、
同じHSPで彼と彼女とこうも違うものかと僕は正直驚いている。
前述のとおり彼は彼女と比べるとかなり外向的で社交的だ。)


彼は彼女よりいくらか若いらしいのだが、自分でビジネスを展開している。
そこに行きつくまで彼はおそらく様々な経験と知識を得たのだろうが、
彼女は彼と話しているとその話題の豊富さと彼の感性が時々怖くなってくる。

彼女は一度にたくさんのことは受け入れられない。
他人のものでも自分のものでも音でも感情でも色でも風でも、
とにかくあまりに多くはだめなのである。

この上司はある程度自分はこう思う、という謙虚ながら確固たる意思を持っている人だ。
彼女はその強さに感心する一方で、
話題が移る度にそのあまりに玉虫色に変化する感性や思考に途中から頭がグラつくのを感じ始める。
ペルソナのおかげで表向きは楽しく会話するのだが、
漠然とした不安がその会話の所産だか残渣だかとなってふわっと暗闇に浮かび上がるのだという。
そして「この人に今後どんな言葉なら発していいのだろう」と思うのである。


要するに彼女はこの人にこんなことをいったらどんなことを思うのだろう、と
心配しているのかもしれない。
確かに、彼が彼女と同じ気質を持っているのだとしたら、
彼も彼女と同じように様々に思いを巡らせ、考えに考え抜き、
そして驚くような受け止め方をするかもしれない。
彼女としてはそれは不本意なのである。


でも彼は彼女じゃない。
前述したように彼と彼女では全然違う。
いつも人の話を聞いて驚くような受け止め方をするのは彼女自身なのである。
単純に自分もそうだから、人も同じようにするかもしれない、と思っているのである。
会話の中の彼のたくさんの言葉や気持ちがおそらくは彼女を混乱させた。
彼女の言葉について予測しないことを返す人だと認識されてしまえば
下手すると彼女はこの上司となるべく話さないようにしてしまうようになるかもしれない。

信じられないことだが、ほんとにそういうことを選択してしまうのが彼女なのである。



-彼女の話

執筆者:

関連記事

なんという赤!

なんという赤!

無理して笑ってるでしょ 男は目の前にいたのだが、彼女は こいつ後ろから私を見ている、と悟った。 私のななめ後ろにいて、仮面と顔の境目にできた影を見てる、と思った。 はっと気づいた時、男はさらに畳みかけ …

恋判定

判定

その人について考えが止まらない間、他のことが完全に飛んでしまう。 そしてそれは彼女が彼女であるという自信を喪失させ、 自分が自分ではなく、誰かに乗っ取られてしまったかのような不安が押し寄せてくる。 そ …

noimage

エビ反りする彼女

前回に引き続いて、次に訪ねたときは変わらず同じ背格好で彼女は横たわっていた。 もしやあの日僕が去ったあとからずっとそのまま一つの身動きもしなかったのではと 少し背筋が寒くなった。 確かに彼女は静かに横 …

noimage

「嘘ってなんだろう」 彼女は嘘についてよく考える。 昔彼女は嘘は2種類あると思っていた。 黒い嘘と白い嘘ってやつだ。 「大人」になって、もう一つそのどちらにも分類できない 自分を守るための嘘があること …

noimage

彼女と税金

彼女は別に貧乏ではないがお金持ちでもない。 大体は根っからの倹約家であるため、ムダにお金を使うこともないが、 かといってその時に必要だと思えば大枚をはたくこともあまりいとわない。 この間のように2か月 …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ