彼女の話

どんよりからの突破口

投稿日:2017年6月11日 更新日:

彼女は人に何かしてもらうのが苦手だ。
何かをもらう、とか手伝ってもらう、とか。
それはよくあるように人の手を煩わせるのは申し訳ないと思うから、というわけではなく、
できればそういったことはしてほしくない、のである。

なぜ嫌なのかは分からないが、とにかくそういったことがあると少しどんよりするのだ。
いや、少し感謝して大分どんより、が正しい。


例えば彼女の家の天井はかなり高く、電球を替えるのが非常に困難だ。
脚立もないし、もしあってもそもそも彼女では届かない。
しかし彼女の職場の人はおそらくそれを聞けば誰かが来てやってくれるだろうと思われる。
世話好きや面倒見のいい人がいるからだ。
ひとり暮らしで男手がなく困った時には声をかけてくれ、と言ってもらえているくらいだ。
彼らと彼女の関係は良好で、頼めない間柄ではない。
でも彼女は頼まない。
その時だけの関係で終わる業者に電話し、お金を払って済ますだろう。

例えば結婚式に招待される。
90%以上どんよりが予想される。
その日彼女が家で一人で居させてもらえるならば90%お祝いすることができるのだが、
出席となればその一か月前からもう憂鬱の嵐でおよそ健全な精神生活を送ることは諦めなければならない。
どちらにせよ残りの10%は、5%招待への感謝、残りの5%は寂しさ、などに配分されるだろう。
(ちなみに彼女は大人になって一度も結婚式に出席したことがない。)


彼女にとっては何もしてくれないことが一番なのだ。
結婚式も事後報告がありがたい。
なんという捻くれたやつだ、と思うが彼女はそういう人なのである。


彼女自身、それで何が悲しいかと言うと
いつもどんよりが先行して感謝の気持ちがあまりにも早くフェードアウトしてしまうこと。
自分は誰かに心から感謝するということをしているのだろうか、と不安になること。
そうできないほど自分のことばかり考えていること。

彼女は自分でも気づいているのだが、
そもそも彼女自身がその場の雰囲気とか義務感抜きに
誰かに手を貸すとか誰かのために何かをする、とかいった経験がかなり貧弱だという事実がある。
そして、自分にも何かができる、という突破口を探し求めているという事実も。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

怒りと光り

怒りと光り

このタイトルを見て、僕は一体何を書こうとしていたのかまったく思い出せない。 下書きフォルダでほこりをかぶっていただけのタイトル。 だけどほうっておけないかもしれないこのときの出来事を 僕は世の中に上げ …

人にやさしくするということ

人にやさしくするということ

彼女は人にやさしくするとはどういうことだろうとこれもまた長年考えている。 彼女は別にやさしくないわけではない。 でもそれが果たして本当に自分の内面からくるやさしさなのか、それはわからないという。 &n …

2001.9.11のあの夜

2001.9.11のあの夜

あの9.11から16年も経った。 彼女はあの夜のことを16回も思い出しているということだ。 その頃彼女はMD/CDラジカセを愛用していた。 使うのはもっぱらMDやCDでラジオの電源を入れることはほとん …

noimage

ある朝

彼女はもう何年も飲まない日の方が少ない毎日だった。 飲みすぎることも時にはあったが、ほとんどは彼女の日々のささやかな楽しみであった。 ある朝彼女はいつものように目を醒まし、 いつものように布団から抜け …

noimage

共鳴する彼女

彼女は知らない人と話すが苦手だ。 それにも関わらず見知らぬ人に話しかけられやすい。 たとえば職場に新しい人が入ってきたとき、 彼女はできるだけ自分の存在を薄く薄く振る舞い、必要に応じて あの「どうか話 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ