彼女の話

彼女と自転車

投稿日:2016年12月27日 更新日:

彼女は車の免許をもっていないので、
必然的に移動は徒歩か電車やバス、そして自転車となる。
中でも自転車は彼女にとってとても愛着のある存在である。
エコで経済的で健康的、そして大体いつどこに行くにも一緒だからだ。

しかし彼女は普段そんなに自転車のことを気にかけているわけではない。
年に一回点検くらいには行くし、空気入れも行うのだが、
大してクリーニングを行うわけでもなし、わりとぞんざいに扱ったりする。
少しきーきーがなるブレーキもオイルを塗らずに放置したままだ。


しかし不思議に天候が悪い時などは
いつもふと「あの子は大丈夫だろうか」などと思い出して
わざわざ様子を見に行ったりしてしまうのだ。
特に雨の日は駐輪場で自分の赤い自転車が横なぐりの雨に当たっている姿をみたりすると
とても胸を痛めてしまい、さりげなく場所を移動させてしまったりする。

一度タイヤがいたずらされてパンクしていた時も
「かわいそうなことになってしまった。置き場所が悪かっただろうか」としばらく自責の念にかられたりしていた。


彼女は自分でもこの淡白と愛着という少しアンビバレントな感情をどうにも処理できずにいて
ときどきこの自転車との付き合い方に戸惑ってしまったりするのである。


-彼女の話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

noimage

彼女の秘密

彼女はついに絵も描かなくなってしまった。 動悸もするし、ひどく憂鬱そうにしている。 呼吸がしにくいせいで酸素が脳や体内に行きわたっていないのか、 四六時中眠気と闘っている。 だからといって横になっても …

noimage

彼女はまた少し小さくなった

彼女はあまり大きくない。 考えることを止めることができないので、そのために四六時中神経をすり減らし、 結果食べても食べてもほとんど太ることができない。   最近彼女はまた少し痩せた。 手首を …

noimage

彼女と『深夜特急』

彼女がはじめて『深夜特急』を知ったのはある年の正月で ドラマ『劇的紀行 深夜特急』三作が三箇日にわたって一話ずつ放映されたのがきっかけだった。 今思えば年が明けて早々の深夜(放映は深夜だった)になぜ『 …

空腹の彼女

空腹の彼女

彼女の体は燃費が悪い。 普段から少ししか食べない。 その分しか胃のキャパがないのか、食べるとすぐにお腹がいっぱいになってしまう。 もしくは食べた、という事実で満腹になったような気になって食事は終わる。 …

noimage

泥の中に手を

彼女はある夏の日のことを後悔している。 その時彼女はひとりで7時間行程の山登りをした。 山登りといっても山登りとハイキングの間みたいなものだった。 彼女はときどきこうやってひとりで人のいないところへ行 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ