彼女の話

彼女のバイブル

投稿日:

彼女はすごくよく笑う人である。
微笑むとかではなく、声を上げてよく笑う。


とにかく何を言ってもよく笑うので、
人からお笑い偏差値が低すぎると言われたこともある。

これは彼女があまりテレビを観ないことにもあるかもしれない。
特にバラエティやお笑い番組なんかは騒々しいので彼女はまず観ない。
お笑いに免疫がないのだ。
たまにテレビをつけるとCMにだってケラケラ笑うのである。
ちなみに最近笑ったのはRenta!のあの姉弟の掛け合いのCMだった。
姉弟につられて笑っていた。
いや、あのCMは確かに絶妙だが、彼女は何度観てもずっとニヤニヤしているのである。


多少凹んでいても彼女を確実に笑顔にしてくれるものがある。
『ちびまる子ちゃん』と『ブリジット・ジョーンズの日記』だ。
彼女にとってこの2作はバイブルである。
彼女に確実に笑顔と共感をもたらすからである。
表も裏も正も負も善も悪もいとわない、
Just as you areでいつも彼女を包摂するからである。


彼女は思う。
自分も実はまる子でブリジットなんだけどな、と。


-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の味覚

彼女は薄口を好む。 なんにしても濃い味付けはあまり受け付けない。 自分で食べるだけの時はほとんど味付けは塩だけで済ませる。 あとの調味料は酢と酒、ごま油が好きだというくらいだろうか。 塩だけで済めばそ …

noimage

彼女はまた少し小さくなった

彼女はあまり大きくない。 考えることを止めることができないので、そのために四六時中神経をすり減らし、 結果食べても食べてもほとんど太ることができない。   最近彼女はまた少し痩せた。 手首を …

noimage

彼女と自転車

彼女は車の免許をもっていないので、 必然的に移動は徒歩か電車やバス、そして自転車となる。 中でも自転車は彼女にとってとても愛着のある存在である。 エコで経済的で健康的、そして大体いつどこに行くにも一緒 …

noimage

彼女と飲み会

昨夜は彼女の職場の飲み会があった。   彼女はいつだってできるだけ早く自分の城に帰りたいと思っているし、 何より人と長い時間接しているのが苦手だ。 彼女は飲み会が好きじゃない。 しかも一日中 …

noimage

涙の世界

彼女は目に涙をいっぱいに溜めていた。 僕は彼女が一体どこに視線を定めているのか分からなかった。 それはおそらく彼女から見えた世界も同じだったに違いない。 ちょうどプールで水面があなたの網膜を横切った時 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ