彼女の話

彼女の右後ろと左斜め前

投稿日:

彼女はいつの頃からか死をごく親しみのある近しい存在に感じるようになっている。
いつ、どうしてそうなったのかは分からないが、
彼女は”それ”が”そこ”にある、ということを感じるのだ。

ちなみに”そこ”というのは彼女の右肩後ろ辺り。
彼女が勝手にそれを死だと認識しているだけかもしれないが、
彼女にとってそこに何かがいるということは確かなのである。
(ちなみに”肩に何かが乗っている”とかいう類のものではない、らしい。)



彼女のスキン・ピッキングは最近ひどくなっていて、
その左親指はもう治癒を許されることがないかのような風体になっている。
彼女が手を加え続けるからだ。
親指は幾度となく再生を試みるのだが、彼女はむしる隙間がないと
カッターを使ってでもでこぼこの皮膚に決定的な歪みを持たせ
そしてその裂け目から表皮を剥がす。
ティッシュ一枚が真っ赤になるほど出血は止まらない。
それでも彼女はまだ剥がせるところはないかと皮膚のあらを探す。


彼女は右後ろに死を感じながら、左斜め前にあの少女を感じている。
彼女は最近多くを話さない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女の恥

彼女の恥

彼女はどうやら「ものすごく恥ずかしいこと」をしてしまったようだ。 ある人と話しているうちに頭にきて派手に口喧嘩をかましたらしい。 そんなことはなんの恥でもない、生きていればそんな経験の一度や二度はある …

noimage

彼女とゴミ

彼女は意外とエコな人だ。 彼女自身は貧乏性からくるものだと思っているようだが、結構地球に優しいのである。 (寒いというだけで心まで死んでしまう人なので、 冬は暖房がつけっぱなしになってしまうことを除け …

noimage

距離

「なぜ自分のものさしだけで私との距離を測るのか」 「ズカズカ入ってこようとするな、理解しようとなんてするな」 「気を遣ったようなフリをして、私のことを分かったような物言いはやめろ」 距離がとりにくい人 …

noimage

彼女のペルソナ

彼女は「いつも100匹くらい猫かぶって生きてるから」と少し自虐的に笑う。 相手によっては「200匹になったり、10匹くらいになったりする」らしく 見ていても彼女はかなりうまく「猫をかぶって」いる。女優 …

noimage

くろくなる光

「白いキャンパスに光を描こうとするとくろくなる」 彼女は自分が塗り上げたその黒さに絶望する。 久しぶりに会った彼女はひどく痩せていた。 まるで地球上の重力すべて集めましたといった重さの鉄板によって き …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ