彼女の話

彼女の右後ろと左斜め前

投稿日:

彼女はいつの頃からか死をごく親しみのある近しい存在に感じるようになっている。
いつ、どうしてそうなったのかは分からないが、
彼女は”それ”が”そこ”にある、ということを感じるのだ。

ちなみに”そこ”というのは彼女の右肩後ろ辺り。
彼女が勝手にそれを死だと認識しているだけかもしれないが、
彼女にとってそこに何かがいるということは確かなのである。
(ちなみに”肩に何かが乗っている”とかいう類のものではない、らしい。)



彼女のスキン・ピッキングは最近ひどくなっていて、
その左親指はもう治癒を許されることがないかのような風体になっている。
彼女が手を加え続けるからだ。
親指は幾度となく再生を試みるのだが、彼女はむしる隙間がないと
カッターを使ってでもでこぼこの皮膚に決定的な歪みを持たせ
そしてその裂け目から表皮を剥がす。
ティッシュ一枚が真っ赤になるほど出血は止まらない。
それでも彼女はまだ剥がせるところはないかと皮膚のあらを探す。


彼女は右後ろに死を感じながら、左斜め前にあの少女を感じている。
彼女は最近多くを話さない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

偏愛

彼女は好き嫌いが激しい。 嫌いなものは我慢ができないくらい嫌いだし、 好きなものはなんだかもうどうしようもないくらいに好きになってしまう。 とてもいい音楽を見つけてしまったときはそれから数か月は同じア …

彼女の世界の胚胎

彼女の世界の胚胎

彼女は自分のそんな世界に気付いてから、少しずつ幸せになれるような気がしている。 「これだから自分は自分の人生を認められない」と思っていた頃に比べれば 今は食事を作った時にいつまでもキッチンに残る生姜の …

アンビバレンス

アンビバレンス

「もういいから!!出てこないで!もう必要ないからもう行って!!!」 朝4時前だった。 彼女はずっと眠れずにいて、数時間眠っていたかと思うとまた目が覚めを繰り返し、 この時は起き上がってベッドに腰かけ文 …

noimage

彼女の最大の矛盾2

彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほうに帰結していくのだから 基本的に人生は楽しいことしかない、と思っている。 彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自 …

noimage

距離

「なぜ自分のものさしだけで私との距離を測るのか」 「ズカズカ入ってこようとするな、理解しようとなんてするな」 「気を遣ったようなフリをして、私のことを分かったような物言いはやめろ」 距離がとりにくい人 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ