彼女の話

彼女の右後ろと左斜め前

投稿日:

彼女はいつの頃からか死をごく親しみのある近しい存在に感じるようになっている。
いつ、どうしてそうなったのかは分からないが、
彼女は”それ”が”そこ”にある、ということを感じるのだ。

ちなみに”そこ”というのは彼女の右肩後ろ辺り。
彼女が勝手にそれを死だと認識しているだけかもしれないが、
彼女にとってそこに何かがいるということは確かなのである。
(ちなみに”肩に何かが乗っている”とかいう類のものではない、らしい。)



彼女のスキン・ピッキングは最近ひどくなっていて、
その左親指はもう治癒を許されることがないかのような風体になっている。
彼女が手を加え続けるからだ。
親指は幾度となく再生を試みるのだが、彼女はむしる隙間がないと
カッターを使ってでもでこぼこの皮膚に決定的な歪みを持たせ
そしてその裂け目から表皮を剥がす。
ティッシュ一枚が真っ赤になるほど出血は止まらない。
それでも彼女はまだ剥がせるところはないかと皮膚のあらを探す。


彼女は右後ろに死を感じながら、左斜め前にあの少女を感じている。
彼女は最近多くを話さない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

青りんごの彼女

彼女は自分のことを話すのがあまり得意ではない。 そのせいで言葉足らずになって誤解を受けることも多い。 彼女はそれをものすごく気にする。 人は自分のイメージで話をすることが多い。 自分が青リンゴとして話 …

noimage

カラフル

彼女は白と黒の世界しか描かない。 写真に関しては自分で色を選ぶわけではないので今はあまり抵抗はないようだが、 昔は写真もモノクロばかり撮っていた。 そうやっていつの間にか白と黒の世界に入り込んでいたの …

noimage

必然想起

ただだらりんと生活していてもふと必然に気づくことがある。 その度に僕らは意味のないことなんてないのかもと気付いたりする。 彼女には時折ぽん、と突拍子もなく思い出される記憶とか感覚とかいうものがあって、 …

noimage

彼女を包む音

引越しをして彼女は色んな音に耳を傾けるようになった。 近くに川や木々が多くあることで、鳥が多い。 色んなさえずりが聞こえてくる。 時々は雨どいをトントン跳ねながらぴーちく言っている。 その足音はなんと …

そのおびただしい全存在

そのおびただしい全存在

彼女はそれを見たとき自分のそれが本当に白糸であると思った。 彼女はナイアガラの滝をみたのだ。 その腕はもう入れるところがない、と言うほどに白い切り傷でいっぱいだった。 上腕にも太く白いあとがいくつか残 …

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ