彼女の話

彼女の右後ろと左斜め前

投稿日:

彼女はいつの頃からか死をごく親しみのある近しい存在に感じるようになっている。
いつ、どうしてそうなったのかは分からないが、
彼女は”それ”が”そこ”にある、ということを感じるのだ。

ちなみに”そこ”というのは彼女の右肩後ろ辺り。
彼女が勝手にそれを死だと認識しているだけかもしれないが、
彼女にとってそこに何かがいるということは確かなのである。
(ちなみに”肩に何かが乗っている”とかいう類のものではない、らしい。)



彼女のスキン・ピッキングは最近ひどくなっていて、
その左親指はもう治癒を許されることがないかのような風体になっている。
彼女が手を加え続けるからだ。
親指は幾度となく再生を試みるのだが、彼女はむしる隙間がないと
カッターを使ってでもでこぼこの皮膚に決定的な歪みを持たせ
そしてその裂け目から表皮を剥がす。
ティッシュ一枚が真っ赤になるほど出血は止まらない。
それでも彼女はまだ剥がせるところはないかと皮膚のあらを探す。


彼女は右後ろに死を感じながら、左斜め前にあの少女を感じている。
彼女は最近多くを話さない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

たそがれ

たそがれ

彼女が一日の中で一番すきな時間はたそがれ時だ。 早朝の「キリっとパリッとした空気」も好きだが(彼女は早起きが苦手だし)、 その日一日あつく熱された世界を静かに穏やかに落ち着かせようとするあの時間には変 …

noimage

彼女のバイブル

彼女はすごくよく笑う人である。 微笑むとかではなく、声を上げてよく笑う。 とにかく何を言ってもよく笑うので、 人からお笑い偏差値が低すぎると言われたこともある。 これは彼女があまりテレビを観ないことに …

ざわざわする

ざわざわする

彼女はざわざわすると言って落ち着かないことがある。 それは「心臓がいつもの場所から2cmほど重く浮かんだり沈んだりしている」感じだという。 動悸がする。 眉間にはずっと力が入ったままになる。 ときどき …

noimage

忘れていく彼女 -感情

前回と前々回のつづき 彼女にはときどき顔を合わせるおばあさんがいる。 顔を合わせても話すときもあるし、話さないときもある、 それくらいほんの少しの時間一緒にいるおばあさんだ。 そんなおばあさんが小学生 …

noimage

愛する自信・愛される自信

僕は待つつもりだったのだが、思いがけず彼女が口を開いた。 それは彼女がコラージュをしているときだった。 「私は頭がおかしいんじゃない。 愛する自信も愛される自信もないだけなのだ」 それはとてもネガティ …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ