彼女の話

それが問題だ。

投稿日:

最近の彼女はあまり考え込んではいないようだ。
やることがたくさんあるから考えこむ暇がないのである。

思考のループにはまって抜け出せなくなったとき、よく聞く提案。
運動をしろ、とか
好きな音楽を聴け、とか
思い切って旅行に行ってみよう、とか。

どれも良いアイディアだ。


しかし彼女は考えていることがあるとき、他のことをしない。
気になることがあるときは他のことなんてまず思いつきもしないからだ。


やることがたくさんありすぎて、思考のループならぬ思考のレイヤーに捕まった今の彼女は
ループに流されている時とはまた違う窮屈さを感じている。
この薄く膨大な層のどこにも自分はいない。
今は他の多くのことを広く浅く考えている。
そして想像する。
みんなは世の中をこんな風に考えて生きているのかもしれない、と。
たくさんの必要不可欠をまんべんなく均等に考えてそれなりの答えを出して生活する。


「目的」
「レーゾンデートル」
「自己概念」
「自分は何者であるのか」


そんな何かのトンネルに頭がハマって動けなくなることなどないのだ。

彼女は小さな下水溝の塩ビパイプにその大きな頭をはめ込んで抜け出せなくなったネズミの自分を思う。


ここにいると安心。


広く浅くたくさんのことを考えていると、いつのまにかそこに自分はいなくなる。
思考のループは一度はまってしまうと確かにやっかいだ。
それはいつだって答えがない。だから苦しい。涙が出る。
でもそれはそこに自分がいるからだ。
苦しい、と感じる自分がいるのだ。
自分、が目頭を熱くして涙を流すのだ。


幾つもの思考の渦に流されようとも、
幾重もの思考の層に挟まれようとも、
そこに自分はいるのか。
それが問題だ。



-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

モフモフ

彼女は「モフモフ」したものが好きだ。 夜はモフモフしたムーミンの抱き枕を抱いて寝る。 他にもゾウとかカバとかブタとかの「プクプク」したものも好きだ。 スヌーピーなど白いものは尚いい。 女性でも男性でも …

noimage

いちねんせいのかのじょ2

彼女はそもそも学校を思い出すのも苦手だ。 小学校も中学校も高校も大嫌いだった。 小学校に入学してから数ヶ月間、彼女は教室へ行けなかった。 いつもお腹を痛がって保健室で過ごしていた。 仮病だと言われたり …

”変わる”ということは何かを”失くす”ということ

”変わる”ということは何かを”失くす”ということ。

”変わる”ということは何か”失くす”ということだ。 ある人たちにとっては当然かもしれないその事実に彼女はようやく気付きかけている。 彼女は変わるということについてほとんど意識すらしていなかった。 ただ …

哲学の現代的意味

哲学の現代的意味

彼女は久しぶりに『ソフィーの世界』を開いていた。 読むでもなく、読まないでもなく、ページをパラパラめくっていた。 忘れかけていた疑問がいくつも蘇る。 そして思う。 「だれかわたしをわたしだと認めてはく …

noimage

検診

彼女は最近定期健診を受けた。 結果はおよそなんの病気にもなりそうにないカラダだということが分かった。 よかったよかった。 受けたのはエコーと心電図と血液検査だった。 エコーには相変わらず腫れた甲状腺と …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ