彼女の話

それが問題だ。

投稿日:

最近の彼女はあまり考え込んではいないようだ。
やることがたくさんあるから考えこむ暇がないのである。

思考のループにはまって抜け出せなくなったとき、よく聞く提案。
運動をしろ、とか
好きな音楽を聴け、とか
思い切って旅行に行ってみよう、とか。

どれも良いアイディアだ。


しかし彼女は考えていることがあるとき、他のことをしない。
気になることがあるときは他のことなんてまず思いつきもしないからだ。


やることがたくさんありすぎて、思考のループならぬ思考のレイヤーに捕まった今の彼女は
ループに流されている時とはまた違う窮屈さを感じている。
この薄く膨大な層のどこにも自分はいない。
今は他の多くのことを広く浅く考えている。
そして想像する。
みんなは世の中をこんな風に考えて生きているのかもしれない、と。
たくさんの必要不可欠をまんべんなく均等に考えてそれなりの答えを出して生活する。


「目的」
「レーゾンデートル」
「自己概念」
「自分は何者であるのか」


そんな何かのトンネルに頭がハマって動けなくなることなどないのだ。

彼女は小さな下水溝の塩ビパイプにその大きな頭をはめ込んで抜け出せなくなったネズミの自分を思う。


ここにいると安心。


広く浅くたくさんのことを考えていると、いつのまにかそこに自分はいなくなる。
思考のループは一度はまってしまうと確かにやっかいだ。
それはいつだって答えがない。だから苦しい。涙が出る。
でもそれはそこに自分がいるからだ。
苦しい、と感じる自分がいるのだ。
自分、が目頭を熱くして涙を流すのだ。


幾つもの思考の渦に流されようとも、
幾重もの思考の層に挟まれようとも、
そこに自分はいるのか。
それが問題だ。



-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

スパティフィラムの幸せ自慢

夜中彼女はふと目を醒ましてそばの明かりをつけた。 スパティフィラムが葉先に露を溜めていた。 スパティフィラムは水をたっぷり与えられると根で吸収したのち、 水分コントロールのために余分な水分をそうやって …

優しい時間

優しい時間

彼女はここひと月ほどとっても長い夢を毎晩みている。 朝意識が起きると、何か6時間ほどの長い長い映画をみたような それでいて自分が異世界にいたかのような見事な浮遊感をもって目を覚ます。 目覚めたときの気 …

noimage

友人N

彼女を語るうえで絶対に外すことができない存在が彼女の友人Nである。 Nなくして今の彼女はいないのである。 Nは「一番親しく古い友人であり、姉であり妹であり、遠くにいても近いひと」である。 Nは彼女の人 …

noimage

サンタマリア号

(※映画『トゥルーマンショー(The Truman Show/1998)』よりネタバレ注意) 自分が一体どこから来て、何者になっていき、どこへ行くのか。 到底答えが出そうもないこのテーマについていつの …

noimage

冬の彼女

ハッキリ言って冬の彼女はまるで役に立たない。 朝はますます起きなくなり、ぎりぎりまでコタツに居座り、外に出たくないとばかり考えていた挙句仕事に行くのに仕事着を忘れ、遅刻寸前に出社、帰ればエアコンとコタ …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ