彼女の話

それが問題だ。

投稿日:

最近の彼女はあまり考え込んではいないようだ。
やることがたくさんあるから考えこむ暇がないのである。

思考のループにはまって抜け出せなくなったとき、よく聞く提案。
運動をしろ、とか
好きな音楽を聴け、とか
思い切って旅行に行ってみよう、とか。

どれも良いアイディアだ。


しかし彼女は考えていることがあるとき、他のことをしない。
気になることがあるときは他のことなんてまず思いつきもしないからだ。


やることがたくさんありすぎて、思考のループならぬ思考のレイヤーに捕まった今の彼女は
ループに流されている時とはまた違う窮屈さを感じている。
この薄く膨大な層のどこにも自分はいない。
今は他の多くのことを広く浅く考えている。
そして想像する。
みんなは世の中をこんな風に考えて生きているのかもしれない、と。
たくさんの必要不可欠をまんべんなく均等に考えてそれなりの答えを出して生活する。


「目的」
「レーゾンデートル」
「自己概念」
「自分は何者であるのか」


そんな何かのトンネルに頭がハマって動けなくなることなどないのだ。

彼女は小さな下水溝の塩ビパイプにその大きな頭をはめ込んで抜け出せなくなったネズミの自分を思う。


ここにいると安心。


広く浅くたくさんのことを考えていると、いつのまにかそこに自分はいなくなる。
思考のループは一度はまってしまうと確かにやっかいだ。
それはいつだって答えがない。だから苦しい。涙が出る。
でもそれはそこに自分がいるからだ。
苦しい、と感じる自分がいるのだ。
自分、が目頭を熱くして涙を流すのだ。


幾つもの思考の渦に流されようとも、
幾重もの思考の層に挟まれようとも、
そこに自分はいるのか。
それが問題だ。



-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

認められるということ

認める、というのは人が成す行為だ。 彼女は認められたいと思っている。 彼女は”人”が彼女を『認める』ことを望んでいるということだ。 彼女は「たぶん絵を認めてほしい」と思っている。 絵はただの絵だ。 彼 …

noimage

彼女の城

彼女は家をとてもとても愛する。 仕事に行っても友達と会っても、出来るだけ早くこの場所に戻りたいといつも願っている。 ロフト付き1Kが彼女の縄張り、彼女の城。   彼女は最近DIYにハマってい …

noimage

背徳感と新しい彼女

世の中にはやってはいけないことがある。 倫理とか道徳とか約束とかルールとか法律とか友情とか そういうものに背くようなことはやってはいけないのだ。 やってはいけないことは、やってはいけない。 約束は守ら …

スキン・ピッキング/Living

スキン・ピッキング/Living

彼女のスキン・ピッキングが始まったのは幼少期である。 彼女は保育園のお昼寝で使う布団の端から端まで血のドットを並べた。 血は皮をむしった彼女の唇からあふれ出たものだった。 こんなことをしたらおかしく思 …

noimage

ふきとぜんまい

彼女は先日見知らぬ人からふきとぜんまいの煮びたしをもらった。 見知らぬ人と言っても、道で会った人ではなくて、 知り合いを通して知り合いの知り合いからもらったのだ。 (なんだか余計分かりにくいが。) ( …

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ