彼女の話

彼女はそんなふうにできている

投稿日:2016年12月13日 更新日:

彼女は自分は風邪をひかないと思っている。

はっきり言って彼女がそう妄信する根拠は何もないのだが、

強いて言えば彼女の体温が高い、ということはあるかもしれない。

37度ある日もざらで、

検診などで毎度微熱がありますが体調悪いですかなどと訊かれてしまう。

一応「いえ、いつもです」と応対するのだが、

困った顔をされるか笑われるかであまり信じてもらえないので、

最近は(別に悪くもないのに)「そうですねちょっと具合悪いですね」とか

「いえ快調です」とだけ答えるようにしている。

 

普段から体温の高い彼女は多少熱が出ても割と平気に振る舞えてしまう。

人生でたった一度だけインフルエンザに感染した時は

気付かないままま仕事をこなして帰ってしまった。

職場では今日の彼女はテンションが高かったなぁくらいにしか思われなかったそうだ。

(彼らもあとで実は39度もあったと知って仰天するのだが。)

 

話はそれたが、(インフルエンザには一度負けてしまったが)

とにかく体温の高さという免疫力でそんじょそこらの風邪くらいは確かに撃退できるかもしれない。

しかし彼女はそれよりも自分自身強力にただそう思っているのだという。

自分は絶対に風邪をひかないようにできている人間なので

鼻をすすって風邪ですか?と訊かれても「いえ、私風邪はひかないんです」と飄々と答える。

周りから見ればなぜそんな虚勢をはるのだと思われそうだが、

実際に彼女はそれで欠勤したり、せき込んだり、発熱したりしない。

鼻水が勝手に垂れてくるなぁと思ってそれで終わりなのである。

もう一体いつ最後に風邪にであったかも憶えていない。

彼女はそんなふうにできているのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

アンビバレンス

アンビバレンス

「もういいから!!出てこないで!もう必要ないからもう行って!!!」 朝4時前だった。 彼女はずっと眠れずにいて、数時間眠っていたかと思うとまた目が覚めを繰り返し、 この時は起き上がってベッドに腰かけ文 …

noimage

彼女と飲み会

昨夜は彼女の職場の飲み会があった。   彼女はいつだってできるだけ早く自分の城に帰りたいと思っているし、 何より人と長い時間接しているのが苦手だ。 彼女は飲み会が好きじゃない。 しかも一日中 …

noimage

彼女のじんましん2

その後も彼女は突拍子もない痒みと肌のツッパリと腫れに襲われた。 時には顔だけでなく、首や鎖骨辺りまで赤くなることがあった。 ほとんどは夜だったが、出勤まえに起こるとすごく焦った。 彼女はキノコが大好き …

noimage

イニシャルドリーム2

彼女は訪れたこともない外国にいた。 見慣れない家の、親しみのない玄関で、 強引に押し入ってこようとする数人の異邦人を何とか入れまいと ドアノブを握りしめていた。 彼らは全員男性だった。 いやだ、こわい …

3月9日

3月9日

今日は3月9日だ。 3月9日と言えばレミオロメンだ。 最近では卒業ソングの定番らしい。 彼女は卒業式に特になんの思い入れも思い出もないが、 高校の卒業式だけは死ぬほどうれしかったのを覚えている。 10 …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ