彼女の話

彼女はそんなふうにできている

投稿日:2016年12月13日 更新日:

彼女は自分は風邪をひかないと思っている。

はっきり言って彼女がそう妄信する根拠は何もないのだが、

強いて言えば彼女の体温が高い、ということはあるかもしれない。

37度ある日もざらで、

検診などで毎度微熱がありますが体調悪いですかなどと訊かれてしまう。

一応「いえ、いつもです」と応対するのだが、

困った顔をされるか笑われるかであまり信じてもらえないので、

最近は(別に悪くもないのに)「そうですねちょっと具合悪いですね」とか

「いえ快調です」とだけ答えるようにしている。

 

普段から体温の高い彼女は多少熱が出ても割と平気に振る舞えてしまう。

人生でたった一度だけインフルエンザに感染した時は

気付かないままま仕事をこなして帰ってしまった。

職場では今日の彼女はテンションが高かったなぁくらいにしか思われなかったそうだ。

(彼らもあとで実は39度もあったと知って仰天するのだが。)

 

話はそれたが、(インフルエンザには一度負けてしまったが)

とにかく体温の高さという免疫力でそんじょそこらの風邪くらいは確かに撃退できるかもしれない。

しかし彼女はそれよりも自分自身強力にただそう思っているのだという。

自分は絶対に風邪をひかないようにできている人間なので

鼻をすすって風邪ですか?と訊かれても「いえ、私風邪はひかないんです」と飄々と答える。

周りから見ればなぜそんな虚勢をはるのだと思われそうだが、

実際に彼女はそれで欠勤したり、せき込んだり、発熱したりしない。

鼻水が勝手に垂れてくるなぁと思ってそれで終わりなのである。

もう一体いつ最後に風邪にであったかも憶えていない。

彼女はそんなふうにできているのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女とモネ

彼女はモネに対して少し複雑な感情を抱いている。   美術館で著名な画家の絵や有名な作品を見ると彼女はいつも同じことを思う。 全部ニセモノかもな・・・   フランスから初来日した絵だ …

noimage

友人N

彼女を語るうえで絶対に外すことができない存在が彼女の友人Nである。 Nなくして今の彼女はいないのである。 Nは「一番親しく古い友人であり、姉であり妹であり、遠くにいても近いひと」である。 Nは彼女の人 …

noimage

彼女の影

最近ある人が鼻について小さなイライラになっている。 でもイライラしているのはその人にではなく自分自身にだと彼女は毎晩気づく。 職場で会うMはどうも要領が悪い。 その上機敏にも動けず、気が利かない。 声 …

noimage

彼女は何の音もない世界にいるのが好きだ。 城の中は空気も動かないような静けさが横たわっている。 そんな時彼女は「ああ、なんて静かなんだろう」とその静謐に耳を傾ける。 嫌いな音が多い。 改造車やバイクの …

彼女と車

彼女と車

彼女は車の運転ができない。 免許を持っていないのだ。 今まで、ないならないでどうにかなるものでさして困ったことはなかったのだが 最近彼女はそろそろ免許をとろうか、と考えている。   運転しな …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ