彼女の話

彼女はそんなふうにできている

投稿日:2016年12月13日 更新日:

彼女は自分は風邪をひかないと思っている。

はっきり言って彼女がそう妄信する根拠は何もないのだが、

強いて言えば彼女の体温が高い、ということはあるかもしれない。

37度ある日もざらで、

検診などで毎度微熱がありますが体調悪いですかなどと訊かれてしまう。

一応「いえ、いつもです」と応対するのだが、

困った顔をされるか笑われるかであまり信じてもらえないので、

最近は(別に悪くもないのに)「そうですねちょっと具合悪いですね」とか

「いえ快調です」とだけ答えるようにしている。

 

普段から体温の高い彼女は多少熱が出ても割と平気に振る舞えてしまう。

人生でたった一度だけインフルエンザに感染した時は

気付かないままま仕事をこなして帰ってしまった。

職場では今日の彼女はテンションが高かったなぁくらいにしか思われなかったそうだ。

(彼らもあとで実は39度もあったと知って仰天するのだが。)

 

話はそれたが、(インフルエンザには一度負けてしまったが)

とにかく体温の高さという免疫力でそんじょそこらの風邪くらいは確かに撃退できるかもしれない。

しかし彼女はそれよりも自分自身強力にただそう思っているのだという。

自分は絶対に風邪をひかないようにできている人間なので

鼻をすすって風邪ですか?と訊かれても「いえ、私風邪はひかないんです」と飄々と答える。

周りから見ればなぜそんな虚勢をはるのだと思われそうだが、

実際に彼女はそれで欠勤したり、せき込んだり、発熱したりしない。

鼻水が勝手に垂れてくるなぁと思ってそれで終わりなのである。

もう一体いつ最後に風邪にであったかも憶えていない。

彼女はそんなふうにできているのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女とHSSと著作権と僕2

彼女はクソがつくほど真面目で正義感が強くルールや秩序を重んじる。 正しくあろうと誰よりも目指しながら、でも人は正しいばかりではいられないと苦しむ。 今回の件について彼女は少しも悪くない。 僕は”HSP …

noimage

彼女と夏

夏は子供のころから彼女に懐かしい何かを感じさせる。 自分に何か大きな転機が訪れるとするなら 冬でも春でもなくそれは夏だろうと今でもなぜか確信している。 このまとわりつくような暑さと、生の匂いのような緑 …

noimage

箱の中の

彼女はKと箱の中に居るときいつも不思議に眠くなるという。 そして何も感じなくなるのだと。 Kは彼女が唯一長い間接触している心理士だ。 Kは心理士としては時として少ししゃべりすぎるというきらいはあるよう …

noimage

ベストアルバム for her

「ベタか笑」 Ben Folds Rockin’ the suburbs 関連

noimage

幸せは手さげ袋の中に。

今日彼女はとても幸せな気分で笑った。   彼女にはときどき顔を合わせるおじさんがいる。 おじさんといってももう初老の、おじいさんだ、とご本人はいうのだが。 この初老のおじさんはいつも元気でよ …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ