彼女の話

バランスボールの中の小人

投稿日:

彼女は自分の中で何かが急速に変化していくのに気付き始めた。
まるでバランスボールの中にいつの間にか閉じ込められた小人みたいな自分。
どんなに抜け出そうともがいても、もがいた方向に転がるだけで突き破れない。
内側から押せば進み、地団太を踏めば弾む。
自分が及ぼす力が思わぬ作用を生む。


とてもとても大事なことは彼女が彼女自身で
自分はバランスボールの中にいる、とある時”きづいた”ことだ。


今はその厚いぶよぶよした壁を突き破れなくても。
くるしいくるしいくるしいとあがく今が。
圧しては変形し、またもとに跳ね返る今が。


彼女がこれまで打ってきた点をこのボールの中で線にするのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と声

誰にでも何人かはいると思うが、 彼女にも別に悪い人ではないのだろうができれば避けたい人たちがいる。 彼女にとっては特異な声や話し方の持ち主たちだ。 ひとつはとても声が大きい人。 それから声が高い人。 …

肺

彼女は最近ある男性がぜんそくで亡くなったことを聞いた。 知り合いの知り合いの話で彼女は会ったこともない。 男性は若いころからハチャメチャの生活をしていて、 周りによく迷惑をかけてる生活を送っていたそう …

noimage

彼女と陰口

職場というのは時に陰口の宝庫となりうる。 彼女の職場も残念ながら例外ではない。 彼女は陰口というのは色んな人の分かりやすい価値観の集まりであるな、とつくづく思う。 「それは本当におもしろくて、いいかげ …

彼女の絵

彼女の絵

彼女は昔はわりと見やすい、というか「理解しやすい」点描画をよく描いていた。 白黒の世界をとても愛し、白い紙に黒い点々を延々と描いていた。 花とか赤ん坊の顔とか自分の手とか壁にかかった白いシャツとか。 …

彼女が失うもの

彼女が失うもの

彼女は、こういう自分が失うものは何だろうと考える。 人と距離をあけすぎる自分。みんなができることができない自分。嫌なことにはどうしても我慢ができない自分。そしてそれらすべての自分から逃げている自分。 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ