彼女の話

そこにこころが

投稿日:

彼女は手紙とかLINEとかメールが苦手だ。
そこに心があるかもと思うと開くのがいつも億劫になる。

彼女は時節のあいさつを大切に思っている人で、
そういう時期になればハガキをだす。
でもお別れの手紙とかお礼の手紙とか謝罪のメールとか
そういったものをもらってもいつもいつまでたっても開かない。

お別れの手紙に書いてあることはまあ大体予想がつくのではないかと思うのだが、
これまでの感謝の気持ちとか健康への気遣いとか今後への激励とか
恐らくはそういったことが書かれているのだ。
別に彼女へ最後の最後に文句が書いてあるとかいうわけではない。

メールを見たとき、彼女はパッと開いて長文と見るともう閉じてしまう。
「ああ、なんだか、なんだろう。なにかたくさん書いてあったな」
と思いながら、仕事でない限りそのまま数日放置してしまったりする。

それが良いことであれ、悪いことであれ、
あまりたくさんの心は受け止められないのである。
たくさんの連なる文字を見たとき、重なる便箋の厚みに触れたとき、
それが書かれた時の感情をも一緒に送られてきたような気がして
単純に彼女はどうしていいか分からず「ああ」と一旦置くしかないのだ。

手紙の場合数日すると、それはきっと悪いものではない、と思い開く。
ちなみにメールの場合はこれに反して「いいことじゃないことが多い」らしく、
それはさらに据え置かれることになってしまう。
カンの良い彼女はなんとなく内容に予測が立ち、
読む前からどんなことを返信したらいいだろうかと憂鬱になったりしている。

手紙やメールは分かりやすい例だが、「こころはどこにでもある」。
そう思うと彼女はどこにいても
膨らみ続けるたくさんの風船に挟まれて押しつぶされるような気分になってくる。
その風船たちはすごく分厚くて強靭で絶対に割れることなく、
いつか自分の臓器のすべてをつぶしにかかってくるような気がしてくるのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

いちねんせいのかのじょ3

小学校に入学してからというもの、 一年生にお決まりの黄色い帽子を彼女はいつも引き出しの中にしまっていた。 おかげで彼女は毎日毎日毎日黄色い帽子をかぶり忘れ、 結局数回しか被らず、きれいなままでその帽子 …

白糸

白糸

ふと気付くと彼女の左手首に新しい傷があった。 熱したフライパンの淵があたり火傷したそうだ。 その火傷は細く長く茶色くなっていて、 今となっては白糸のようになった他の無数の傷跡たちを 否応なしに目立たせ …

彼女のおでかけ

彼女のおでかけ

彼女は実は結構服が好きだ。 あまり出かけることがないので持っていても出番はないだろう、と買わないことが多いのだが、 クローゼットにある服はどれも気に入っている。 ただし彼女の深く深く考える癖はこういう …

惜しい音

惜しい音

彼女にしか聴こえない音がある。 ごく小さいころから聴こえていたので、それがどうも他の人には聴こえていないようだ、と気付いた時はかなり仰天した。 一番最初に気付いた音は太鼓の音だった。 夏だったので近所 …

noimage

必然想起

ただだらりんと生活していてもふと必然に気づくことがある。 その度に僕らは意味のないことなんてないのかもと気付いたりする。 彼女には時折ぽん、と突拍子もなく思い出される記憶とか感覚とかいうものがあって、 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ