彼女の話

そこにこころが

投稿日:

彼女は手紙とかLINEとかメールが苦手だ。
そこに心があるかもと思うと開くのがいつも億劫になる。

彼女は時節のあいさつを大切に思っている人で、
そういう時期になればハガキをだす。
でもお別れの手紙とかお礼の手紙とか謝罪のメールとか
そういったものをもらってもいつもいつまでたっても開かない。

お別れの手紙に書いてあることはまあ大体予想がつくのではないかと思うのだが、
これまでの感謝の気持ちとか健康への気遣いとか今後への激励とか
恐らくはそういったことが書かれているのだ。
別に彼女へ最後の最後に文句が書いてあるとかいうわけではない。

メールを見たとき、彼女はパッと開いて長文と見るともう閉じてしまう。
「ああ、なんだか、なんだろう。なにかたくさん書いてあったな」
と思いながら、仕事でない限りそのまま数日放置してしまったりする。

それが良いことであれ、悪いことであれ、
あまりたくさんの心は受け止められないのである。
たくさんの連なる文字を見たとき、重なる便箋の厚みに触れたとき、
それが書かれた時の感情をも一緒に送られてきたような気がして
単純に彼女はどうしていいか分からず「ああ」と一旦置くしかないのだ。

手紙の場合数日すると、それはきっと悪いものではない、と思い開く。
ちなみにメールの場合はこれに反して「いいことじゃないことが多い」らしく、
それはさらに据え置かれることになってしまう。
カンの良い彼女はなんとなく内容に予測が立ち、
読む前からどんなことを返信したらいいだろうかと憂鬱になったりしている。

手紙やメールは分かりやすい例だが、「こころはどこにでもある」。
そう思うと彼女はどこにいても
膨らみ続けるたくさんの風船に挟まれて押しつぶされるような気分になってくる。
その風船たちはすごく分厚くて強靭で絶対に割れることなく、
いつか自分の臓器のすべてをつぶしにかかってくるような気がしてくるのだ。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

何もない日

朝早く起きられたということ。 シンとした空気に触れられたこと。 本を読めたこと。 朝食をいつもより多く食べられたこと。 日焼け止めをきちんと塗って外出したこと。 通勤ラッシュの中知らない誰かが車を止め …

彼女が死ぬとき

彼女が死ぬとき

彼女は願っている。 自分が死ぬとき それは誰かが生き延びるとき。 彼女は死をとても恐れている。 死ぬときのことを思うと怖くて怖くてたまらない。 死ななければならないのに、どうして生まれてきてしまったの …

noimage

共鳴する彼女

彼女は知らない人と話すが苦手だ。 それにも関わらず見知らぬ人に話しかけられやすい。 たとえば職場に新しい人が入ってきたとき、 彼女はできるだけ自分の存在を薄く薄く振る舞い、必要に応じて あの「どうか話 …

noimage

友人N

彼女を語るうえで絶対に外すことができない存在が彼女の友人Nである。 Nなくして今の彼女はいないのである。 Nは「一番親しく古い友人であり、姉であり妹であり、遠くにいても近いひと」である。 Nは彼女の人 …

noimage

破れ仮面

彼女はそんなに簡単に仮面をつけることはできない。 自分の城、という自分だけの個室の空間にいていきなり”自分”以外にはなれないのである。 彼女がLINEを使わず、電話番号もごく一部の人にしか知らせないの …

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ