彼女の話

彼女と陰口

投稿日:

職場というのは時に陰口の宝庫となりうる。
彼女の職場も残念ながら例外ではない。


彼女は陰口というのは色んな人の分かりやすい価値観の集まりであるな、とつくづく思う。
「それは本当におもしろくて、いいかげん」。
それは陰口をたたく人というのはいかんせん、自分が絶対の正義だと思って話しているからだ。
自分はかなりの常識人でありマトモで間違っていないのである。
そしてみんながお互いにそんな意外と(普段の姿からは想像しがたい)確固たる強固な正義をもっていたりするのである。


彼女は良かれ悪かれその時一緒にいる人の感情や気分に取り込まれてしまう。
おおよその場合陰口がたたかれる現場というのは
「もう感情で壁が突き抜けんばかりにいっぱいになってしまっている」ことが多い。
だから彼女はあとで一人になった時に驚きあきれるほど、”自分”はそんなことを思っていないのに
どうしてあんなに腹が立ったのだろう、とか楽観的になれたのだろう、とか思ったときは
往々にしてその時同席していた”誰か”の気持ちの影響を受けていたに過ぎない。


彼女が気になるのは”その時”、”自分”はどこへ??ということ、
それから結局自分は陰口の対象となっている人やその周辺の事象に関して
実はあまり関心がない、ということ。


彼女は思う。
陰口をたたくのと無関心と一体どちらがどれだけマシ?マトモ?問題?重要?正しい?かしら。
そしてそれはなににとって??

-彼女の話

執筆者:

関連記事

数字と中学生と彼女

数字と中学生と彼女

彼女は数字が大嫌いだ。 彼女は最近期末テストを間近に控えた中学生と話すことがあった。 この中学生の直近の問題は試験初日の数学だそうで彼女は気の毒で仕方がなかった。 聞けばこの子はもう数学教師がもはや日 …

noimage

彼女と窮屈な箱

これも巨大物恐怖症と同じく彼女の弱点のひとつだが、 大きすぎるものと反対に彼女は狭い空間を嫌がる。 閉所恐怖症だ。 なぜこうなったかは分からないが、 とてもとても小さかったときの彼女はむしろそんな場所 …

noimage

歯っ欠けの彼女

彼女の歯が砕けて欠けたらしい。 笑ってしまった。 幸い欠けた歯は前歯ではなく、それももともとしてあった詰め物が欠けたらしかった。 だから本物の歯が欠けたわけではないのだが、 彼女はついに恐れていたこと …

noimage

吐き出される夢

しばらく会わない間に彼女は大量の夢をみていた。 彼女は夜でも昼でも眠る前や、ただ風を感じようと目を閉じた瞬間に 前夜にみた夢をふと思い出すことが多い。 正確には夢を思い出すというよりは、夢の雰囲気や夢 …

noimage

彼女と声

誰にでも何人かはいると思うが、 彼女にも別に悪い人ではないのだろうができれば避けたい人たちがいる。 彼女にとっては特異な声や話し方の持ち主たちだ。 ひとつはとても声が大きい人。 それから声が高い人。 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ