彼女の話

彼女と陰口

投稿日:

職場というのは時に陰口の宝庫となりうる。
彼女の職場も残念ながら例外ではない。


彼女は陰口というのは色んな人の分かりやすい価値観の集まりであるな、とつくづく思う。
「それは本当におもしろくて、いいかげん」。
それは陰口をたたく人というのはいかんせん、自分が絶対の正義だと思って話しているからだ。
自分はかなりの常識人でありマトモで間違っていないのである。
そしてみんながお互いにそんな意外と(普段の姿からは想像しがたい)確固たる強固な正義をもっていたりするのである。


彼女は良かれ悪かれその時一緒にいる人の感情や気分に取り込まれてしまう。
おおよその場合陰口がたたかれる現場というのは
「もう感情で壁が突き抜けんばかりにいっぱいになってしまっている」ことが多い。
だから彼女はあとで一人になった時に驚きあきれるほど、”自分”はそんなことを思っていないのに
どうしてあんなに腹が立ったのだろう、とか楽観的になれたのだろう、とか思ったときは
往々にしてその時同席していた”誰か”の気持ちの影響を受けていたに過ぎない。


彼女が気になるのは”その時”、”自分”はどこへ??ということ、
それから結局自分は陰口の対象となっている人やその周辺の事象に関して
実はあまり関心がない、ということ。


彼女は思う。
陰口をたたくのと無関心と一体どちらがどれだけマシ?マトモ?問題?重要?正しい?かしら。
そしてそれはなににとって??

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

検診

彼女は最近定期健診を受けた。 結果はおよそなんの病気にもなりそうにないカラダだということが分かった。 よかったよかった。 受けたのはエコーと心電図と血液検査だった。 エコーには相変わらず腫れた甲状腺と …

noimage

彼女の最大の矛盾2

彼女は、どんなに悪いことが起こったとしても最後は必ず良いほうに帰結していくのだから 基本的に人生は楽しいことしかない、と思っている。 彼女は、たとえば誰かがしあわせになれることで、 それと引き換えに自 …

彼女のおでかけーお化粧編

彼女のおでかけーお化粧編

彼女は街へ出かけるとき割ときちんと化粧をする。 普段仕事に行くときはほとんど頓着しないが、 それは職場でそんなことしたって意味がない、と思っているからだ。 彼女は化粧をするとき、顔がキャンパスだとよく …

noimage

忘れていく彼女 -感情

前回と前々回のつづき 彼女にはときどき顔を合わせるおばあさんがいる。 顔を合わせても話すときもあるし、話さないときもある、 それくらいほんの少しの時間一緒にいるおばあさんだ。 そんなおばあさんが小学生 …

失い

失い

彼女はテレビをみない。 ニュースを見ていても、次々と流れてくる憂鬱な事件の連続に だんだん生気を奪われていくような心持がしてくる。 汚職、強盗、放火、飲酒運転、詐欺、暴行・・・ もしかしたらニュースは …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ