彼女の話

彼女と陰口

投稿日:

職場というのは時に陰口の宝庫となりうる。
彼女の職場も残念ながら例外ではない。


彼女は陰口というのは色んな人の分かりやすい価値観の集まりであるな、とつくづく思う。
「それは本当におもしろくて、いいかげん」。
それは陰口をたたく人というのはいかんせん、自分が絶対の正義だと思って話しているからだ。
自分はかなりの常識人でありマトモで間違っていないのである。
そしてみんながお互いにそんな意外と(普段の姿からは想像しがたい)確固たる強固な正義をもっていたりするのである。


彼女は良かれ悪かれその時一緒にいる人の感情や気分に取り込まれてしまう。
おおよその場合陰口がたたかれる現場というのは
「もう感情で壁が突き抜けんばかりにいっぱいになってしまっている」ことが多い。
だから彼女はあとで一人になった時に驚きあきれるほど、”自分”はそんなことを思っていないのに
どうしてあんなに腹が立ったのだろう、とか楽観的になれたのだろう、とか思ったときは
往々にしてその時同席していた”誰か”の気持ちの影響を受けていたに過ぎない。


彼女が気になるのは”その時”、”自分”はどこへ??ということ、
それから結局自分は陰口の対象となっている人やその周辺の事象に関して
実はあまり関心がない、ということ。


彼女は思う。
陰口をたたくのと無関心と一体どちらがどれだけマシ?マトモ?問題?重要?正しい?かしら。
そしてそれはなににとって??

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の正月

休みの前の彼女は完全に引きこもれるだけの食料と本とレンタルDVDなどを調達する。 ただし今回の連休はそれに加えて、きちんと年末の大掃除を済ませ、 年越しと新年の準備も欠かさなかった。 ひとりで新年を迎 …

noimage

どんよりからの突破口

彼女は人に何かしてもらうのが苦手だ。 何かをもらう、とか手伝ってもらう、とか。 それはよくあるように人の手を煩わせるのは申し訳ないと思うから、というわけではなく、 できればそういったことはしてほしくな …

彼女に触れるもの

彼女に触れるもの

彼女はピッタリ肌にはりつくような服は嫌いだ。 窮屈で身に着けたがらない。 ダボっとしたのやふわふわした服をよく来ている。 ワンピースは好きだ。 もちろんチクチクする化学繊維のニットやマフラーなんかもよ …

肺

彼女は最近ある男性がぜんそくで亡くなったことを聞いた。 知り合いの知り合いの話で彼女は会ったこともない。 男性は若いころからハチャメチャの生活をしていて、 周りによく迷惑をかけてる生活を送っていたそう …

noimage

彼女の頭の中のいちばん外側

彼女はいつも自分は結局一体なんなのだろう、と考える。 自分の行動を振り返る。 その時にそれは一般的な行動であったのか、 それとも自分の本来の性格によるものだったのか、 そして、それとも自分のその気質の …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ