彼女の話

飲み込んだ空気の行きついた先は

投稿日:

その先は呑気症だった。


最近急に涼しくなって人々が生き生きしている。
ある朝彼女は目を覚まし起き上がってテラスのドアを開けた。
瞬間ぶわぁっとあの懐かしいひんやりと乾いた空気が彼女を一気に包み込んだ。
彼女は驚いたが、まるで旧友に会ったかのように目を細めた。
そして自分の周りを舞う風をひとつも逃すまいとするかのように
何度も何度も「うわぁ、うわぁ」と言いながら口をパクパクさせて飲み込もうとした。

しかししばらくするとひどい胃の膨満感に襲われた。
そしてそれはたちまち立っていられないほどのひどい胃痛に変わったのである。


呑気症は正式には空気嚥下症といって文字通り空気を飲み込んでしまうことで起こる体の不具合だ。
ストレスや嚙みしめ癖のある人に見られることが多く、男性よりも女性に多い。
彼女も数日前からお腹が減っているわけでもないのに頻繁にコポコポ腹鳴がしていたり
匂いのないガス、胃の膨満感による食欲低下やポッコリ張った腹部など異変を感じていた。
彼女はこういった体のサインをいつも「疲れているのかなぁ」で片づけてしまうのでひどくなるまで放置されてしまう。
それどころか今回のように積極的に悪化させるようなアホなことをやっているのである。


痛みに耐えかねた彼女は床に転がっているしかなかった。
そして眺めていた。
夏の間その眩しさを遮断すべく閉じられたままだったカーテンをあの乾いた風がふくらます。
なんとしてでも彼女に触れたいというように”ねえ、入れてよ、入れてよ”と彼女に語りかける。

体の外からも中からも空気に攻められているような気になってきて
「なんだかなぁうるさいさぁ」と彼女は苦笑した。


彼女は秋がいつも少しこわい。
あの凍える大嫌いな季節を嫌でも予期させるから。
「だからまだ入れてあげないよ、悪いけど。
それに今は体の空気のことでいっぱいいっぱいでね」

彼女はどんどん強くなっていく秋風に背を向けて少し眠った。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

カラフル

彼女は白と黒の世界しか描かない。 写真に関しては自分で色を選ぶわけではないので今はあまり抵抗はないようだが、 昔は写真もモノクロばかり撮っていた。 そうやっていつの間にか白と黒の世界に入り込んでいたの …

デジャヴ

デジャヴ

彼女のデジャヴはすべて「確かに夢でみたもの」だそうで 彼女はそれがいつ頃みた夢であったかも憶えている。 デジャヴとなった夢の中では感情はなく「何を考えても思っても感じてもいない」。 さらには「どうして …

noimage

痛み

彼女は痛がりだ。 彼女はそんなことない、ほんとに痛いのだと神妙に言うのだが、 ちょっと大げさなような気もする、と時々思う。 たとえばマッサージに行ったとき、痛かったらいってくださいね、と言われたので …

noimage

(no title)

いつの頃からか眠りに落ちる間際に 時折ふぅっと決まったシーンが彼女のどこかをよぎるようになった。 それはこころかもしれないし、頭の中にかもしれない。 そこは真っ暗だ。 真っ暗な中に白い直方体がぼんわり …

どうしようもないこと

昨夜から彼女は貝になってしまった。 何も話さず、ただ海に中にいるみたいに顔がびしゃびしゃになっていた。 酸素を取り入れようとするけどうまくかない、といったように ときどきゲホゲホと咳き込んだ。 すごく …

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ