彼女の話

みんなと同じ彼女

投稿日:

彼女はときどき突っ走ってしまう。
そして突然傀儡が人の手を離れて首をうなだれるようにぱったりと動かなくなってしまう。

しなければいけないことがあるとき、したいことがあるとき、彼女はもう半分自分を捨てるように取り組む。
それは仕事だったり、絵を描くことだったり様々だが、
とにかく問題は彼女が自分の限界に気付かずに走り続けてしまうことだ。

人はなんとなく息のつきどころとか、休んでいいところとかそのタイミングが分かるものだが、
彼女は動けなくなるまで気づかない。
仮面をかぶっている限り、外で膝が折れてしまうことはないが、
城に戻った途端、がた、がた、がたりと目を閉じる。


要するにタスクに対して自分のエネルギー分配がうまくできない、そしてどこで負荷量が上がったか分からないためにこの問題は起こっていると言えるだろう。
(特に今の季節は寒さが彼女を蝕む要素にもなりうるので彼女が思っている以上に彼女は疲れているのだ。)
これは社会人としては致命的ともいえるが、彼女の異常なまでの責任感が社会から外れることを許さないために、仕事を欠勤したり、具合が悪い素振りを見せることもない。
気力という仮面だけで城を出て行くのだ。


彼女は若い時から気をつけようとしているのだが、なかなか治らない。
時々はそうすることが自分に必要だというように、「みんな」に合わせて同じことをしようとする。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

友人N

彼女を語るうえで絶対に外すことができない存在が彼女の友人Nである。 Nなくして今の彼女はいないのである。 Nは「一番親しく古い友人であり、姉であり妹であり、遠くにいても近いひと」である。 Nは彼女の人 …

noimage

水面に浮かび上がる絵

田植えの時期だ。 彼女は少しずつワクワクし始める。 今年の梅雨は降水量が少ないようだ。 梅雨に入ったとは言いながら日が差している日の方が多い。 彼女は少し知っているだけの農家のおじさんと顔を合わせるた …

消えた『群集の中の孤独』

消えた『群集の中の孤独』

彼女は最近彼女にしては頻繁に人ごみの中へ出かけている。 用があって出ているのだが、久しぶりに雑踏の中へ出かけて新鮮味があるようだ。 彼女は萩原朔太郎の『群集の中に居て』という詩がとても好きだ。 都会へ …

noimage

探しもの

彼女の同僚の財布が消えた。 帰宅後連絡を受けた彼女は探すのを手伝いに職場に戻った。 見つからなかったらいけないので、失くした彼のために急場しのぎの数万円を財布に入れた。 まずはみんながパニクっているの …

noimage

彼女のInstagram

彼女はこの1月からInstagramのアカウントを自分で作って自分で管理している。 このブログやTwitterやGoogle+は僕が100%管理運営していて、彼女は傍観しているだけなのだが、 Inst …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ