彼女の話

みんなと同じ彼女

投稿日:

彼女はときどき突っ走ってしまう。
そして突然傀儡が人の手を離れて首をうなだれるようにぱったりと動かなくなってしまう。

しなければいけないことがあるとき、したいことがあるとき、彼女はもう半分自分を捨てるように取り組む。
それは仕事だったり、絵を描くことだったり様々だが、
とにかく問題は彼女が自分の限界に気付かずに走り続けてしまうことだ。

人はなんとなく息のつきどころとか、休んでいいところとかそのタイミングが分かるものだが、
彼女は動けなくなるまで気づかない。
仮面をかぶっている限り、外で膝が折れてしまうことはないが、
城に戻った途端、がた、がた、がたりと目を閉じる。


要するにタスクに対して自分のエネルギー分配がうまくできない、そしてどこで負荷量が上がったか分からないためにこの問題は起こっていると言えるだろう。
(特に今の季節は寒さが彼女を蝕む要素にもなりうるので彼女が思っている以上に彼女は疲れているのだ。)
これは社会人としては致命的ともいえるが、彼女の異常なまでの責任感が社会から外れることを許さないために、仕事を欠勤したり、具合が悪い素振りを見せることもない。
気力という仮面だけで城を出て行くのだ。


彼女は若い時から気をつけようとしているのだが、なかなか治らない。
時々はそうすることが自分に必要だというように、「みんな」に合わせて同じことをしようとする。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

忘れていく彼女

忘れていく彼女

彼女はあまり記憶力がよくない。 まるでわざとそうしているようかのように、これまでのことをどんどん忘れて行ってしまう。 彼女は特にそういったハンディキャップや疾患があるわけではない。 なのでつい最近のこ …

noimage

彼女と絵: パウル・クレー

パウル・クレーは彼女が今のところ「いちばん好きだ」という画家だ。 (今のところ、というのは自分はまだ世界中のすべての絵を見たわけではないから、ということだ。)   彼の作品にはたくさんの色を …

noimage

彼女とtwitter

彼女は僕が作ったこのブログ用のtwitterアカウントで少し向こうの大きな存在に近づいた。 大げさに思うかもしれないが、彼女にとってはあなたが初めて人前で歌うということと同じくらい緊張することなのだ。 …

noimage

彼女と窮屈な箱

これも巨大物恐怖症と同じく彼女の弱点のひとつだが、 大きすぎるものと反対に彼女は狭い空間を嫌がる。 閉所恐怖症だ。 なぜこうなったかは分からないが、 とてもとても小さかったときの彼女はむしろそんな場所 …

彼女と花

彼女と花

彼女は花が好きじゃない。 唯一心を許せるのはかすみ草だと思われるが、実はそれもあまりよく接したことはない。 彼女は自分の城のベランダにプランターをいくつか置いていて、 ハーブの花が咲いたときはああ、咲 …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ