彼女の話

みんなと同じ彼女

投稿日:

彼女はときどき突っ走ってしまう。
そして突然傀儡が人の手を離れて首をうなだれるようにぱったりと動かなくなってしまう。

しなければいけないことがあるとき、したいことがあるとき、彼女はもう半分自分を捨てるように取り組む。
それは仕事だったり、絵を描くことだったり様々だが、
とにかく問題は彼女が自分の限界に気付かずに走り続けてしまうことだ。

人はなんとなく息のつきどころとか、休んでいいところとかそのタイミングが分かるものだが、
彼女は動けなくなるまで気づかない。
仮面をかぶっている限り、外で膝が折れてしまうことはないが、
城に戻った途端、がた、がた、がたりと目を閉じる。


要するにタスクに対して自分のエネルギー分配がうまくできない、そしてどこで負荷量が上がったか分からないためにこの問題は起こっていると言えるだろう。
(特に今の季節は寒さが彼女を蝕む要素にもなりうるので彼女が思っている以上に彼女は疲れているのだ。)
これは社会人としては致命的ともいえるが、彼女の異常なまでの責任感が社会から外れることを許さないために、仕事を欠勤したり、具合が悪い素振りを見せることもない。
気力という仮面だけで城を出て行くのだ。


彼女は若い時から気をつけようとしているのだが、なかなか治らない。
時々はそうすることが自分に必要だというように、「みんな」に合わせて同じことをしようとする。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

沿線生活

彼女は昔お金がとてもなかったとき、 線路沿いの安いアパートに住んでいた。 すごく安かったけど、すごくうるさかった。 騒音や刺激に打たれ強い人だって線路沿いの部屋は安くても避ける。 だれだって静かな生活 …

ヘドロの中で

ヘドロの中で

「ヘドロの中で生殺しにされている気分だ」 僕はこの日、点滴にするか牛乳プリンにするかで悩んでいた。 点滴は今の彼女を直接的に物理的に助けることを明らかだった。 ただし僕の記憶では彼女は牛乳プリンが実は …

noimage

彼女とゴミ

彼女は意外とエコな人だ。 彼女自身は貧乏性からくるものだと思っているようだが、結構地球に優しいのである。 (寒いというだけで心まで死んでしまう人なので、 冬は暖房がつけっぱなしになってしまうことを除け …

noimage

彼女と飲み会

昨夜は彼女の職場の飲み会があった。   彼女はいつだってできるだけ早く自分の城に帰りたいと思っているし、 何より人と長い時間接しているのが苦手だ。 彼女は飲み会が好きじゃない。 しかも一日中 …

noimage

満たされないのは

「どこにいても 何をしていても だれと話しても 満たされないのは 自分のことばかり かんがえているから」 関連

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ