彼女の話

恣意的彼女

投稿日:

あなたは誰かのことをとても知りたい、と思ったことはあるだろうか。

彼女はあまり自分のことを話さない。
話すが好きじゃないのだ。
でも話さないからこそ余計に人は彼女に関心をもってどんな人なのか知ろうとしてくる。
彼女はいつもそれが嫌だ。

どんなに仮面をうまくかぶっているつもりでも、彼女は少し変わっている。
使う言葉や見ているものや視点が他の多くの人と違う。
言葉は特に違う。

たとえば職場で上司に嫌な思いをさせられたら、
気の優しい同僚は大丈夫か、と声をかけてくる。
彼女はそれに「まぁ粘土にでもして置いときますよ」とぽろりといって笑う。

・・・粘土?


子供の頃はこんな表現のオンパレードで、会話にならないことが多かった。
そして彼女にとって問題は粘土ではない。
「置いときますよ」って一体どこに置いておくつもりなのだ、それが問題なのだ。


読んでくれている方は、もうすでに訳が分からないでこのページから去ろうとしているかもしれないし、いやもう粘土時点で去ってしまっているだろう。
失礼な話で申し訳ないが、彼女もきっとそれを望んでいる。
そう、分からなければそれで終わりで、それでいいのだ。

ただしなまじっかそれが職場の人間など毎日会う近しい存在になってしまうと、
中途半端にしかならない理解を示そうと、フラフラした興味をもって質問攻めにしてくる。
「話したってどうせ分からないくせに」
これまで繰り返されてきた必定の結果を想像しながら、彼女は心の中で悪態をついて仮面の口角を上げ相手のいうことに「適当に」答える。


結局人は他人を理解できない、ということは分かっている。
それは彼女が「おかしな」言葉を使うからだけではなくみんなそうなのだ。
だから彼女は自分のことを話さないし、他人にもほとんど興味を示さない。
分かる努力をしようとしない。
知ろうとすることの意味を忘れてしまっている。



恣意的彼女

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女はまだ

彼女はまだ自分の気質についてよく知らない。 彼女はまだ自分の気質についてはじめて書かれた本を一度も読み終えていない。   これまでに3回読もうとしたが、果たさなかった。   1回目 …

noimage

彼女と絵 :柴田鋭一『せっけんのせ』

彼女は今年”Art Calendar by Three Artist 2017”というタイトルのカレンダーを貼っている。 タイトル通り、3人のアーティストの作品が月替わりで印刷されている。 その中に柴 …

noimage

それが問題だ。

最近の彼女はあまり考え込んではいないようだ。 やることがたくさんあるから考えこむ暇がないのである。 思考のループにはまって抜け出せなくなったとき、よく聞く提案。 運動をしろ、とか 好きな音楽を聴け、と …

noimage

彼女とtwitter

彼女は僕が作ったこのブログ用のtwitterアカウントで少し向こうの大きな存在に近づいた。 大げさに思うかもしれないが、彼女にとってはあなたが初めて人前で歌うということと同じくらい緊張することなのだ。 …

noimage

・線アフォーダンス

腱鞘炎が未だ治まらず点をあまり打たなくなった彼女は以前より線を多く引くようになった。 線を描いているときの彼女はすごく伸び伸びしているように見える。 なんというかもう少し大きなスケッチブックに描いたら …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ