彼女の話

青りんごの彼女

投稿日:

彼女は自分のことを話すのがあまり得意ではない。
そのせいで言葉足らずになって誤解を受けることも多い。
彼女はそれをものすごく気にする。


人は自分のイメージで話をすることが多い。
自分が青リンゴとして話していても
話しているうちに相手は自分のことを赤リンゴだと思っているかもしれない。
そうやって相手が想像しうる他の可能性があるかもしれないということを失念して話し続けてしまうと
どこかで話がなんだか噛み合っていないことに気付く。

話終えた後で何だかしっくりこないこの感じを考えていると、
その他の可能性たちに気付いていく。
そうか、相手は自分を梨だと思っていたんだ!とか。


彼女は誤解を解かなければとそればかり考えるようになる。
どう伝えたら自分が青リンゴだと分かってもらえるのだろうか、
相手に梨だと思わせてしまった要因は何だろう。
分かってもらえないとしても赤だって青だっていいから
せめて自分はリンゴなのだと伝えたほうがいいじゃないだろうか。
相手も青リンゴの可能性をもっと考えてよ。
青リンゴだから心配だとか無理だとかちょっとおかしいとか思われたかな。
青リンゴも色々だって伝えなくちゃ・・・

こんなことが彼女の脳内でめまぐるしく延々とぐるぐるぐるぐるし続けているのである。
さらに誤解を解くタイミングはいつがいいだろうか、とか
神妙に話すほうがいいだろうか、かるーく小話でまとめるがいいだろうか、
などなど付け加えられて彼女のソワソワは止まらない。


しかし彼女もこれまでの経験から分かっている。
自分が気にしているほど相手は自分が赤だろうと青だろうと梨だろうと気にも留めていない。
改めて説明の機会を設けたところで、へーそうなんだねで終わるか
この人まだその話してると思われるか、ちょっと自意識過剰ではと思われたりする。
大概彼女の思惑通りのリアクションは得られないし、
おかげで彼女もそれまでの思考の炎が不完全燃焼を起こしてプスプスいうことになる。

自意識過剰というのは見方によっては正しいかもしれない。
彼女は彼女自身であれ彼女のペルソナであれ、
こう見られていたい、そうでなければ安心できないという不安が強いのだ。

誤解を受けていたって受けていなくたって
どちらにせよ100%正確に人を把握することはできない。
赤いリンゴだって日陰にいた部分は青かったりするのだ。
彼女だってペルソナを多用するからといって、
180°を境に表が赤で裏が青ときっちり線を引かれて色が変わっているわけでもない。
赤や青や白や黄のまだらで味が梨でも大丈夫なのだ。


それでは彼女の不安はどこから来るのだろう?
彼女はプラスチックのリンゴみたいなツルツルした原色青りんごを目指しているのだろうか。
相手が想像しうる”他の可能性”を彼女は失念しているのではなく、
自分の中にあるそのまだらに気づいていないだけかもしれない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

海底の木箱

彼女の海底には木箱が沈んでいる。 木箱は古い鉄の錠がついていて、鎖が巻かれている。 これは彼女が以前に医者に言われて沈めたものだ。 木箱の様子はときどき変わる。 太陽の光が差し込んでゆらゆらと明るく見 …

彼女のおでかけ

彼女のおでかけ

彼女は実は結構服が好きだ。 あまり出かけることがないので持っていても出番はないだろう、と買わないことが多いのだが、 クローゼットにある服はどれも気に入っている。 ただし彼女の深く深く考える癖はこういう …

noimage

彼女と飲み会

昨夜は彼女の職場の飲み会があった。   彼女はいつだってできるだけ早く自分の城に帰りたいと思っているし、 何より人と長い時間接しているのが苦手だ。 彼女は飲み会が好きじゃない。 しかも一日中 …

noimage

夢の話3

彼女はドラえもんやのび太たちが住んでるような 平たい街にすんでいるようだった。 高い建物がなく、一軒家がただ立ち並ぶ住宅街。 あの塀に囲まれた、車一台と人がやっと通れるような 薄いグレイの道を彼女は誰 …

彼女の世界の胚胎

彼女の世界の胚胎

彼女は自分のそんな世界に気付いてから、少しずつ幸せになれるような気がしている。 「これだから自分は自分の人生を認められない」と思っていた頃に比べれば 今は食事を作った時にいつまでもキッチンに残る生姜の …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ