彼女の話

青りんごの彼女

投稿日:

彼女は自分のことを話すのがあまり得意ではない。
そのせいで言葉足らずになって誤解を受けることも多い。
彼女はそれをものすごく気にする。


人は自分のイメージで話をすることが多い。
自分が青リンゴとして話していても
話しているうちに相手は自分のことを赤リンゴだと思っているかもしれない。
そうやって相手が想像しうる他の可能性があるかもしれないということを失念して話し続けてしまうと
どこかで話がなんだか噛み合っていないことに気付く。

話終えた後で何だかしっくりこないこの感じを考えていると、
その他の可能性たちに気付いていく。
そうか、相手は自分を梨だと思っていたんだ!とか。


彼女は誤解を解かなければとそればかり考えるようになる。
どう伝えたら自分が青リンゴだと分かってもらえるのだろうか、
相手に梨だと思わせてしまった要因は何だろう。
分かってもらえないとしても赤だって青だっていいから
せめて自分はリンゴなのだと伝えたほうがいいじゃないだろうか。
相手も青リンゴの可能性をもっと考えてよ。
青リンゴだから心配だとか無理だとかちょっとおかしいとか思われたかな。
青リンゴも色々だって伝えなくちゃ・・・

こんなことが彼女の脳内でめまぐるしく延々とぐるぐるぐるぐるし続けているのである。
さらに誤解を解くタイミングはいつがいいだろうか、とか
神妙に話すほうがいいだろうか、かるーく小話でまとめるがいいだろうか、
などなど付け加えられて彼女のソワソワは止まらない。


しかし彼女もこれまでの経験から分かっている。
自分が気にしているほど相手は自分が赤だろうと青だろうと梨だろうと気にも留めていない。
改めて説明の機会を設けたところで、へーそうなんだねで終わるか
この人まだその話してると思われるか、ちょっと自意識過剰ではと思われたりする。
大概彼女の思惑通りのリアクションは得られないし、
おかげで彼女もそれまでの思考の炎が不完全燃焼を起こしてプスプスいうことになる。

自意識過剰というのは見方によっては正しいかもしれない。
彼女は彼女自身であれ彼女のペルソナであれ、
こう見られていたい、そうでなければ安心できないという不安が強いのだ。

誤解を受けていたって受けていなくたって
どちらにせよ100%正確に人を把握することはできない。
赤いリンゴだって日陰にいた部分は青かったりするのだ。
彼女だってペルソナを多用するからといって、
180°を境に表が赤で裏が青ときっちり線を引かれて色が変わっているわけでもない。
赤や青や白や黄のまだらで味が梨でも大丈夫なのだ。


それでは彼女の不安はどこから来るのだろう?
彼女はプラスチックのリンゴみたいなツルツルした原色青りんごを目指しているのだろうか。
相手が想像しうる”他の可能性”を彼女は失念しているのではなく、
自分の中にあるそのまだらに気づいていないだけかもしれない。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

(no title4)

「美しいものだけをみていたいって思うのよ」 「たとえかなわなくっても」 関連

noimage

彼女の買い物

彼女はなかなかの倹約家だ。 もったいない精神とムダ嫌いの魂をもつ。 彼女は普段かなり質素に暮らしている。 特に欲しいものもなく、ブランド物にもあまりステータスを感じない。 だから通常お金を使うことと言 …

noimage

どきどきする

彼女はときどき動悸がする。 甲状腺に軽い疾患があるためそのせいかもしれない。 一度始まると立ち上がるだけで息が上がるようになってしまうため できればおさまるまで深くゆっくり深呼吸しながら横になっている …

noimage

距離

「なぜ自分のものさしだけで私との距離を測るのか」 「ズカズカ入ってこようとするな、理解しようとなんてするな」 「気を遣ったようなフリをして、私のことを分かったような物言いはやめろ」 距離がとりにくい人 …

noimage

ベストアルバム for her

「ベタか笑」 Ben Folds Rockin’ the suburbs 関連

表面下の世界

2019/01/16

表面下の世界

渇き

2019/01/07

渇き

秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

記事内の彼女の絵や写真。
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ