彼女の話

回避依存

投稿日:

「確かに人は一人で生まれ一人で死んでいく。それなのにわざわざ一人では生きられない過程を通過しなければならないのはなぜか」


誰か
愛とか信頼とかいうものを知らない人間にも分かるよう、どうにか説明してやってほしい。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女が死ぬとき

彼女が死ぬとき

彼女は願っている。 自分が死ぬとき それは誰かが生き延びるとき。 彼女は死をとても恐れている。 死ぬときのことを思うと怖くて怖くてたまらない。 死ななければならないのに、どうして生まれてきてしまったの …

noimage

彼女のじんましん2

その後も彼女は突拍子もない痒みと肌のツッパリと腫れに襲われた。 時には顔だけでなく、首や鎖骨辺りまで赤くなることがあった。 ほとんどは夜だったが、出勤まえに起こるとすごく焦った。 彼女はキノコが大好き …

noimage

海底の木箱

彼女の海底には木箱が沈んでいる。 木箱は古い鉄の錠がついていて、鎖が巻かれている。 これは彼女が以前に医者に言われて沈めたものだ。 木箱の様子はときどき変わる。 太陽の光が差し込んでゆらゆらと明るく見 …

noimage

忘れていく彼女 -感情

前回と前々回のつづき 彼女にはときどき顔を合わせるおばあさんがいる。 顔を合わせても話すときもあるし、話さないときもある、 それくらいほんの少しの時間一緒にいるおばあさんだ。 そんなおばあさんが小学生 …

noimage

におい

彼女の鼻は大抵詰まっている。 なので匂いにはそんなに敏感ではないはずなのだが、 そんな時でもやたらと気になる匂いというのがいくつかある。 まず決して受けつけないのはタバコの臭いだ。 これはいついかなる …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ