彼女の話

アンビバレンス

投稿日:2018年8月2日 更新日:

「もういいから!!出てこないで!もう必要ないからもう行って!!!」


朝4時前だった。
彼女はずっと眠れずにいて、数時間眠っていたかと思うとまた目が覚めを繰り返し、
この時は起き上がってベッドに腰かけ文字通り頭を抱えていた。


「お願いだから出て行って・・・」

涙交じりにそう呟いて彼女は自分が肩を上下に揺らして
ひどく激しく呼吸を繰り返していることに気付いた。
「息・・・ちゃんと息しなくちゃ・・・」
鼻から吸って、倍以上かけて口から吐く。


彼女は薬を一粒とりだして、半分に割った。
長く飲んでいなかった薬だった。
水でそれを胃の中に落とし込んだ。
胃の中でそれが浮遊し、小さく小さく溶けだした分子が血管内に侵入していく様子を想像して、
彼女はやっと自分の呼吸音が気にならなくなった。


「まさかあんなことを思うなんて」
彼女は信じられないというように話した。
一体自分はどこに足をつけているのか分からないと動揺いた。



彼女はもうかなり小さい時からたくさんの妄想の世界を持っていた。
自分がそういう世界をもつようになったきっかけは誰かが与えてくれたものだったと記憶しているのが、
そういう世界を自分が作ることができるんだ、と当時はかなりセンセーショナルな出来事であったようだ。

それからというもの彼女は同時にいくつもの妄想世界を作り、
それらの世界と現実の世界をかなり激しく行ったり来たりするようになった。
まだ幼かったうちはAという妄想世界で設定したことをうっかりCの世界に持ち込むなどして混乱したりした。
成長するにつれてありとあらゆることが妄想の対象になり、現実世界での集中力は失われていったような節が見られる。
その爆発したたくさんの世界で彼女は何にでもなれ、どこにでも行き、自分がいつでも中心であった。

それが最近、本当に最近になって、彼女は自分が作り出した妄想世界がいつの間にかたったの1つになっていることに気付いた。
たまたま最近の自分はその世界が居心地がいいのだろうと思っていたはずなのに、
気が付くとあれほど多くあったはずの他の世界のことを何も思い出せなくなっていた。
行こうと思えばいつでも行けた、確かにいつも自分の側にあったはずの世界たち。


そしてこの日の早朝、眠れず唯一残った妄想世界に自ら向かおうとしていた。
思えば彼女の妄想史上もっとも長く構築され続けていた世界だった。
これを彼女は突如激しく拒絶したのである。出てくるな、と。


「疲れたんだ・・・あの世界に・・」


彼女は茫然としていた。
間接照明をつけただけの暗闇の中で、彼女は自分の足首から先が全く見えなかった。


アンビバレンス

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

「おんがくをきこう」

「お腹がすかない だれかいっしょにたべてほしい 会話がおわった 今回はわたしのせいじゃないとおもう 急にあたまがとまる 喉のおくからうまれでそう お腹がおもい そこに何かひっかかってるはれてる つばが …

noimage

(no title2)

彼女は最近ひどく不安定だ。 ゆらゆらしているのに、口は貝のようにしっかりと固く閉ざされている。 誰にでも憂鬱になるときはある。 僕はただ待つしかない。 関連

noimage

なぜ口でキスするのか

  どうしてキスは口でするのか。 いつからヒトは唇でキスするようになったのだろうか。   まつ毛とか鼻とかでキスみたいなことをする人たちも世界にはいるが、 彼女は映画なんかで唇でち …

noimage

彼女の一番古い記憶

-覚えている限りの一番古い記憶がわかるか。 「わかる」   -何歳頃だったと思うか。 「3歳から5歳…たぶん、3歳か4歳だと思う。」   -思い出した記憶には色がついているか。 「 …

noimage

たくさんの話から

彼女の上司は大変いい人である。 色んな事を知っていて好奇心旺盛な人であり、腰が低く人脈が広い。 感性も鋭くよく気が利き、ユーモアに富み周りへの気遣いや配慮に溢れた人だ。 彼はおそらくHSPであるようで …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ