彼女の話

彼女と酒

投稿日:

彼女は酒が好きだ。
飲み会は嫌いだが、ひとりで飲むのはとても好きだ。


昔は平日も仕事の後の楽しみに発泡酒を1本飲んでいたが、
知り合いにノンアルコールをすすめられて以来、平日はALL FREEで事足りることにきづいた。
一日の最後にぷしゅっと開けて、しゅわしゅわする甘くないものであればどうやらなんでも良かったようだ。

それでも休日には飲むのを楽しみにしている。
特にベランダで風に揺れる洗濯物を眺めながら真っ昼間から飲むのが好きで、
そのために気に入ったつまみを前日から揃えたりする。
音楽を聴いたり本を読んだり絵を描きながら飲んでいるときもある。
好きなことを好きに飲みながらご機嫌で過ごすのが休日だ。


残念ながら日本酒と焼酎は飲めない。
においを受け付けないのだ。
発泡酒かワインが多い。
麦酒に関してはビールでも発泡酒でもあまりこだわらない。
ワインは赤も白も好きだが、どちらを飲むかは気分次第だ。
甘いものはあまり飲まないが、ときどき思い出したようにジンビームのコーラ割りが無性に飲みたくなったりする。
ジンも普段は飲まないが常備している。


彼女は異常にシャイだが、飲むと心ほぐれて色々話してくれる。
いつも自分は何かおかしなことを言っているのではと恐れて話してくれないことも、
彼女の不思議な世界のことも。
聴いていると理解しづらいことも多いが、彼女がそれらをそれなりに楽しんで過ごしていることが伝わってくる。
そう努めようとしているのかもしれないけれど、
いつか彼女がいつでもあんな風に”彼女”になれるときが来ればいいと僕は思う。



彼女と酒

-彼女の話

執筆者:

関連記事

花がら

アンビバレンス2 ー花がら

HSPはとかく外界からの刺激に対する敏感さを挙げられることが多いが、 自分の内界からの刺激にもそれは同じである。 自分が作り上げた妄想世界を自分自身で衝撃的に拒否してしまったあとも、 彼女が完全にその …

noimage

腱鞘炎

彼女は最近線を描く。 あまりたくさんの点がかけなくなってしまったからだ。 会う医者や治療者によって腱鞘炎だと言われたり手根症候群だと言われたり色々だが、 とにかく昔から彼女は手をよくやられる。 腱鞘炎 …

noimage

共鳴する彼女

彼女は知らない人と話すが苦手だ。 それにも関わらず見知らぬ人に話しかけられやすい。 たとえば職場に新しい人が入ってきたとき、 彼女はできるだけ自分の存在を薄く薄く振る舞い、必要に応じて あの「どうか話 …

noimage

背徳感と新しい彼女

世の中にはやってはいけないことがある。 倫理とか道徳とか約束とかルールとか法律とか友情とか そういうものに背くようなことはやってはいけないのだ。 やってはいけないことは、やってはいけない。 約束は守ら …

noimage

探しもの

彼女の同僚の財布が消えた。 帰宅後連絡を受けた彼女は探すのを手伝いに職場に戻った。 見つからなかったらいけないので、失くした彼のために急場しのぎの数万円を財布に入れた。 まずはみんながパニクっているの …

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ