彼女の話

彼女と酒

投稿日:

彼女は酒が好きだ。
飲み会は嫌いだが、ひとりで飲むのはとても好きだ。


昔は平日も仕事の後の楽しみに発泡酒を1本飲んでいたが、
知り合いにノンアルコールをすすめられて以来、平日はALL FREEで事足りることにきづいた。
一日の最後にぷしゅっと開けて、しゅわしゅわする甘くないものであればどうやらなんでも良かったようだ。

それでも休日には飲むのを楽しみにしている。
特にベランダで風に揺れる洗濯物を眺めながら真っ昼間から飲むのが好きで、
そのために気に入ったつまみを前日から揃えたりする。
音楽を聴いたり本を読んだり絵を描きながら飲んでいるときもある。
好きなことを好きに飲みながらご機嫌で過ごすのが休日だ。


残念ながら日本酒と焼酎は飲めない。
においを受け付けないのだ。
発泡酒かワインが多い。
麦酒に関してはビールでも発泡酒でもあまりこだわらない。
ワインは赤も白も好きだが、どちらを飲むかは気分次第だ。
甘いものはあまり飲まないが、ときどき思い出したようにジンビームのコーラ割りが無性に飲みたくなったりする。
ジンも普段は飲まないが常備している。


彼女は異常にシャイだが、飲むと心ほぐれて色々話してくれる。
いつも自分は何かおかしなことを言っているのではと恐れて話してくれないことも、
彼女の不思議な世界のことも。
聴いていると理解しづらいことも多いが、彼女がそれらをそれなりに楽しんで過ごしていることが伝わってくる。
そう努めようとしているのかもしれないけれど、
いつか彼女がいつでもあんな風に”彼女”になれるときが来ればいいと僕は思う。



彼女と酒

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の城

彼女は家をとてもとても愛する。 仕事に行っても友達と会っても、出来るだけ早くこの場所に戻りたいといつも願っている。 ロフト付き1Kが彼女の縄張り、彼女の城。   彼女は最近DIYにハマってい …

noimage

水面に浮かび上がる絵

田植えの時期だ。 彼女は少しずつワクワクし始める。 今年の梅雨は降水量が少ないようだ。 梅雨に入ったとは言いながら日が差している日の方が多い。 彼女は少し知っているだけの農家のおじさんと顔を合わせるた …

noimage

彼女はそんなふうにできている

彼女は自分は風邪をひかないと思っている。 はっきり言って彼女がそう妄信する根拠は何もないのだが、 強いて言えば彼女の体温が高い、ということはあるかもしれない。 37度ある日もざらで、 検診などで毎度微 …

noimage

涙の世界

彼女は目に涙をいっぱいに溜めていた。 僕は彼女が一体どこに視線を定めているのか分からなかった。 それはおそらく彼女から見えた世界も同じだったに違いない。 ちょうどプールで水面があなたの網膜を横切った時 …

noimage

彼女の秘密

彼女はついに絵も描かなくなってしまった。 動悸もするし、ひどく憂鬱そうにしている。 呼吸がしにくいせいで酸素が脳や体内に行きわたっていないのか、 四六時中眠気と闘っている。 だからといって横になっても …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ