彼女の話

彼女と酒

投稿日:

彼女は酒が好きだ。
飲み会は嫌いだが、ひとりで飲むのはとても好きだ。


昔は平日も仕事の後の楽しみに発泡酒を1本飲んでいたが、
知り合いにノンアルコールをすすめられて以来、平日はALL FREEで事足りることにきづいた。
一日の最後にぷしゅっと開けて、しゅわしゅわする甘くないものであればどうやらなんでも良かったようだ。

それでも休日には飲むのを楽しみにしている。
特にベランダで風に揺れる洗濯物を眺めながら真っ昼間から飲むのが好きで、
そのために気に入ったつまみを前日から揃えたりする。
音楽を聴いたり本を読んだり絵を描きながら飲んでいるときもある。
好きなことを好きに飲みながらご機嫌で過ごすのが休日だ。


残念ながら日本酒と焼酎は飲めない。
においを受け付けないのだ。
発泡酒かワインが多い。
麦酒に関してはビールでも発泡酒でもあまりこだわらない。
ワインは赤も白も好きだが、どちらを飲むかは気分次第だ。
甘いものはあまり飲まないが、ときどき思い出したようにジンビームのコーラ割りが無性に飲みたくなったりする。
ジンも普段は飲まないが常備している。


彼女は異常にシャイだが、飲むと心ほぐれて色々話してくれる。
いつも自分は何かおかしなことを言っているのではと恐れて話してくれないことも、
彼女の不思議な世界のことも。
聴いていると理解しづらいことも多いが、彼女がそれらをそれなりに楽しんで過ごしていることが伝わってくる。
そう努めようとしているのかもしれないけれど、
いつか彼女がいつでもあんな風に”彼女”になれるときが来ればいいと僕は思う。



彼女と酒

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と絵: パウル・クレー

パウル・クレーは彼女が今のところ「いちばん好きだ」という画家だ。 (今のところ、というのは自分はまだ世界中のすべての絵を見たわけではないから、ということだ。)   彼の作品にはたくさんの色を …

noimage

歯っ欠けの彼女

彼女の歯が砕けて欠けたらしい。 笑ってしまった。 幸い欠けた歯は前歯ではなく、それももともとしてあった詰め物が欠けたらしかった。 だから本物の歯が欠けたわけではないのだが、 彼女はついに恐れていたこと …

noimage

くろくなる光

「白いキャンパスに光を描こうとするとくろくなる」 彼女は自分が塗り上げたその黒さに絶望する。 久しぶりに会った彼女はひどく痩せていた。 まるで地球上の重力すべて集めましたといった重さの鉄板によって き …

noimage

彼女とHSSと著作権と僕4

ちなみにアメリカへお伺いをたてていた件だが、 もちろん返事はノーだった。 ドクターアーロンは出版社との契約によって厳しく制限を受けていて 文献からもウェブサイトからも引用は許可できない。 ドクターのア …

noimage

忘れていく彼女 -感情

前回と前々回のつづき 彼女にはときどき顔を合わせるおばあさんがいる。 顔を合わせても話すときもあるし、話さないときもある、 それくらいほんの少しの時間一緒にいるおばあさんだ。 そんなおばあさんが小学生 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ