彼女の話

・線アフォーダンス

投稿日:

腱鞘炎が未だ治まらず点をあまり打たなくなった彼女は以前より線を多く引くようになった。
線を描いているときの彼女はすごく伸び伸びしているように見える。
なんというかもう少し大きなスケッチブックに描いたら?と言いたくなるほど
ぐんぐん鉛筆やボールペンを体ごとゆらゆらさせながら描いているのだ。
実際線はよくスケッチブックからはみ出しているし、
彼女自身スケッチブックをぐるんぐるん、あっちへこっちへ忙しそうに回しながら描いている。


線を描いている彼女は点を打つ彼女よりももっと野性的で本能的だ。


飢えている。


伸び伸びとして自由に見えるのに。
飢えている。


それは点を欲しているのか、色を欲しているのか、他のなにかであるのか。
ひどく乾いた砂漠の上をほんの少しの霧雨が線となって落ちていくように。
はたはたはたはた。
黒鉛が、インクが、墨汁がスケッチブックの上に静かにすべり落ちる。


彼女は必死に線をひく。
蚕が営繭するように。
その細い線で自分の周りを囲おうとするかのように。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女の味覚

彼女は薄口を好む。 なんにしても濃い味付けはあまり受け付けない。 自分で食べるだけの時はほとんど味付けは塩だけで済ませる。 あとの調味料は酢と酒、ごま油が好きだというくらいだろうか。 塩だけで済めばそ …

noimage

友人N

彼女を語るうえで絶対に外すことができない存在が彼女の友人Nである。 Nなくして今の彼女はいないのである。 Nは「一番親しく古い友人であり、姉であり妹であり、遠くにいても近いひと」である。 Nは彼女の人 …

消えた『群集の中の孤独』

消えた『群集の中の孤独』

彼女は最近彼女にしては頻繁に人ごみの中へ出かけている。 用があって出ているのだが、久しぶりに雑踏の中へ出かけて新鮮味があるようだ。 彼女は萩原朔太郎の『群集の中に居て』という詩がとても好きだ。 都会へ …

なんという赤!

なんという赤!

無理して笑ってるでしょ 男は目の前にいたのだが、彼女は こいつ後ろから私を見ている、と悟った。 私のななめ後ろにいて、仮面と顔の境目にできた影を見てる、と思った。 はっと気づいた時、男はさらに畳みかけ …

彼女の時計

彼女の時計

残念ながら先日電池を交換した彼女の腕時計の針は 再び散漫な仕事を繰り返すようになってしまった。 修理査定に出そうと考えた彼女はまず時計屋の少なさに驚いた。 文明の利器スマホを頼っても彼女の住む周辺には …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年5月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ