彼女の話

・線アフォーダンス

投稿日:

腱鞘炎が未だ治まらず点をあまり打たなくなった彼女は以前より線を多く引くようになった。
線を描いているときの彼女はすごく伸び伸びしているように見える。
なんというかもう少し大きなスケッチブックに描いたら?と言いたくなるほど
ぐんぐん鉛筆やボールペンを体ごとゆらゆらさせながら描いているのだ。
実際線はよくスケッチブックからはみ出しているし、
彼女自身スケッチブックをぐるんぐるん、あっちへこっちへ忙しそうに回しながら描いている。


線を描いている彼女は点を打つ彼女よりももっと野性的で本能的だ。


飢えている。


伸び伸びとして自由に見えるのに。
飢えている。


それは点を欲しているのか、色を欲しているのか、他のなにかであるのか。
ひどく乾いた砂漠の上をほんの少しの霧雨が線となって落ちていくように。
はたはたはたはた。
黒鉛が、インクが、墨汁がスケッチブックの上に静かにすべり落ちる。


彼女は必死に線をひく。
蚕が営繭するように。
その細い線で自分の周りを囲おうとするかのように。

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

冬の彼女

ハッキリ言って冬の彼女はまるで役に立たない。 朝はますます起きなくなり、ぎりぎりまでコタツに居座り、外に出たくないとばかり考えていた挙句仕事に行くのに仕事着を忘れ、遅刻寸前に出社、帰ればエアコンとコタ …

noimage

彼女の頭の中のいちばん外側

彼女はいつも自分は結局一体なんなのだろう、と考える。 自分の行動を振り返る。 その時にそれは一般的な行動であったのか、 それとも自分の本来の性格によるものだったのか、 そして、それとも自分のその気質の …

noimage

偏愛

彼女は好き嫌いが激しい。 嫌いなものは我慢ができないくらい嫌いだし、 好きなものはなんだかもうどうしようもないくらいに好きになってしまう。 とてもいい音楽を見つけてしまったときはそれから数か月は同じア …

noimage

終わりどころ

彼女は点を描いているとき、一体どこで終わればいいのか毎回分からなくなる。 これでこの紙に打つ点は終わり、、、かなぁ?と。 ここにもそこにもまだ打とうと思えば打てるのだけど、あと一点だけ打ってもう手をつ …

惜しい音

惜しい音

彼女にしか聴こえない音がある。 ごく小さいころから聴こえていたので、それがどうも他の人には聴こえていないようだ、と気付いた時はかなり仰天した。 一番最初に気付いた音は太鼓の音だった。 夏だったので近所 …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ