彼女の話

3月9日

投稿日:

今日は3月9日だ。
3月9日と言えばレミオロメンだ。
最近では卒業ソングの定番らしい。


彼女は卒業式に特になんの思い入れも思い出もないが、
高校の卒業式だけは死ぬほどうれしかったのを覚えている。
10代で一番うれしかったことは何かと訊かれたら高校卒業だと言うかもしれない。
高校が大嫌いだった。


高校で彼女は一度挫折しかけている。
休みを与えられないほどの学習時間と模試と教師の「叱咤激励」は
彼女にとって毎日台風が来ているようだった。
彼女は今も嫌なことは決してしない。
良かれ悪かれ逃げてでもしないのだ。
それが許されなかったのがこの高校時代だった。

教わっているものが一体何の役に立つのか全く分からなかった。
意味がないとしか思えなかった。
国語や英語は内容によってはまだ楽しめたが、
それがすべて試験のためかと思うと途端に色褪せた。

一体自分はここで毎日毎日何をやっているのだろうと苦しかった。
周りができていることが自分にはできなかった。
それは成績がどうとかいうことより、
人が順応している波に彼女だけがその際であっぷあっぷしている横歩きのカニみたいな状態だった。


彼女の心身はストを起こして数ヶ月登校するのをやめた。
時々クラスメイトや担任教師が様子を見に家にやってきた。
それでもしばらく行かなかった。
そのうち教師は彼女をあきらめた。


教師も面倒くさい生徒に留年されても困ると思ったのか、
なんだかよく分からないまま彼女は卒業できることになった。
高校を卒業することほど嬉しいことはなかった。
いつも死ぬほど嫌だった場所にもう行かなくてもいいのだ。
それまで卒業式で一度も涙を見せたことのなかった彼女だったが、
高校の卒業式ばかりは嬉し涙がでるところだったという。

以来彼女は一度も高校の門をくぐっていない。
当時の友人たちやもちろん教師にも一度も会っていない。
卒業アルバムすらどこかへ行ってしまった。


そんなわけでレミオロメンの3月9日は彼女にはあまり響いてこない3月9日なのである。
寂しいやつだと思われても、彼女はそれで良いようだ。



3月9日

-彼女の話

執筆者:

関連記事

彼女と酒

彼女と酒

彼女は酒が好きだ。 飲み会は嫌いだが、ひとりで飲むのはとても好きだ。 昔は平日も仕事の後の楽しみに発泡酒を1本飲んでいたが、 知り合いにノンアルコールをすすめられて以来、平日はALL FREEで事足り …

彼女に触れるもの

彼女に触れるもの

彼女はピッタリ肌にはりつくような服は嫌いだ。 窮屈で身に着けたがらない。 ダボっとしたのやふわふわした服をよく来ている。 ワンピースは好きだ。 もちろんチクチクする化学繊維のニットやマフラーなんかもよ …

noimage

暖房便座と彼女の熱量

彼女はフローリングの床の上に文字通り転がっていた。 「真冬の立体駐車場のコンクリートの上に転がっているみたいだ」と呟いた。 「今日はすごく寒いね」 真夏ほどではないにしても外気温はまだ30度近くある。 …

noimage

彼女と誰か

彼女は唐突に気づいてぎょっとした。 ちょっと待て。 だれかいる。 一体自分は誰なのか、どれが自分なのか、という問いに彼女ははからずもがんじがらめになっている。 ただ、少なくともその”自分”たちをある程 …

空腹の彼女

空腹の彼女

彼女の体は燃費が悪い。 普段から少ししか食べない。 その分しか胃のキャパがないのか、食べるとすぐにお腹がいっぱいになってしまう。 もしくは食べた、という事実で満腹になったような気になって食事は終わる。 …

PREV
腱鞘炎
NEXT
3月10日
優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

棚

2018/08/29

記事内の彼女の絵や写真。
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ