彼女の話

3月9日

投稿日:

今日は3月9日だ。
3月9日と言えばレミオロメンだ。
最近では卒業ソングの定番らしい。


彼女は卒業式に特になんの思い入れも思い出もないが、
高校の卒業式だけは死ぬほどうれしかったのを覚えている。
10代で一番うれしかったことは何かと訊かれたら高校卒業だと言うかもしれない。
高校が大嫌いだった。


高校で彼女は一度挫折しかけている。
休みを与えられないほどの学習時間と模試と教師の「叱咤激励」は
彼女にとって毎日台風が来ているようだった。
彼女は今も嫌なことは決してしない。
良かれ悪かれ逃げてでもしないのだ。
それが許されなかったのがこの高校時代だった。

教わっているものが一体何の役に立つのか全く分からなかった。
意味がないとしか思えなかった。
国語や英語は内容によってはまだ楽しめたが、
それがすべて試験のためかと思うと途端に色褪せた。

一体自分はここで毎日毎日何をやっているのだろうと苦しかった。
周りができていることが自分にはできなかった。
それは成績がどうとかいうことより、
人が順応している波に彼女だけがその際であっぷあっぷしている横歩きのカニみたいな状態だった。


彼女の心身はストを起こして数ヶ月登校するのをやめた。
時々クラスメイトや担任教師が様子を見に家にやってきた。
それでもしばらく行かなかった。
そのうち教師は彼女をあきらめた。


教師も面倒くさい生徒に留年されても困ると思ったのか、
なんだかよく分からないまま彼女は卒業できることになった。
高校を卒業することほど嬉しいことはなかった。
いつも死ぬほど嫌だった場所にもう行かなくてもいいのだ。
それまで卒業式で一度も涙を見せたことのなかった彼女だったが、
高校の卒業式ばかりは嬉し涙がでるところだったという。

以来彼女は一度も高校の門をくぐっていない。
当時の友人たちやもちろん教師にも一度も会っていない。
卒業アルバムすらどこかへ行ってしまった。


そんなわけでレミオロメンの3月9日は彼女にはあまり響いてこない3月9日なのである。
寂しいやつだと思われても、彼女はそれで良いようだ。



3月9日

-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

彼女と鉛筆

彼女は鉛筆がめちゃくちゃ好きだ。 それから鉛筆をカッターで削るのが更に好きだ。 彼女は鉛筆のあの柔らかさが好きだ。 いわゆるシャーペンは紙を傷つけながらかいている感があるのだという。 かいたあとに紙を …

noimage

彼女のじんましん2

その後も彼女は突拍子もない痒みと肌のツッパリと腫れに襲われた。 時には顔だけでなく、首や鎖骨辺りまで赤くなることがあった。 ほとんどは夜だったが、出勤まえに起こるとすごく焦った。 彼女はキノコが大好き …

noimage

海底の木箱

彼女の海底には木箱が沈んでいる。 木箱は古い鉄の錠がついていて、鎖が巻かれている。 これは彼女が以前に医者に言われて沈めたものだ。 木箱の様子はときどき変わる。 太陽の光が差し込んでゆらゆらと明るく見 …

今ここ

今ここ

彼女が引越しをした。 久しぶりに行ってみたら人がいない物件にかけられる例の水道局の袋がドアノブにひっかかっていた。 水滴に目とか鼻とか乗っけてある、よくあるあのイラストがゆらゆら風に揺さぶられていた。 …

noimage

彼女の頭の中のいちばん外側

彼女はいつも自分は結局一体なんなのだろう、と考える。 自分の行動を振り返る。 その時にそれは一般的な行動であったのか、 それとも自分の本来の性格によるものだったのか、 そして、それとも自分のその気質の …

PREV
腱鞘炎
NEXT
3月10日
秋晴れ

2018/11/24

秋晴れ

優しい時間

2018/10/19

優しい時間

noimage

2018/09/18

アンビバレンス3

記事内の彼女の絵や写真。
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ