彼女の話

3月11日-ある春の日

投稿日:

彼女はしみだすのを眺めているのが好きである。
紅茶や緑茶の葉っぱや、フレーバーティのパックから
無色透明のばっとした熱さの水の中に
無秩序に延々としみだす色素を見ているのが好きなのである。
それは、それらの色素がついにカップを支配するまでみることができる。

見ていて美しいのは紅茶の茶葉だが、
長く楽しめるのは麦茶のパックである。
彼女は温かい麦茶が好きで、寒い時期でもよく煮出す。
耐熱の細長い容器にお湯を満タンにし、そうっと麦茶パックを水面に置く。
茶葉が水分を吸い込む為に少し時間を置くと、
何かの記憶を思い出したかのようにある瞬間つーーーと細く長い息を吐き始める。
自ら吸い込んだ熱湯の重さでぐんぐん沈んでいくパック。
その速さに比例して容器の中の気配は濃くなっていく。

彼女はずっとその茶色い道すじを見ている。
下に下に下に、やわらかい濃淡を生み出しながらフワフワと拡がっていく。
視界が穏やかに茶色く変色していく。
向こう側が少しずつ見えなくなっていく。


どのくらいの時間が経っただろうか
いつの間にかどこまで麦茶が広がりどこまでが容器で
色素が闇に染まったのか闇が道を取り込んだのか
それでも彼女はその前でその中で今も見つめている。






-彼女の話

執筆者:

関連記事

noimage

・線アフォーダンス

腱鞘炎が未だ治まらず点をあまり打たなくなった彼女は以前より線を多く引くようになった。 線を描いているときの彼女はすごく伸び伸びしているように見える。 なんというかもう少し大きなスケッチブックに描いたら …

noimage

トリガー

”やりたいことがない”という人は意外なほどたくさんいる。 彼女は知っている。 昔は自分もそうだった。 「本当はアレもコレもやりたい。でも現実的ではない。だからできない」 結果”できることがない”と”し …

noimage

彼女はまた少し小さくなった

彼女はあまり大きくない。 考えることを止めることができないので、そのために四六時中神経をすり減らし、 結果食べても食べてもほとんど太ることができない。   最近彼女はまた少し痩せた。 手首を …

知ること

知ること

彼女はいつも何かを考えている。 「考える」とは一見思慮深く大切なことのように思えるがなにごともやりすぎはよくない。 彼女は考えることを止めることができない。 ひとは脳で「考える」。 「考える」と感情が …

なんという赤!

なんという赤!

無理して笑ってるでしょ 男は目の前にいたのだが、彼女は こいつ後ろから私を見ている、と悟った。 私のななめ後ろにいて、仮面と顔の境目にできた影を見てる、と思った。 はっと気づいた時、男はさらに畳みかけ …

記事内の彼女の絵や写真。
2019年12月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへにほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へにほんブログ村 美術ブログへ